年間約60kgプロテインを消費する僕がオススメする国産チョコ味のプロテイン3選〜初級者編〜

みなさんこんにちは。

僕の周りでコロナ自粛を機に自宅での筋トレを始めた方が結構います。

そんな人たちによく聞かれるのが

「プロテイン買おうと思うんだけど何買ったらいいの?」っという質問です。

なので今回は普段からプロテインにお世話になっている僕が、

これからプロテイン摂取を始める人たちへプロテインの選び方、

オススメするプロテインをご紹介します!

目次
1,何を基準に選べばいいか
2

もっとみる
スキありがとうございます!
1

続けることができない人が陥るパターンから脱却する3つの方法!

パーソナルトレーナーの田口 真幸です。
noteをご覧いただきありがとうございます。

続けることって難しいですよね…。
途中でやめることばかりを繰り返すと、
続けられる人が別次元の人間に見えたり、
それに比べて、自分はダメだと自己否定が強くなってしまいますよね。

『継続は力なり』こんな言葉があるように、
続ける力は自信に繋がる大きな力があるんだな。

こう思えるようになったのは、
自分自身が続

もっとみる
ありがとうございます!
9

柔軟性と可動性て一緒❓

違います❗️

柔軟性と可動性はごちゃ混ぜになりがちで、一般的には可動性より柔軟体操など柔軟性の方が耳にすると思います。

何が違うのか、言葉の定義から簡単に説明しますと

可動性は関節が可動する範囲

柔軟性は筋肉が伸張する範囲 と考えてください

可動性

 関節可動域の範囲を自らの力で動かせる範囲、コントロールする能力

 自分で動かすことができる範囲

柔軟性

 筋、軟部組織などが伸びる

もっとみる
やったー ありがとうございます
4

第24回 「それはマッサージのおかげです」

今回は「マッサージ」についてお話ししたいと思います。

●マッサージとは

法律上の正式名称は「あん摩マツサージ指圧師
(一般的な読み名は『マッサージ師』)」である。
「あん摩マッサージ指圧師名簿」とは厚生労働省に備えられている国家資格者名簿で、医師でいうところの「医籍」に相当する(第3条の2)。
現在はその登録事務を財団法人東洋療法研修試験財団が行っている。
業としての内容はあん摩、マッサージ、

もっとみる

トレーナーインタビュー第一弾

記念すべき1回目は現在フリーAT(アスレティックトレーナー)として活躍されている安澤佳樹(あんざわよしき)さんです!

経歴

安澤佳樹(あんざわよしき)

帝京大学→ Arkansas State University(アーカンソー州立大学)→順天堂大学医学部附属順天堂医院

所有資格:AT、健康運動実践士、JATI-ATI、日本コアコンディショニング協会アドバンストレーナー、LSFA-CPR

もっとみる

アスレティックトレーナーの仕事の価値【お金も払っていないのにアスレティックトレーナーに仕事を頼むな!!】

みなさん自粛開けいかがお過ごしでしょうか?

日本ではアスレティックトレーナーの仕事はいまだに理解されておらず、

それゆえお金が発生する場面でもボランティア感覚で物事を頼まれたり、

激安で仕事を頼まれたりすることが多いです。

そこで今回はそんなアスレティックトレーナーの仕事で勘違いされていることについてかいてこうと思います。

目次
1,我々は"プログラム作成で"飯を食っている"
2,技術的

もっとみる
スキありがとうございます!
5

なぜアスレティックトレーナーから鍼灸の道へ?

この記事を拝見してくださっている皆さまはじめまして。
私は現在アスレティックトレーナーとして、大学のトレーニングセンターや中学校の先生として日々活動しています。
その中で2020年4月から鍼灸の専門学校へ進学し、AT兼鍼灸学生として活動しています。
小西 創大(コニシ ソウダイ)と申します。
このような記事を書いて投稿していくというのは初めての経験ですが、自分が学んだ事をアウトプットしたり、物事の

もっとみる

あなたの目的はなに?

おはようございます!

本日は、物事をするときに自分がそのことに対して「どんな理由を持っているのか」が行動していくのに大事だということを、昨日改めて学びましたのでお話していきたいと思います。

昨日大先輩のズームを使ったオンラインセミナーに参加し、「挑戦する若者」のために何が必要なのか、何を見据えて挑戦していくのかが重要なのかについて教えていただきました。

特にその中でやることに対して明確な理由

もっとみる
読んでいただきありがとうございます☺️
6

ACL損傷を減らすためのメソッド

多くのスポーツでACL(前十字靭帯)損傷が起きている現実があります。
特に女子スポーツの競技によっては男子選手の約5〜7倍も発生率が上がると言われており、アメリカでは年間10万件以上もACL損傷が発生しているとの報告もあります。

最近では、多くのACL損傷を予防するプログラムが研究されてきました。
ただ、研究にも限界があり、まだまだ確立されていないことが多くあります。

この記事は普段、常勤のト

もっとみる
ありがとうございます!フォローもよろしくお願いします!
10

スポーツファーマシスト認定者推移(2020.4 時点)

アンチ・ドーピング活動を推進していくうえで、スポーツファーマシストが担う役割にはとても大きなものがあります。もちろん全員が重要であることは言うまでもないのですが。

概要については下記リンクより。
認定にあたっては、約1年をかけた受講などを経ることになります。

2009年より1月より始まった認定制度ですが、2020年4月時点で10,000名を超えました。

厚生労働省の概況によると、2018年時

もっとみる
励みになります!
5