プロテインの素朴な疑問???

今回はプロテインの疑問についてお話しします!

・身体に悪いの?
・年代によってプロテインの必要量が変わるの?
・毎日飲むべき?

この3点についてお話しします!

【身体に悪いの?】

もしかしたら薬のようなイメージをもたれるかもしれません

僕自身も昔プロテインは

「ムキムキの人しか飲んではいけない」

「トレーニングしている人じゃないと飲んではいけない」

と思っていました

ですがプロテ

もっとみる
フォローありがとうございます!遠慮なくコメントしてください!

本当は痩せない? 有酸素運動

どーも!

BーSTプロトレーナーズの白石です!

皆さんは普段どんな運動をしているでしょうか?

ジムに行って筋トレ?

筋肉の公園でウォーキング?

色んな方がいると思いますが、その中でも

「有酸素運動」

をしている方は結構多いのではないのでしょうか?

ウォーキングやジョギング、バイクやスタジオレッスンなども有酸素運動に含まれますが、
果たして有酸素運動は本当に痩せるのでしょうか?

もっとみる
スキありがとうございます!!

反射について

アスリートが運動指導者として活躍する為に必要な学びを提供するメディアです。

専門書や論文に触れる前段階のレベルの情報を提供し始めて、いつの間にか1か月が経過していました。

いつもご覧頂きありがとうございます。

これからも、難しくマニアックになりすぎないように記事を更新して参りますので、よろしくお願い致します。

さて、今回の記事では「反射」ということについて簡単に解説していきます。

是非ご

もっとみる
お役に立ちましたでしょうか?

パーソナルトレーナー資格の最高峰NSCAに1ヶ月で合格する方法

#NSCA #パーソナルトレーナー #パーソナルトレーニング

実はパーソナルトレーナーになるのに必要なマストな資格はない。国家資格はない。しかし、ある程度の知識があるかどうかを見極める資格がある。それがこのNSCAーCPTという資格だ。この資格はアメリカ発のパーソナルトレーナー資格でグローバルな資格だ。全世界で最も権威があり、最も認知されてる資格と言っても良い。この資格があれば世界中でパーソナル

もっとみる

ビタミンA不足が胃がんを招く⁉

おはようございます!

パーソナルトレーナー
治療家
栄養アドバイザー

藤岡 直也です。

現代は、大腸ガンも増えていますが以前から多かったのが「胃がん」です。

疫学的に塩分を多く摂る人に多く、緑黄色野菜やみそ汁、牛乳などを多く摂る人に少ないと言われてきました。

日本人に多いことから民族に共通の遺伝的な原因があるともいわれています。

しかし、栄養学から別の原因も出てきています。

「ビタミ

もっとみる
スキ^_^ありがとうございます😊
3

【ビタミン】脂質、炭水化物の代謝のサポート役\\パントテン酸//

今日は天気が良く気持ち良い1日でした☀︎
午前中は公園でトレーニングしてきました^ ^

自粛も緩やかになって人が多くなってきたように感じます。
夏まで残り1ヶ月半切りましたね!
カラダ作り頑張っていきましょう*\(^o^)/* 

今日は、ビタミンB5(パントテン酸)について✍️

1.どんな栄養素?
2.食品
3.働き

1.どんな栄養素?

\\コエンザイムA(Co A)の構成成分になる

もっとみる
今日もhappy╰(*´︶`*)╯♡ありがとうございます♡
4

恐怖の向こう側で

fear you don't face becomes your own limitation. 立ち向かおうとしない恐怖はいずれ自分のリミットになってしまう。

ならば、人生、毎日、少しでもいいから怖い事と立ち向かうと、自然に勇気が心と体の中に入ってくれる気がします。

あなたは、どんな恐怖と立ち向かってますか?

we suffer often in imagination than the

もっとみる

実は太らない! 炭水化物

どーも!BーSTパーソナルトレーナーの白石です!

今回は炭水化物についてお話しようと思います!

炭水化物と聞くと

「太るから避けてる」

「聞いたでけで太りそう」

そんなイメージをお持ちの方もお多いかと思います。

しかし断言します。

炭水化物は太りません!

メディアやネットの情報にまどわされてはいけません!笑

ということで今回は

「炭水化物とはなんなのか?」

「なぜ炭水化物は太

もっとみる
スキありがとうございます!!
10

ベンチプレスの重量を伸ばす方法

みなさん大胸筋のトレーニングはどのようなメニューで行っていますか?

多くの方はベンチプレスを取り入れていると思います。

トレーナーとして現場で指導しているクライアント様にも、ベンチプレスを100㎏挙げたい!、ベンチプレスのMAX重量を伸ばしたい!などの要望をいただくことも多いです。

今回はベンチプレスを強くするためにはというテーマで書いていきたいと思います。

筋肥大効率で考えるベンチプレス

もっとみる

資格勉強 復習 (65~75)

65.体力測定の順番:Tテスト→40ヤードスプリント→カールアップ(局所筋持久力)

66.脊椎後湾症:シーテッドロウで脊柱起立筋を鍛える

67.デプスジャンプの接地:中足骨(母指球)

68.最大酸素摂取量32.3:持久力の強化が必要

69.コンパウンドセット(同じ筋肉を連続して異なる種目で鍛える)

:ex.フロントランジとレッグプレス

70.レッグプレスで息を吐く局面:スティッキングポ

もっとみる