Mura

某大学院博士過程在籍中。筋電図や色々な機器を使って運動器研究をしてます。 ◎twitter➡️https://twitter.com/MuraokaHideaki
    • アナトミーカレッジ

      「解剖学・運動学・機能解剖学を筋トレへ活かす方法」を学べるマガジン(トレーニー向け)。詳しくはこちらにまとめてあります➔https://bit.ly/2VmpQoh ※購読開始する前に必ず読んでください。

Knee in への対応方法を考える

knee inとは knee inとは現象であり、どのような関節運動によって構成されているかを明らかにすることが必要です。

350
6日前

足関節背屈制限に関する考え方–基礎–

いつもご愛読頂きありがとうございます。 本日は、何かと問題になりやすい足関節背屈制限に対する私の考え方を整理したいと思います。 足関節の運動学(ここは飛ばしても…

350
1か月前

目的とする筋に収縮が入らない場合の工夫 (肩・考え方編)

皆様、いつもご愛読頂きありがとうございます。 今までの記事では先行研究から考える内容が多いですが、本日は私の主観を多く含む内容となっています。昨年12月のアナトミ…

350
2か月前

トレーニングの工夫with筋の収縮感-大殿筋とハムストリングス-

前回の記事を書いてから1ヶ月が経ったんですね、早いものです。 本日は大殿筋とハムストリングスの筋トレについて、 「どこを鍛えているのかわかりにくい」 といった悩み…

350
3か月前

肩に関する基本評価の一部を整理してみた件

皆様、いつもご愛読いただきありがとうございます。本日は肩の検査方法を整理した後、トレーナー向けに私個人がトレーニングを行う際に気をつけている点について簡単に触れ…

350
3か月前

股関節屈曲制限について考えてみた件

本日はなにかと問題になる股関節屈曲制限について触れさせて頂こうと思います。 はじめにまず、股関節屈曲制限があるということは ”股関節伸展作用を持つ何らかの組織の…

350
4か月前