株式会社日本ベネックス

創業1957年。精密板金加工のメーカーであり、環境エネルギー事業を展開している日本ベネックスです。ものづくりと新しい発想で、付加価値をつくる”挑戦”をお届けします。note編集部のモットーは「おもしろくて、ためになる」です。

株式会社日本ベネックス

創業1957年。精密板金加工のメーカーであり、環境エネルギー事業を展開している日本ベネックスです。ものづくりと新しい発想で、付加価値をつくる”挑戦”をお届けします。note編集部のモットーは「おもしろくて、ためになる」です。

    マガジン

    • 特集記事

      「おもしろくて、ためになる」特集記事を掲載しています。

    • EETALプロジェクト

      創業1957年の精密板金加工メーカー発、板金の可能性を 追求するプロジェクト『EETAL』。 EETALから生み出される製品の、制作秘話マガジンです。

    • 採用記事

      日本ベネックスの採用に関する記事を掲載しています。

    ストア

    • 商品の画像

      SUITE TABLE(スイートテーブル)

      くつろぎのひと時を楽しむサイドテーブル かわいらしさとクールさを合わせ持った、新感覚の造形。SUITE TABLEは、薄いスチールの天板と土台に、穏やかな楕円の支柱で構成された、独自フォルムのサイドテーブルです。 PC作業やドリンクスタンド、ディスプレースタンドなど様々なシーンでお使いいただけます。 より詳しい商品情報はこちら https://www.eetal.com/side-table/ サイズ: W370×D438×H600 / 重量: 10.5kg / 材質: スチール / 耐荷重: 5kg Product design: Hisakazu Shimizu (S&O DESIGN) Photograph: Michinori Aoki (LIGHT) Art Direction: Koichi Inoue (ORYEL)
      49,800円
      EETAL The Shop
    • 商品の画像

      SUITE STOOL(スイートスツール)

      いつもの空間に彩りを与えてくれるスツール まるで動物のような、愛おしい佇まい。SUITE STOOL は、いつもそばに置いておきたくなる美しいデザインのスツールです。厚みわずか2mmのスチール板2枚のみで構成されていますカラーバリエーションも豊富で、何気ない日常の空間に、特別な彩りを与えてくれます。 より詳しい商品情報はこちら https://www.eetal.com/stool/ サイズ: W375×D310×H360 / 重量: 3.6 kg / 材質: スチール / 耐荷重: 100kg Product design: Hisakazu Shimizu (S&O DESIGN) Photograph: Michinori Aoki (LIGHT) Art Direction: Koichi Inoue (ORYEL)
      29,800円
      EETAL The Shop
    • 商品の画像

      SUITE TABLE(スイートテーブル)

      くつろぎのひと時を楽しむサイドテーブル かわいらしさとクールさを合わせ持った、新感覚の造形。SUITE TABLEは、薄いスチールの天板と土台に、穏やかな楕円の支柱で構成された、独自フォルムのサイドテーブルです。 PC作業やドリンクスタンド、ディスプレースタンドなど様々なシーンでお使いいただけます。 より詳しい商品情報はこちら https://www.eetal.com/side-table/ サイズ: W370×D438×H600 / 重量: 10.5kg / 材質: スチール / 耐荷重: 5kg Product design: Hisakazu Shimizu (S&O DESIGN) Photograph: Michinori Aoki (LIGHT) Art Direction: Koichi Inoue (ORYEL)
      49,800円
      EETAL The Shop
    • 商品の画像

      SUITE STOOL(スイートスツール)

      いつもの空間に彩りを与えてくれるスツール まるで動物のような、愛おしい佇まい。SUITE STOOL は、いつもそばに置いておきたくなる美しいデザインのスツールです。厚みわずか2mmのスチール板2枚のみで構成されていますカラーバリエーションも豊富で、何気ない日常の空間に、特別な彩りを与えてくれます。 より詳しい商品情報はこちら https://www.eetal.com/stool/ サイズ: W375×D310×H360 / 重量: 3.6 kg / 材質: スチール / 耐荷重: 100kg Product design: Hisakazu Shimizu (S&O DESIGN) Photograph: Michinori Aoki (LIGHT) Art Direction: Koichi Inoue (ORYEL)
      29,800円
      EETAL The Shop

    最近の記事

    台湾人社員が社長に聞く!「日本のビジネスマナー、これって正しい?」

    会議の席順、名刺交換の仕方、メールの文章…。社会人として、自分のビジネスマナーは正しいかなと迷うことはありませんか? 海外出身の方にとっては、「日本のビジネスマナー」は文化の一環として理解しておくことが必要だと考えられます。 日本のビジネスマナーは複雑で、入社半年・台湾出身の李 (環境エネルギー事業部) は今でもよく戸惑ってしまいます。 今回は、一般的な日本のビジネスマナーを教えてもらうとともに、小林社長がそれについてどのように考えているか、お話を聞きました! (聞き

    スキ
    2
      • 「20代のうちにやるべきことは?」アラサー社員が聞いてみた

        「年齢はただの数字にすぎない」 そうは言いつつも、やはり節目となる数字は気になってしまうのではないでしょうか。社会人として生きていく中で、一つの節目となりえる「30歳」。 決してもうピカピカの若手とは言えず、かといって一人前というにはちょっと物足りない、そんな時期を30歳前後で迎える人も多いかと思います。 そこで、遂に”アラサー”デビューを迎えた手島(社長室)が、30代・40代・70代の人生の先輩社員に、残り少ない20代という時間をどう過ごすべきか指南を仰いでみました

        スキ
        51
        • 電気をつくる・売るだけじゃない!?日本ベネックスの「みらいの工場」

          「事業活動で消費するエネルギーを、100%再生可能エネルギーで調達する」 世界的に影響力のある多くの企業では今、この目標が重要な目標とされ、達成に向けた様々な取り組みを行っています。(RE100) 日本ベネックスでは、長崎本社工場の屋上スペースを活用して太陽光発電所を設置し、2013年より再生可能エネルギー(電気)を創出しています! 本社屋上でつくられた電気には、売電用(売る)と自家消費用(つかう)の2種類があります。 売電用は発電した電気を電力系統へ流し、決められた

          スキ
          5
          • 多数の太陽光発電所を開発する入社3年目の社員に迫る

            世界中で「脱炭素」が目標となり、再生可能エネルギーの重要性が高まる中、当社では2012年から現在まで、82件(約46.5MW)の太陽光発電所を稼働させてきました。 脱炭素社会の実現に貢献するべく、様々な取り組みを行う日本ベネックスの環境エネルギー事業部。そこで活躍する入社3年目の横山さんに入社の経緯から、働き方、今後の目標についてインタビューしました。まずはこんなお話から。 【聞き手:社長室 木下】 1.自分が成長できる環境 ーー: 簡単に仕事の内容を教えてください。

            スキ
            4

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る

          記事

          記事をすべて見る すべて見る
            • 社長が語る「中小企業流、新規事業のつくり方」

              「会社の状況を見ると、何か新しいことをやらなきゃいけない」 そう話すのは、2012年に環境エネルギー事業を立ち上げた小林社長。 2020年には国内最大級の屋根借りメガソーラーを稼働させるなど、太陽光発電所の開発・運営を中心に事業を拡大してきました。 https://www.japan-benex.co.jp/information/30mwmega-solarkaihatsu/ 製造事業一本でやってきた日本ベネックスで、新規事業を立ち上げた理由とその裏側について小林社

              スキ
              8
              • 潜入!本社工場 ~社会を支えるものづくりの現場~

                1957年の創業以来、長崎の地で製造業を営んできた日本ベネックス。 工場では、社会のインフラを支える数多くの産業用製品を作っています。 今回はそんな長崎本社工場に、ふだん東京事業所で仕事をしている庄司(環境エネルギー事業部)が初潜入して参りました! 案内をしてくださるのは、品質保証部の中村さん。 まずは日本ベネックスの製造事業について、お話を伺います。 日本ベネックスのものづくり 中村: 主に産業用製品関連の“受託製造”をしています。つまり、お客さん(企業)の依頼を受

                スキ
                10
                • にわかファンでも大丈夫。気軽に千葉ロッテを観に行こう。

                  4月12日。長崎県営野球場(ビッグNスタジアム)にて、なんと!日本ベネックスがスポンサーを務める千葉ロッテマリーンズと福岡ソフトバンクホークスとの試合が開催されました! そこで「野球をよく知らなくても楽しむには?」をテーマに、ロッテファンの卵である庄司が野球大好き社員・手島さんにお話を伺い、現地に応援しに行ってみました。 1.観戦前はグッズとグルメを見るべし 庄司: 観戦する際、いつも事前に準備していること、持って行くもの、ルーティン的なことってありますか? 手島:

                  スキ
                  98
                  • 社長室にきてほしい人ってどんな人?

                    広報、人事、新規事業、財務‥‥? 会社のあらゆることをこなす組織、社長室。 今回、社長室で新たに人を募集します。(2022年4月8日現在) そこで小林社長と社長室のメンバーに、「どんな人にきてほしいか」をストレートに聞いてみました。まずはこんなお話しから。 1.「社長室」設立の背景 ーー: まず、社長室設立の背景を教えてください。 小林: 前回のエントリーでも話したけど、一般的に中小企業は単一セグメントで事業を行っているから、それに特化している組織になっているケース

                    スキ
                    17
                    • 製造業で働くオトナ女子たちの実態!

                      日本ベネックスは2021年12月末に、地域の情報誌「ながさきプレス」にて、『女性活躍応援企業』として紹介されました。 「女性活躍推進法」に則り、新規採用における女性の割合を40%に増やすという目標に向けて、女性だけでなく誰もが働きやすい会社づくりを目指しています。 そこで今回は、「製造業で働くオトナ女子の実態」と題して、ママ社員である設計技術グループ 竹本さん、営業部 山口さんの2名に、環境エネルギー事業部 李さんと社長室 手島がお話を伺いました。 1. 「製造業」で働

                      スキ
                      11
                      • 板金鉄道はこうして生まれた

                        ペーパークラフトのように手軽に組み立てられ、プラモデルのように精密な、電車のメタルクラフトモデル『板金鉄道』。 ”つくるをたのしむ”をコンセプトに、社内発のプロジェクトから生まれた製品です。 この製品はいかにして生まれたのか、そして今後の展望を、プロジェクトメンバーに聞いてみました。 1.商品化のアイディアは、ペーパークラフト ——: 今日は、いろいろとお話しを聞かせてください。 一同: はい、よろしくお願いします。 ――: まず、板金鉄道が開発されたきっかけは?

                        スキ
                        13
                        • 中小企業じゃダメですか?

                          「大企業か?ベンチャー企業か?」 新卒学生の就活や、転職において、何かと語られがちな二項対立。 大企業でもなく、ベンチャー企業でもない、中小企業で働くおもしろさとは‥‥? 今回、「中小企業で働くおもしろさ」をテーマに、小林社長に話しを聞いてみました。まずはこんなお話しから。 1.5年先が見えない環境に行きたかった ――: noteの企画会議をしているときに、以前小林さんが東京大学で、学生向けに行った講義が、面白かったという話しを聞きつけまして。 小林: へぇ。 ―

                          スキ
                          32
                          • 「日本人はムズカシイ」~台湾人社員から見た日本~

                            日本ベネックス東京事業所で働く台湾人の社員、藍(らん)さんと、李(り)さん。 「日本人はムズカシイ」をテーマに、台湾人から見た日本について、お話しを伺いました。まずはこんなお話しから。 1.日本にきた理由 ーー: 年末の忘年会でお二人が、「日本人はわからない!」と話していたのが面白くて、詳しく聞きいてみたいなと思い、この企画が生まれました(笑)。今日はよろしくお願いします。 藍: しょうもない話しばかりかもしれないです(笑)。 ーー: まず、日本に来たきっかけは?

                            スキ
                            15
                            • デザインと、移住と。

                              長崎県雲仙市にある小さな温泉町、小浜町(おばまちょう)。 この小さな町には、デザイナーや新しいことにチャレンジをする、クリエイティブな人たちが徐々に集まり、町全体が活気づいています。 地域・人々の生活をつなぐデザインで、この町を輝かせている立役者、 デザイナーの古庄悠泰さん(景色デザイン室)。 今回は福岡県からIターン移住してきた古庄さんに、「移住とデザイン」というテーマで、東京からUターンしてきた社長室・木下が話しを伺いました。 1.師匠との出会い 古庄: エアコ

                              スキ
                              27
                              • SUITE FURNITUREはこうして生まれた。~ものが生まれる瞬間~

                                SUITE FURNITUREシリーズの誕生が、12月6日に発表されました。 このシリーズは社内発のプロジェクト『EETAL』から生まれた製品です。 スイートファニチャーはいかにして生まれたのか、今回プロジェクトメンバーに、“ものが生まれる瞬間”について、話しを聞きました。 開発秘話「それぞれの苦労編」はこちら↓↓ 「清水久和さん(S&O DESIGN)との出会い編」はこちら↓↓ 話しを伺ったのは、以下のプロジェクトメンバー 左から設計技術の平高さん、溶接の藤沢さん

                                スキ
                                29
                                • 吸い寄せられるように人が集まる、この展示会!

                                  POP-UP SHOP REMOTE WORKS @ 21_21 01: 清水久和 (S&O DESIGN)  に行ってきました! 東京ミッドタウン内の 21_21 DESIGN SIGHT(ギャラリー3)という、歩道からよく見える会場で、12月5日より開催されています。 プロダクトデザイナー清水久和さん(S&O DESIGN)の代表作や人気コレクションの新作、そして初めての地元企業とのコラボ作品などが、勢ぞろい! チョコレートショップの入り口のよう。チョコが並んだポッ

                                  スキ
                                  9
                                  • SUITE FURNITUREはこうして生まれた。~それぞれの苦悩~

                                    Photo / Michinori Aoki (Light) 12/5より販売が開始された『SUITE FURNITURE』。 このシリーズは社内発のプロジェクト『EETAL』から生まれた製品です。 この製品はいかにして生まれたのか、開発背景をプロジェクトメンバーに聞いてみました。 左から機械加工の山田さん、溶接の増冨さん、塗装の松本さん、聞き手の木下です。 1.楽しみよりも不安が大きかった 増冨: なんか緊張するな…。 木下: 緊張しないでください(笑)。

                                    スキ
                                    17