れもんらいふ

れ塾の最終日

第5期のれもんらいふデザイン塾が今日、終わった。

毎回、業界の第一線で活躍するクリエイターをゲスト講師に迎え、講義を開く。ぼくはお仕事として第4期から講義レポートを書かせていただいている。

才能の塊みたいな人が目の前で話した言葉を文字にしていくことは、ぼくにとってかけがえのない体験だ。「言葉」は人をつくる。ここで過ごした時間、そして、講師たちの言葉と向き合った時間が今のぼくをつくっている。仕事

もっとみる
ありがとうございます\(^o^)/
47

日向坂46とれもんらいふ

9年前、
れもんらいふを立ち上げ、まだ世間どころかデザイン業界においても、千原徹也というアートディレクターの存在を誰も知らない頃、履歴書が届く。
永瀬由衣、女子美に通う19歳のデザイナー志望。
https://lemonlife.jp/member/↑この人

当時のれもんらいふは人を雇う余裕もなければ、指導するノウハウもなく、よく来ましたね😂という感覚でしたが、学生ということもあり、
インター

もっとみる

永井博さんの絵を買った!

僕はアートコレクターではないので、
アートや絵を買うことにピンとこないんです。
ウォーホルの絵より、ベルベットアンダーグラウンドのアナログ盤を飾りたい。
そこに幼少期からのカルチャーたる体験がないと、
何かを買うことができない。
永井博さんの絵を買うということは、
ただアートを買うということではなく
経験してきた音楽カルチャーや、
ロングバケーション、永井博という

もっとみる

今日からやる会議は、理想の会議室

僕が子供の頃は、
今のようにエンタメやメディアが少なく
テレビの中がクリエイティブの全てでした。 #オレたちひょうきん族 や、#夜のヒットスタジオ
を見ながら背伸びして、理解したいと思って見ていました。
時を経て僕はアートディレクターになったけど
今でもテレビは僕の憧れです。

そんな中、ここ数ヶ月、
テレビ東京の深夜番組 #今日からやる会議 に呼んでもらっています。

今日からやる会議とは、

もっとみる

キストーキョーに込めた、デザイナーとしての想い

ミルトングレイザーが亡くなった
というニュースが飛び込んできた。
グラフィックデザインの仕事を志す人で
その名を知らない人はいないと思うが、
僕は、ボブディランのポスターが印象的で、
ニューヨーカーのイメージが強く、
ニューヨークマガジンのロゴ、ブルックリンラガーのロゴ、そしてやはりなんと言っても
I♡NYのロゴをデザインした人。
ニューヨークに大きな、デザインとしての財産を残した人だ。

201

もっとみる

教養のエチュードTalk.1〈アートディレクター千原徹也〉

境界線を自由に飛び越える

分断された世界を軽やかに横断し、出会う人たちを巻き込みながらプロジェクトを大きくしていく〝台風の目〟のようのな存在。れもんらいふ代表、千原徹也。彼のすごさは、目の前の人の魅力を引き出すだけではない。「偶然」までもディレクションし、全てを物語にしてしまう。

2021年春公開予定の映画『最終日』。本作で初監督を務めた〝アートディレクター〟の千原徹也へのインタビュー。「AD

もっとみる
ありがとうございます\(^o^)/
78

「何をやってもダメ」から、人生は変われるのか

れもんらいふというデザイン会社をやって9年。
来年、実は10周年をむかえる。
スタートは2人だった。
「会社の登記ってどうやるの?」というレベルで何も知らなかった2011年から、のらりくらりと、
デザインや広告、クリエイティヴのシーンにおいては、れもんらいふを知らない人も少なくなり、様々な広告に携わり、様々なクリエイター、アーティストと関わってきた。
今では大切な、かけがえのないチームだ。

不思

もっとみる

千原徹也さん 公開インタビューに参加して

生き方自体を仕事のスタイルだと感じさせる人は、惹きつける力を持っている

千原さんはきっと、一度出会った人、関わった人とは、仕事の関係だけでなく心の結びつきを生み出す人なのではないか。

応援したい人、応援してくれる人や会社、プロジェクトの強み、良さをどのようにしたら最大限にアピールできるか。人と人、思考と思考をつなげる、結びつける、また新しいアイデアが生まれる、広がりを見せた輪が表現物として最高

もっとみる
あなたのnote読みに行きます
26

読む、れもらんらいふデザイン塾vol.11【テリー伊藤】

価値を与える

───見下すような思考回路は絶対に持たないでください。

マイナスをプラスに変える力は「ものを見る視点」にある。ネガティブなことでも、捉え方によってはポジティブに転化させることができる。演出家、テリー伊藤さんはそのことを教えてくれた。

***

こんにちは、嶋津亮太です。「価値」というのはおもしろい。その時々によって変化する。興味深い点は、新しいもの、あるいは性能が良いものが必ず

もっとみる

読む、れもらんらいふデザイン塾vol.10【舘鼻則孝】

ヒールレスシューズ

©NORITAKA TATEHANA K.K. Courtesy of KOSAKU KANECHIKA

アイデンティティとは、「自分にしかないバックグラウンド」ということ。

「価値観」は経験値の蓄積によって構築される。つまり、今まで自分がどのようなものを見て、聞いて、感じて、体験したかによって「何を、どれくらい大切にするか」は変わってくる。それをていねいに紐解いてい

もっとみる