お店note

消えゆく街の毛糸屋さん

はじめまして。itoshigoto(いとしごと)です。東京在住、都内のIT系企業に勤める会社員ですが、個人事業として毛糸屋をやっています。

出身は宮城県仙台市。大学卒業までを仙台で過ごしました。

そんな地元仙台には、学生だったわたしも行きつけの「木村屋」さんという毛糸屋さんがありました。2018年までは。そう、木村屋さん、なくなっちゃったんですよね。。

元々、都内の手づくり市などに出没して、

もっとみる

noteを活用してユーザー様との交流を深めてみようと思った。

一方的にちょっとだけ知っているdocketstoreの山下さんが出演されることもあってnoteのオンライン講座を見ました。

全般的にとても参考になる要素が多かったのですが、34:40ごろからのオンラインストアとnoteを核とした各SNSの使い分けはとても参考になりました。

私自身もDIALOG NOTEBOOKの中の人として、今勢いのあるnoteのプラットフォームをうまく使って、いままでのtw

もっとみる
スキありがとうございます!
10
私もスキです!
3

【6月15日(月)19時】「お店がnoteを活用するには?」 を開催します。

6月15日のお店noteイベントでは、noteのお店カテゴリ開設を記念して「お店がnoteを活用するには?」をテーマにオンラインイベントを開催致します。

イベント開催背景

noteでは、素敵なものやブランドを集める新カテゴリページ「ショッピング」が6月8日(月)にできました。このページを通して、これからお店クリエイターの支援も強化していく予定です。

そこで今回はローンチを記念して、お店オーナ

もっとみる
いいイベントつくるぞおおお
71

キャンドルで積極的にリラックスする5つの方法

キャンドルで癒されるわ〜とおっしゃる方は多い。
私もそう思う。
けれど、
キャンドルを買ったあと勿体無いからと片付けている方の方が
多いんじゃないでしょうか?

斯く言う私もその一人

でした。

キャンドルを作るようになる前は
いくつもキャビネに仕舞って普段見えないところに置いていました。
たまに取り出して来ないと何をいくつ持っているのか忘れていることも・・・😅

それでは勿体無い ♪───O

もっとみる
楽しい1日を!
15

山西牧場 肉の手引き〜飲める脂を味わう〜

こんにちは。山西牧場の倉持です。

今の時代、ネットで食品を買うことも珍しく無くなってはきましたが
やはり抵抗がある方もいらっしゃるかと思います。
食べてみようかな、と思いながらも。。

・量がわからない
・どう届くかわからない
・どのお肉にしたらいいかわからない
・どう調理したらいいかわからない

など、不安があるんじゃないかなって思います。
そんな方に向けて、この記事を書きました。手引きになれ

もっとみる
肩ロースが、お好きなのではないですか?
22

ブランドを好きになるし、ブランドが伝わってくる【展示会でのPR方法】

元々、前職で広告の会社にいたので、なにかと広告やプロモーションは気になる。商品より先に見てしまうこともある。
よく「AIDMA」や「AISAS」「SIPS」など言われてそれができてたらいい広告だみたいなのあったりするんですが、「めっちゃええやん!」とワクワクさせたり、その広告自体が語り出すような、そんな広告がすきです。

では展示会ってどうなんだろう。今回POPやチラシにも注目してこれはいいなぁと

もっとみる
ありがとうございます!工芸が元気になるよういっぱい発信していきます!
28

熱中は愛ですね#IT人材がものづくりに熱中する理由

1/17に【IT人材がものづくりに熱中する理由】というイベントに参加してきました。

noteのイベント情報で知ったこの会
土屋鞄さんのホームページを大学生の時に見てから素敵だな~と思っていて、社会人になってはじめて貰ったボーナスで
会社用の鞄を買いに新年明けたばかりの寒空の中
何故か自転車で息切れしながら買いに行ったのは、へんてこりんな思い出です。(鞄はいまも絶賛愛用中!)

その土屋鞄さんがn

もっとみる
スキありがとうございます!また書きます!
51

ブランドについて気付いたこと

「IT人材がものづくりに熱中する理由」に行ってきた、レポート。

高額な物を購入するときは店舗でのコミュニケーションが重要という話があった。確かにそう。結婚指輪や住宅をネットで買う人はなかなかいないだろう。私も今使っている財布は、実店舗で購入したし。
しかし、ちょっと前に25,000円くらいの鞄をネットで、しかもスマホで購入したのを思い出した。

iroseというブランドがずっと好きだった。
二十

もっとみる
読んでくれてほんとうにありがとうございます
4

note for shoppingにShopifyが参画。ハンドメイド作家やショップオーナーの活動を応援するECプラットフォームのパートナーが14サービスに拡大!

note for shoppingのパートナーに、Shopifyが加わりました。クリエイターがファンを増やすためにnoteで商品や開発背景を紹介するときに、商品ページの表示をしやすくするための仕組みとして2018年9月にはじまったnote for shopping。ECプラットフォームのパートナーは12社14サービス(EC-CUBE / ebisumart / おちゃのこネット / KATALOK

もっとみる
cakesは、2012年9月11日に生まれました。
30