見出し画像

7/8(月) 「これからのブランドを作るキーワード」を開催します #お店note

今回は、新しいカタチの「カタログ」を目指すKATALOKoooの代表・翠川裕美さんをゲストにお招きし、これからのブランドを作るキーワードについてお話しいただきます。

このイベントは、2019年3月から開始したnote公式マガジン「#お店 記事まとめ」に追加されているnoteの中から記事を厳選し、トークによってより理解を深めるイベントシリーズ「 #お店note 」です。
キーワードは、「信頼」「ショートカット」「全方位」「ありのまま」「共生」(中略)今後はより一層中途半端な存在は消えていく時代。消費者は、本当に賢く、感度が良く、色々わかってきている。求めるものの平均値が、上がってきている。顧客を舐めているところは、本当にやばい。一方で、いいものを作っているだけ、でも淘汰されていくでしょうから、ぼやぼやしていられません。身を引き締めいつも自分に「本質的かどうか」を問うべき時代になるのだと思います。

イベントでは、上記のnoteでご紹介いただいているキーワードや事例を解説していただきながら、今後のブランドづくりの考え方について伺っていきます。

※ ぜひ上記記事を読んだ上でご参加いただくことをおすすめします。

現在ご自身でブランドやお店を運営している方はもちろん、これからブランドを立ち上げたいと考えている方、企業でマーケティングに従事している方などのご参加をお待ちしています。

登壇者プロフィール

■ 翠川 裕美 (みどりかわひろみ) / KATALOKooo 代表
1981年東京生まれ 慶應義塾大学卒業後、株式会社スマイルズに新卒入社。2008年から株式会社イデーにて店長として販売とマネージメントを経験後、宣伝販促室にてブランド全体の販促企画を担当。2012年に販促企画/ブランディングを事業とする株式会社シロアナを立ち上げ独立。多くの作家やブランドとの関わりの中で小売店のディレクションに従事するようになる。2016年、Webの販促に特化した株式会社モンキーブレッドを設立し、ものづくりの作家やブランドが「魅せて、売る」ギャラリー兼ショップのWebサービス「KATALOKooo」をスタート。作家・ブランドとともに社会に向けた新しい価値創造を実践している。

トークテーマ

①「選ばれるブランド」は何が違う?
②SNS時代のブランドの「届け方」とは?
③「作って売る」の流れはこれからどう変わる?

こんなこと聞きます

・ファンが多いブランドに共通することとは?
・伸びるブランド/伸びないブランドの違い
・「商品の良さ」以外の付加価値とは?
・情報が溢れる時代、伝えるべき「ストーリー」とは?
・D2Cブランド全盛時代の卸や小売店の役割とは?
・受注生産やオーダーメイドはこれから増えていく?
・ブランド立ち上げ時に陥りやすい問題とは?
など
※内容は一部変更になる可能性があります

イベント概要

【開催日時】
2019年7月8日(月)19:30〜21:00(開場:19:00)

【会場】
株式会社ピースオブケイク
東京都港区北青山3-1-2 青山セント・シオンビル 4階
(最寄り駅の外苑前駅から徒歩4分)

【参加方法】
下記のGoogleフォームに必要事項をご記入のうえ、お申し込みください。
※本イベントは先着順です。定員に達し次第締め切りとなりますのでお早めにお申し込みください。
https://forms.gle/foXbYLNGdtYPgmTy7 

【定員】
50名

【こんな方におすすめ】
・ブランドを運営している方
・これからブランドを立ち上げようと思っている方
・ECや店舗を運営している方
・企業でマーケティング業務に従事している方

【問い合わせ先】
dir@pieceofcake.co.jp

【運営】
株式会社ピースオブケイク


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

20
ミッションは、「誰もが創作をはじめ、続けられるようにする」こと。noteイベントホールで開催するイベントをお知らせします。 公式からのお知らせ : https://note.com/info || noteにまつわるヒトの紹介 : https://note.com/notemag

この記事が入っているマガジン