JASFACK POPUP STORE in マルイ渋谷

こんにちは
『JASFACK』ってアパレルブランドをやってるオヌキと申します。
今はECサイトのみで運営しているJASFACKがあの『渋谷マルイ(OIOI)』さんにて『期間限定ポップアップストア』をオープンすることになったので、
初投稿をしてみました。

そもそもJASFACKとは...

法政大学在学中の2015年に同じ学科の友達(守屋健悟くん)と始動、
JASFACKの由来は
『JASRAC』

もっとみる

権威を纏う主役と権威を創る黒子 〜ミシュランガイドに学ぶルールメイカーの作法〜

猟銃自殺をしたミシュラン三ツ星のシェフがいます。
フランスで三ツ星レストランを営んでいたベルナール・ロワゾーという人物です。
彼が自殺をしたのは、2003年、星を維持・獲得したシェフがミシュランガイドによって発表される直前のことでした。

ロワゾーは生前、「三つ星を失ったら、私はヴァテルになる」と公言していました。
ヴァテルとは、17世紀の名料理人で、王室に雇われていた料理人です。
ヴァテルはその

もっとみる
ありがとうございます!励みになります!

大きめなピアス👑

monomy.co/items/2438844
大きめなピアス👑
大きめなピアスで個性溢れるピアスをデザインしました🌟人と一緒な感じが嫌だなと思う人はぜひともこのピアスをファッションにとりいれてほしいです😊🤘
商品の詳細、サイズ、着画、お値段、ご購入、上のmonomyのURLからよろしくお願いします💕
#ゴールド #目立つ #ファッション #春 #自分らしさ #個性 #ブランド #オリジ

もっとみる

未完成品をオンライン販売するブランドに至るまで

タグ専門ブランドのTAG BRAND(@tagbrandjp)です。

2019年11月から始まったブランドで、発送しているのは【オリジナルタグとソーイングセット】になります。

このようにソーイングセットには針と糸とタグがセットされており、受け取ったお客様がご自身で縫って完成させるモノになります。

しかしこのタグ専門ブランドを思いついた当初はこのような形ではありませんでした!

そこからどのよ

もっとみる

「シラけさせる」ことのリスク

「シラけ」は自覚できない

人と人のあいだに距離が生まれることがあります。

直接のコミュニケーションが原因である場合もあるし、自然と関係性が薄くなる場合もあります。

これはどちらも自覚できます。「あの発言がよくなかったんだな…」「仕事変わったから仕方ないかな」とか。

でも、知らないうちに距離が生まれてしまうことがあります。これは自覚できないし、反省することもできない。その原因とは「シラける」

もっとみる
めっちゃありがたい!!
22

ロンブー田村淳からセルフブランディングを学ぶ

株式会社ロンドンブーツ代表取締役を務める田村淳さん。チャラチャラした赤い髪の若者は、今ではエンタメからビジネスまで幅広く活躍する社長となった。

田村淳さんは僕が高校生くらいからお笑い界で台頭した。はじめて彼を見たのは「ロンブー荘青春記」か「吉本新喜劇」だったような気がする。

トーク番組やロケでの場を支配する力。そして、何よりも時代を読み解く力。田村淳さんの魅力の魅力を考えてみた時に、ここにたど

もっとみる

https://www.fashionsnap.com/article/2020-01-22/univercutystudent-fashion/
なんだかこーゆー記事を見るとマジか…と思いますが,最近はネガティブ?な投稿ばっかりな気もしてるので黙っておきます…笑
でも若者たちよ(特に男子),みんなもっとボクのnote読んで!と思いますw
いや,読んでもらえるように頑張ります…!

あざす!!!
3

NBAチームMavericksのインスタグラムARフィルター活用事例(AR活用事例|スポーツ業界編)

こんにちは。この記事は、

ブランドと、そのファンやユーザーがコミュニケーションをする
新しいツールとして"AR"を活用する事例

を研究・発信する「ARマーケティングラボ」が作成しています。ARを活用したブランドの取り組み・最先端の事例についてご紹介していきます。

今回は、スポーツ業界でInstagramのAR機能を取り入れている事例をご紹介します。

スポーツ業界のAR導入事例①NBA

もっとみる
ありがとうございます!
12

OK google!?音の力とは?見なくなるかもしれない時代へ備えよ。

サウンドパワー

①この本
【概要】
日常のなにげない音の効果
サウンドアプローチ:音をどう使うか?

関連キーワード:

音楽 音 アレクサ エコー

アマゾンのアレクサ、Google Homeなどの広がりで今後ますます大事になる音の重要性。

人が見なくなる可能性を前提とした時代の音の可能性の探究

サウンドメモリー:蓄積された音に関する記憶
◉音と声の科学
◉音と声と音楽の可能性

サウン

もっとみる
コメントもぜひぜひ♪
10

プロダクトをバカにしてたけど

ブランドのプロダクト(方針、信念)をバカにしてた。

ブランドを好きになるっていう経験をしたことがなかったし、

プロダクトで好きになるというのは マユツバに思えたし、

理解できなかった。

でも、好きなブランドができて、

プロダクトの重要性がわかった気がした。

プロダクト(ここでは信念)を知ると

ブランドへの愛着が湧く。

好きなブランドは必ずと言って

いいプロダクトがある。

いいコ

もっとみる
励みになります!
8