CEREAL TALK(シリアルトーク)

『CEREAL TALK』は、米国の次世代ブランドやニューラグジュアリー、リテールテックにフォーカスしたニュースレターを毎週月曜の朝に配信しています。noteではニュースレターで紹介したトピックや海外事例を紹介していきます。

CEREAL TALK(シリアルトーク)

『CEREAL TALK』は、米国の次世代ブランドやニューラグジュアリー、リテールテックにフォーカスしたニュースレターを毎週月曜の朝に配信しています。noteではニュースレターで紹介したトピックや海外事例を紹介していきます。

最近の記事

  • 固定された記事

CEREAL TALK(シリアルトーク)とは

CEREAL TALKは、毎週月曜日に米国の次世代スタートアップやリテールテックにフォーカスした情報をお届けするニュースレターです。 ▼購読はこちらから ピックアップしたニュースをもとに、編集部の視点から最近の潮流について語るPodcastも配信しています。 このnoteでは、ニュースレターで取り上げたブランドやサービスをさらに深掘りして、今アメリカで注目されているブランドやサービスの情報をいち早くお届けしていきます。 noteで取り扱うテーマ CEREAL TAL

    • D2Cマーケティングのネクストトレンド?「ゼロパーティデータ」とは

      今年に入ってから、アメリカのD2C関連のニュースで「Zero Party Data」の文字を目にする機会が急増している。Shopifyアプリでもゼロパーティデータの収集・活用を打ち出すサービスが増え、ブランドも積極的に取り入れ始めている。 この記事では、今後のD2Cブランドのマーケティングを考えるうえで避けては通れない「ゼロパーティデータ」について解説する。 「ゼロパーティデータ」とはゼロパーティデータとは、顧客が自らの意思で企業と共有するデータを指す。アンケートへの回答

      • #91 中国企業に学ぶ、メンバーシッププログラムの成功法則

        CEREAL TALKでは、毎週月曜日に米国の次世代スタートアップやリテールテックにフォーカスした情報をお届けしています。 ニュースレターで受け取る場合はこちらから。 Briefing中国企業に学ぶ、メンバーシッププログラムの成功法則 アンドリーセン&ホロウィッツのConnie Chanが、中国のメンバーシッププログラムが成功している要因をレポートにまとめている。これまでアメリカではプラットフォームの収益源は広告収入がメインだったが、Twitter Blueをはじめ、Sn

        • 米国D2Cの人気Shopifyアプリ6選

          Shopifyの登場によって、自社ECを作成する際にアプリを追加してカスタマイズするという考え方が一般的になった。アプリの種類はアメリカではひとつのブランドが20以上のアプリを導入していることも珍しくない。 しかし種類が増えたことでどのアプリをいれるべきなのか、そしてそれらのアプリをどう連携させるとより効率的にEC運営ができるのかがわかりづらくなっている。 他のD2Cブランドはどんなアプリをどう活用しているのだろうか。アプリ同士の連携をスムーズにする自動化ツール「Allo

          #90 マーケットプレイスへの出店をサポートするCymbioへの注目が高まる背景

          CEREAL TALKでは、毎週月曜日に米国の次世代スタートアップやリテールテックにフォーカスした情報をお届けしています。 ニュースレターで受け取る場合はこちらから。 Briefingマーケットプレイスへの出店をサポートするCymbioへの注目が高まる背景 今、アメリカではマーケットプレイスの存在感が高まっている。Insider'によればAmazonやWalmartといったマーケットプレイスでの売上は2020年には45%もの成長を見せ、2022年の市場規模は3570億ドル

          リテール業界におけるWeb3、DAO関連ニュースまとめ

          CEREAL TALKで毎週お届けしている海外トレンドの中から、Web3やDAO、メタバースにまつわるニュースをまとめてご紹介。 低価格デジタルファッションの可能性? 『BoF』によるとMetaは2022年6月に、バレンシア、プラダ、トム ブラウンのデジタルスキンの販売を開始。同社の新しいMeta Avatars Storeで1着8.99ドルで購入できる。Metaのマーク・ザッカーバーグとファッション・パートナーシップ担当ディレクターのエヴァ・チェンが先週金曜日にこの動き

          #89 ゴーストキッチンの次は「ゴーストホテル」がくる?

          CEREAL TALKでは、毎週月曜日に米国の次世代スタートアップやリテールテックにフォーカスした情報をお届けしています。 ニュースレターで受け取る場合はこちらから。 Briefingゴーストキッチンの次は「ゴーストホテル」がくる? https://www.tubefilter.com/2022/10/10/sidemen-ghost-hotel-london-travel-gen-z-ghsthotels/?utm_source=substack&utm_medium=

          #88 カスタムアパレルが再注目され始めた背景と運営のハードル

          CEREAL TALKでは、毎週月曜日に米国の次世代スタートアップやリテールテックにフォーカスした情報をお届けしています。 ニュースレターで受け取る場合はこちらから。 Briefingカスタムアパレルが再注目され始めた背景と運営のハードル ファッション業界がもたらす環境負荷の大きな原因として挙げられる、過剰な在庫量と、それを実現するための大量生産。これらの解決策として、顧客のサイズに合わせた、オーダーメイド型の生産販売スタイルを取る、いわゆるカスタムアパレル企業への期待度

          米国D2Cの必須マーケティングツール「Klaviyo」

          アメリカのD2Cが必ずといっていいほど採用しているマーケティングオートメーションプラットフォームが「Klaviyo(クレビヨ)」だ。 2012年にメールマーケティングプラットフォームとして誕生したKlaviyoは、顧客データにあわせて細やかなマーケティングを可能にしたことからD2Cブランドを中心に利用が広がり、2022年8月には課金ユーザーが10万人を超えたと発表している。 2021年5月には3億2000万ドルを調達し、評価額は95億ドルとなり、2022年にはShopif

          #87 米国発スタートアップ飲料水ブランド「Liquid Death」の時価総額が7億ドルに

          CEREAL TALKでは、毎週月曜日に米国の次世代スタートアップやリテールテックにフォーカスした情報をお届けしています。 ニュースレターで受け取る場合はこちらから。 (Cover photo:Liquid Death Instagram) Briefing米国発スタートアップ飲料水ブランド「Liquid Death」の時価総額が7億ドルに 米国のスタートアップ飲料水ブランドLiquid Death(リキッド・デス)は、直近の7000万ドルの調達によって、創業3年目にし

          ライブコマース、ソーシャルコマース、コンテンツコマース──「◯◯コマース」の注目ニュース

          CEREAL TALKで毎週お届けしている海外トレンドの中から、ライブコマースやソーシャルコマースにまつわるニュースをまとめてご紹介。 Supergreatはライブコマース領域でどう勝ちにいくか https://www.retailbrew.com/stories/2021/12/01/how-beauty-app-supergreat-aims-to-stand-out-in-the-livestream-shopping-space ライブコマースのSupergre

          #86 Shopifyプレジデントが語る、機能開発の考え方

          CEREAL TALKでは、毎週月曜日に米国の次世代スタートアップやリテールテックにフォーカスした情報をお届けしています。 ニュースレターで受け取る場合はこちらから。 BriefingShopifyプレジデントが語る、機能開発の考え方 ShopifyのプレジデントであるHarley Finkelsteinが、D2CブランドのエキスパートであるNik SharmaとMoiz Aliが運営するYoutubeチャンネル「Limited Supply」に出演。Shopifyの新機

          クイズでパーソナライズのためのゼロパーティーデータを収集する「Octane AI」

          サイトに訪れると、「好きな色は?」「よく見るNetflixの番組は?」といった質問が現れ、答えていくと自分にあわせた商品がレコメンドされる。そんなクイズ形式のコンテンツを体験したことがある人も多いだろう。 たとえばつけまつげブランドの「Doe Lashes(ドー・ラッシェズ)」のサイトに訪れると、自動的にクイズが表示される。 これらの質問に回答し終わると、結果を送信するためのメールアドレス入力を促されたあと、おすすめのつけまつげが表示される。 こうした簡易的なクイズや診

          85 DrakeやLil Wayneも熱狂する、珍しいソーダのセレクトショップ「Exotic Pop」

          BriefingDrakeやLil Wayneも熱狂する、珍しいソーダのセレクトショップ「Exotic Pop」 「Exotic Pop(エキゾチックポップ)」は、創業者Charleston Wilsonが旅行先で購入した限定フレーバーの炭酸飲料を、愛車の荷台に乗せて販売し始めたことに端を発する、清涼飲料水とスナックの販売会社だ。世界各国から調達した希少性の高いユニークな商品を取り揃えており、2019年にはPepsi社とライセンス及び販売契約を締結、2021年には600万ド

          D2C関連の注目のニュースと最新動向

          CEREAL TALKで毎週お届けしている海外トレンドの中から、D2Cの戦略やD2Cを取り巻く潮流についてまとめてご紹介。 ナイキの真逆を貫く、Allbirdsのグロース戦略 Allbirdsは2020年9月に$100Mの調達を発表し、時価総額は$1.7Bへと跳ね上がった。しかし、Nikeのフットウェア売上の$24Bやadidasの$15Bといった実績にはまだまだ程遠い。 特にトップスニーカーブランドであるNikeにAllbirdsはどう対抗できるのかが業界では話題になっ

          #84 レシピ動画で見た食材をそのまま購入できるコンテンツコマースアプリ「flavrs」

          Briefingレシピ動画で見た食材をそのまま購入できるコンテンツコマースアプリ「flavrs」 レシピ動画に出てくる食材をそのまま購入できるアプリ「flavrs」(フレイバーズ)がβ版をローンチした。同時に米国のVCアンドリーセン・ホロウィッツをはじめ、料理界のトップスターやセレブリティから700万ドルを調達したと『CISION PR NEWSWIRE』は伝えている。ユーザーはflavrsを通して、有名シェフやフードクリエイターが考案したレシピ動画を見るだけでなく、必要な