【街の工務店のええとこ発見士】大西 敦

ブレークスルーアカデミー有限会社代表/■中小企業庁《中小企業119》登録相談員/■豊中…

【街の工務店のええとこ発見士】大西 敦

ブレークスルーアカデミー有限会社代表/■中小企業庁《中小企業119》登録相談員/■豊中商工会議所 専門相談員/ 街の小さな工務店の《ええとこ(その会社にしかない強み)》を炙り出す【アブリダスマーケティング】を実践中! 【WEB】https://www.aburidas.com

最近の記事

【Vol.9】《応援される》を科学する

前回の投稿で というお話をしました。 熱狂的ファンとは、御社の【応援者】のこと。 時には損得関係なく応援してくれる方々です。 でも《応援される》って、主観的かつ曖昧ですよね。 そこで今回は、この《応援される》について科学してみます。 ■【クイズ】あなたが応援したくなるのはどんな人? 直感的にお伝えするために、すごく単純なクイズ形式にします。 その人の特徴を、《●●●●な人》というように、箇条書きで《3つ》考えてみてください。 書けましたか? 今までセミナーで

    • 【Vol.8】街の工務店のミュージシャン型経営

      こんにちは。 ブレークスルーアカデミーの大西です。 前回の記事で 《地場工務店は【カリスマ型】のファンづくりを目指そう》 というお話をしました。 その理由を、カリスマの一種である《ミュージシャン》に置き換えて説明します。 ■街の工務店が目指すべき【ミュージシャン型経営】 まず、皆さんが一番好きなミュージシャン・歌手を一人思い浮かべてください。過去でも現在でも構いません。 ちなみに私は BABYMETAL です。(ガッチガチのメタラーです) 今皆さんがそれぞれ思

      • 【Vol.7】狩猟型→農耕型→カリスマ型

        こんにちは。 ブレークスルーアカデミーの大西です。 【街の工務店のブランド】の見つけ方について綴っていきます。 今回は【消費者へのアプローチ手法の移り変わり】について。 ブランドを理解する上でどうしても必要なのですが、どうしても小難しくなりがちなマーケティングの話なので、短めの投稿にしています。 お付き合いください。 ■消費者へのアプローチ手法の移り変わり 自社の商品やサービスを購入してもらうためのアプローチの仕方。 時代の流れや消費者の価値観の変化に合わせて、大

        • 【Vol.6】鏡よ鏡

          こんにちは。 ブレークスルーアカデミーの大西です。 今回は、地場工務店にブランディングが必要な理由について。 過去に弊社がホームページリニューアルの依頼を受けた際の、工務店さんとのやりとりを再現してお伝えします。 ■ケース1 【隣の芝生は…】なA工務店さん 「A工務店さんこんにちは。どんなホームページをご希望ですか?」 「この工務店(ライバル他社)みたいな感じがいいね」 「おしゃれな家にぴったりなデザインのホームページですね」 「そうなんだよ。ウチの社員もこんな

        【Vol.9】《応援される》を科学する

          【Vol.5】ブランドは2行で語れ

          こんにちは。 ブレークスルーアカデミーの大西です。 弊社は 【街の工務店のブランディング専門家】 です。 そんな自己紹介をすると と怪訝な顔をされることがほとんど。 そんな時はニッコリ笑ってこう答えています。 「はい。街の工務店さん【にこそ】ブランディングが必要なんです」 「そして、街の工務店さん【の方が】ブランディングしやすいんです」 ■そもそも【ブランド】って何? いったいなぜ街の工務店さんにブランディングが必要なのか? そしてなぜブランディングしや

          【Vol.5】ブランドは2行で語れ

          【Vol.4】写真で表せない魅力を持った工務店さんの【ワガミチ戦略実例】②

          こんにちは。 ブレークスルーアカデミーの大西です。 今回はホームページのお話です。 今やホームページは9割以上がスマホで見られる時代。 気軽に、短時間で、知りたい情報だけを見られるサイトが求められるので ・写真を多く ・文字を少なく ・とにかくシンプルに というデザインが主流となっているのは周知の通り。 ところがこれ。 街の工務店さんにとってはとてもアタマの痛い問題です。 試しに、いくつか工務店さんのホームページを検索して見てみると と、どこも同じようなデザ

          【Vol.4】写真で表せない魅力を持った工務店さんの【ワガミチ戦略実例】②

          【Vol.3】工務店のワガミチ戦略実例①

          皆さんこんにちは。 ブレークスルーアカデミーの大西です。 前回は、他社の成功例をTTPする(徹底的にパクる)のが一番の早道だけれども、もし地場工務店経営者のココロが動かないのであれば、「勇気を持ってワガミチ(我が道)を進もう」というお話をしました。 今回から数回にわたり、そんなワガミチを進んでいる工務店さんの事例をご紹介します。 最初に申し上げておきますが、 「素人同然のスタッフだけで、リフォーム受注年間5億円達成!」 というような、目の玉が飛び出るような実績ではあ

          【Vol.3】工務店のワガミチ戦略実例①

          【Vol.2】私が【ワガミチ戦略】を勧める理由

          こんにちは。 ブレークスルーアカデミーの大西です。 今回は、私が「なぜ工務店さんに【ワガミチ戦略】を勧めることになったか」について書きたいと思います。 中年男の自分語りが続きますが、今の仕事にすべて絡んでくることなのでお付き合いいただければ幸いです。 ■1.ダメ営業マンとマーケティングの出会い 子どもの頃から漫画家を夢見ていたものの、紆余曲折あって《分譲会社の営業マン》として建築業界に携わることになった私。 いろんなコンサル会社の営業研修を受け、住宅営業の基本や成功

          【Vol.2】私が【ワガミチ戦略】を勧める理由

          【Vol.1】にんげんだもの。

          建築業界が苦境に立たされています。 などなど、正直上がり目がない状態です。 そんな中、 「他社はこうして成功している!」 「こういう家が求められている!」 という情報に思わずすがりたくなる方も多いかと思います。 【学びは真似び】。 という言葉もあるように、あれこれ考えるよりも成功者の真似を徹底的にした方が早いのは事実です。 そして、コンサルティング会社からは他社の成功例が毎日のように送られてきます。 「社員5人で5億稼いだノウハウ!」 「アフターコロナの集客必