牟田口武志

2073年までに赤ちゃんが食べられるタオルを創ることを目指す会社、IKEUCHI ORGANICの広報/マーケティングディレクター。タオルソムリエ。大学卒業後、映画製作会社→CCC→Amazon→縁もゆかりもなかった愛媛県今治市のIKEUCHI ORGANICへ入社。

牟田口武志

2073年までに赤ちゃんが食べられるタオルを創ることを目指す会社、IKEUCHI ORGANICの広報/マーケティングディレクター。タオルソムリエ。大学卒業後、映画製作会社→CCC→Amazon→縁もゆかりもなかった愛媛県今治市のIKEUCHI ORGANICへ入社。

    マガジン

    • #お店 記事まとめ

      • 2,110本

      思想を持ったお店をつくったり、運営、デザインをしているひとやその感想などの記事をまとめるマガジンです。

    • 中小企業で働く人のためのブックガイド

      ビジネス書はたくさんあるけど、意外に中小企業向け(ベンチャーではなく、地方企業)の本はなかなかありません。中小企業で求められているのはマーケティングの最先端でもリモートワークやノマドではなく、もっと地に足をつけた本、つまりすぐ行動に移すことができる本です。このマガジンでは有名無名問わず、主観で中小企業に役立つ本を紹介します。

    • 仕事のこと

    • 100の銭湯、100のタオル

      所属しているさとなおラボの1000日チャレンジ企画。1000日で100の銭湯、100のタオルを紹介することにしました。

      • #お店 記事まとめ

        • 2,110本
      • 中小企業で働く人のためのブックガイド

      • 仕事のこと

      • 100の銭湯、100のタオル

    最近の記事

    固定された記事

    企業はオウンドメディアやnoteの効果をどのように測定するべきか?

    1年ほど前から、IKEUCHI ORGANICでは、noteとオウンドメディア「イケウチな人たち。」を始めました。 noteは主に商品の裏側だったり、経営層はもちろん社員の声や、社内イベントのレポートなどIKEUCHI ORGANICを主体とした情報を公開しています。 そしてこちらがオウンドメディア「イケウチな人たち。」。noteとは異なり、IKEUCHI ORGANICが主体ではなく、取引先のクライアントや、お客様が主役となり、私たちが大切にしている人たちと、これからの

    スキ
    474
      • 福岡市長から学ぶ、既得損益の壁を乗り越える方法

        noteを始めた当初、少しだけ中小企業のためのブックガイドを書いていたのですが、こちらもたまには更新していきたいと思います。 今回紹介するのは、福岡市の高島市長の書籍「日本を最速で変える方法」(日経BP社)です。 私が所属している、IKEUCHI ORGANICは昨年7月まで、福岡に店舗を構えていたのですが、他の自治体と比べても福岡市の助成金の対応が圧倒的に早く、福岡市はどうしてここまでスピード感があるのか驚きを隠せませんでした。(会社としても先行きが不安な中、とても助か

        スキ
        17
        • 企業のロゴが入ったノベルティは使われるのか?

          仕事をしていると、いろいろな会社からノベルティをもらうことがあります。普通に生活をしているだけでも、銀行や保険の営業、車のディーラーなどあらゆる場でもらうことが多いと思います。 ただその中で、このノベルティは本当に嬉しかったなぁと思うモノはあるかと考えると、正直、僕は思い出せませんでした。 年末になればいくつもカレンダーが届き、イベントに参加すれば、クリアファイル、ペン、メモ帳、ステッカーなどもたくさんもらいます。 ノベルティがいつから始まったのか?を調べてみるとこんな

          スキ
          107
          • 何をやっても継続できなかった私が変えた7つの習慣

            40年以上生きてきて、コツコツやる人と見られるときもあるのですが、実はものすごく飽き性で、長続きしない人間です。学生時代のスポーツは野球、卓球、テニスと次々に変え、筋トレも続かず、英語学習においては学生時代から、英語を今回こそ、頑張ろう!と決意はするものの、いつも長続きせず英語コンプレックスを抱えたままの状態でいます。 ですが最近、英語が無理なく続けることができるようになりまして(まだまだマスターできていませんが)、さらに学ぶ楽しさまで感じるようになりました。 今回は「英

            スキ
            45

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • #お店 記事まとめ

            • 2,110本

            思想を持ったお店をつくったり、運営、デザインをしているひとやその感想などの記事をまとめるマガジンです。

          • 中小企業で働く人のためのブックガイド

            • 4本

            ビジネス書はたくさんあるけど、意外に中小企業向け(ベンチャーではなく、地方企業)の本はなかなかありません。中小企業で求められているのはマーケティングの最先端でもリモートワークやノマドではなく、もっと地に足をつけた本、つまりすぐ行動に移すことができる本です。このマガジンでは有名無名問わず、主観で中小企業に役立つ本を紹介します。

          • 仕事のこと

            • 25本
          • 100の銭湯、100のタオル

            • 5本

            所属しているさとなおラボの1000日チャレンジ企画。1000日で100の銭湯、100のタオルを紹介することにしました。

          • #お店 記事まとめ

            • 2,110本

            思想を持ったお店をつくったり、運営、デザインをしているひとやその感想などの記事をまとめるマガジンです。

          • 中小企業で働く人のためのブックガイド

            • 4本

            ビジネス書はたくさんあるけど、意外に中小企業向け(ベンチャーではなく、地方企業)の本はなかなかありません。中小企業で求められているのはマーケティングの最先端でもリモートワークやノマドではなく、もっと地に足をつけた本、つまりすぐ行動に移すことができる本です。このマガジンでは有名無名問わず、主観で中小企業に役立つ本を紹介します。

          • 仕事のこと

            • 25本
          • 100の銭湯、100のタオル

            • 5本

            所属しているさとなおラボの1000日チャレンジ企画。1000日で100の銭湯、100のタオルを紹介することにしました。

          記事

          記事をすべて見る すべて見る
            • 天職は転職で見つかるのか?

              今の会社に入社して、間もなく6年が経とうとしています。 正直こんなに長く在籍するとは思わなかったです笑 自分の人生ではターニングポイントがいくつかあって、間違いなくIKEUCHI ORGANIC入社以前と以後では人生が変わりました。 昔から交流のある知人には楽しそうだよね、とか生き生きしてるよねとか、時には前職で機械のように働いていた事を知る人からは、「牟田口さん別人みたいだよね!」と言われたりもしました笑 では、自分の何が変わったのか? 結論からお伝えすると、自分

              スキ
              61
              • 今の時代に問われるお店の価値と、オンラインで行う家族参加型のZoomショッピングが生まれるまで

                いぎ昨年、緊急事態宣言が発令されて1年が経ちました。IKEUCHI ORGANICとしてもオンラインの接客を開始したり、全く発売する予定のなかったオーガニックマスクを製造したりと、この1年は目まぐるしく変化がありました。 私たちは、昨年7月に福岡の直営店を閉店せざるを得ない状況になり、この1年でお店の意義について考える機会が増えました。そしてコロナにより休業や営業時間短縮を余儀なくされ、今年も通算3度目の緊急事態宣言。このnoteではコロナ禍で見えてきたお店の意義と、GW中

                スキ
                70
                • バスマットではなく、サウナマットとして発売する方が良かったかもしれない。

                  親愛なるサウナーの皆様へ。本当は、おひとり様専用バスマットとして発売する商品でしたが、どうもヒアリングをすると、持ち運びできるサウナマットとして最適と声があがりました。 コンパクトバスマットとして、発売するつもりでしたが、マイサウナマットとして使用する人が多そうなら、商品名もサウナマットにしてしまうかも笑 この時期、どうしてもサウナに行くときに共用サウナマットは気になりますよね。このサウナマット(オーガニック316バスマット)と、IKEUCHI ORGANICの既存品のバ

                  スキ
                  16
                  • それは本当にSDGs?生活者の目利きがより必要な時代

                    先日、木村石鹸の木村社長のnoteを読み、久しぶりにnoteを書くことにしました。確かに、カインズの商品しか知らない場合、普通におしゃれだな、安いなと思って僕も買ってしまうと思います。 今回は少し別の観点になりますが、もし似たような商品があった場合に生活者として、どんな視点でモノを選んだ方が良いかを書いてみました。 1ヶ月ほど前でしょうか。とある会社からタオルの記事が出ていたので読んでみました(どこか忘れてしまったのですが今治の会社ではありませんでした)。そこにはこんなこ

                    スキ
                    65
                    • 一生モノのプロダクト。1秒で幸せを感じるタオルケット

                      IKEUCHI ORGANICに入社して5年。ほとんどの商品を試していますが、IKEUCHI ORGANICの製品の中で、一番驚いたのは、タオルでも、パジャマでも、マスクでもなく、実はタオルケットです。 初めて使ったのは、しっかりした肌触りのオーガニック732。タオルとして使うと、厚みがあって吸水性が高い分、フワッフワという感じではないのですが、全身にタオル地で包まれた時の衝撃は忘れる事が出来ません! え!何これ!!気持ちよすぎるんだけど!と商品を使って声を出してしまいま

                      スキ
                      65
                      • 文化の異なる海外で理念は伝わるのか?〜中小企業で海外10ヶ国以上で販売できた理由〜

                        先日、IKEUCHI ORGANICは、世界で最初のデパート”ボン・マルシェ” Le Bon Marché Rive Gauche で取り扱いが開始されたことを発表しました。 ボンマルシェは、LVMH グループで高品質の商品を厳選するセレクト系百貨店知られ、パリの人々だけでなく世界中からの観光客にも愛されています。 コロナウィルスの影響で店舗が休業したことにより導入は遅れましたが、ロックダウン解除にともない、まずは定番商品から販売が開始されました。 もともと、ヨーロッパ

                        スキ
                        83
                        • 定年まで同じ家に住むと思っていた。

                          先月、新築から8年間住んだ家を手放しました。コーポラティブハウスと呼ばれる物件で、建築前から間取りを自分たちで決めて、住人同士で何度も会って、マンションの名前も自分たちで投票したりと、それはそれはとても思い入れのある物件でした。 結婚して数年が経ち、ある程度夫婦で生活も安定してきたことで、賃貸ではなく自分たちの家が欲しい、と思うのは自然な流れでした。そうは言っても、何千万という年収の何倍もの家を買うのですから、即決ができるわけでもありません。 コーポラティブハウスに出会う

                          スキ
                          51
                          • オンライン工場見学とファンイベントを同時開催する理由

                            IKEUCHI ORGANIC は、2016 年から毎年 1 回、全国各地からファンが集まる工場見学イベント「今治オープンハウス」を開催しています。 通常、今治本社の工場見学は一般のお客様の受け入れをしておらず、年1回のみのファンイベントという形でお客様をおもてなししており、毎回キャンセル待ちが出るほどの人気です。 今年はコロナウィルスの影響により、開催を見合わせていましたが、オンラインで工場見学をする、と決断するのはなかなか大変で、躊躇していたというのが本音です。 モ

                            スキ
                            32
                            • 大切なシーンにふさわしいプロダクトを作り、届ける

                              お客様からの問い合わせや感想は、全て読むようにしている。先日、その中で印象に残るメールをもらい、心動かされた事があったので紹介したい。 今年社会人になったばかりの方から、初任給で離れて暮らす家族に、イケウチオーガニックの商品とともに感謝の気持ちを伝えたいが、在庫がなくていつ頃入荷するのか?そんな内容だったと思う。 家族への感謝の気持ちとして、IKEUCHI ORGANICのタオルを選んでくれた事に、とても嬉しくなるのと同時に、何とかしてあげたいという思いで、すぐに生産

                              スキ
                              48
                              • 製造業はこれからが正念場

                                先日、緊急事態宣言がおよそ1ヶ月半ぶりに解除された。弊社でも東京で働く社員はもちろん、愛媛県今治市の本社工場でも段階的にテレワークを導入した。 今の所リモートによる大きな問題はなく、何事もなかったかのように元の生活に戻るかのように見える。だが、弊社のような製造業・特に中小企業は、今回のコロナの影響は今後も受け続けると思っている。 私たちの主体となる事業は製造業で、BtoB、特にOEMと呼ばれる取引先のブランドに商品を供給する事業と、自社ブランドの商品を製造・店舗やネット通

                                スキ
                                50
                                • 日の目を見なかった技術が世に出るとき

                                  先日、マスクにもなるタオルハンカチという新商品の発表をしました。 この商品は、単なるマスクではなく、銅の繊維入りの特殊な商品ですが、先行して発売している、IKEUCHI ORGANICが生地提供したインナーマスクは、ウイルスを抗菌するということもあり、大変な反響のようです。 抗菌効果を持つ銅イオンがインフルエンザなど様々なウイルスを超抗菌。花粉症やハウスダストなどアレルギーに効果的 そして、今回発売するマスクハンカチにも同じ技術が活用されています。 プレスリリースを書

                                  スキ
                                  22
                                  • プレスリリースが書けない

                                    僕は広報も担当している業務の一つだけど、プレスリリースを書くのが苦手だ。とても大事な商品のリリースを今週配信しないといけなくて、半日時間を割いたのに、3行しか書けなかった。 僕の悪い癖で、一つの仕事が行き詰まると、他の仕事に影響が出てしまう。細かいタスクがどんどん積み上がっていく。つまり、プレスリリースを書かないと、他の仕事が手に付かない状態だ。 今もこうして現実逃避してnoteを書いている。noteを書くのは苦ではない。この差は何だろうかと考える。 noteを書くとき

                                    スキ
                                    39