お題

#映画館の思い出

映画館で観てよかった映画、はじめて行ったときの思い出など、映画館で観るたのしさをテーマに作品を募集します

急上昇の記事一覧

初デートにクソ映画を選ぶと地獄のような時間を過ごす羽目になる話

映画は気心の知れていない者が選ぶにはとても良い選択である 皆さんは、初めてデートで見た映画を覚えていますか? ちょっと気になる人と仲良くなるために何をしに行くか?って選択肢は案外少なくて、テーマパークだとちょっと拘束時間が長くて中だるみしそうだし、買い物行くにも趣味が見えないから合わせにくい。 相手のことがイマイチわからない中で、距離を縮めるための効果的な娯楽って意外と無いんですよ。 そんな中で楽しい共通の話題を作って相手の人となりを知っていくために無難な選択肢として

スキ
136

【さよなら】テアトル梅田【ありがとう】

テアトル梅田が2022年9月末で閉館となります。 とっても悲しい。 これまでたくさんの映画を鑑賞しました。 テアトル梅田に感謝の気持ちを込めて、これまでの思い出を振り返りたいと思います。 テアトル梅田ってこんな映画館テアトル梅田は、大阪随一の繁華街「梅田」にあります。 大阪に住んでいる人や、遊びに来た人はよく分かるかと思いますが、大阪で最も栄え、飲み屋もビルも百貨店もファッション街も大変多い街です。 そんな梅田にあり、ミニシアター系の作品から名作のリバイバルまでか

スキ
21

映画のコト〜思い出の映画について〜

映画館に一人で行けるようになったのは、大人になってからである。 それまで、映画に行くなら恋人や家族、友だちと行くことがほとんどだった。 しかし、友だちと行った記憶は数える程度しかなく、私は母親と見るか恋人と見るかのどちらかだった。 母と私は読書や映画の趣味が比較的似ており、何かの折に出かけたらついでに上映時間を調べて一緒に映画を観たり、お互いに本を貸し借りする仲だ。 恋人と映画に行くこともあるが、どちらかと言うとそれも多い方ではない。 映画館で観るよりは、レンタルで観ること

スキ
1

WKWKWKW…… / ウォン・カーウァイ・カーウァイ・カーウァイ……

王家衛、ウォン・カーウァイ、WKW……。いろいろな表記がなされるけれど、全て同じ人物を表している。いかつい黒眼鏡がトレードマークの香港の映画監督だ。『花様年華』『ブエノスアイレス』『天使の涙』『恋する惑星』『2046』『欲望の翼』……と彼の代表作は、それぞれがひとり立ちをして走り出してしまうほど名の通った作品が多いけれど、彼の作品群は共通して物語が優れて面白いわけではないけれど、共通して画にエレガントさが漂い、映画ファンを魅了している。ここまで書いたら、次に僕が何を言いたいの

スキ
9

おとなの時間

最近、仕事をサボって映画ばかり見ている。 というと、極悪人のようだけれど、実際は少し違う(と思っている)。 具合が悪くて、会社に行けなかったり、会社にいられなかったりするその帰りに、映画を見るようにしている。 「サボる」というのも、気に入っている言い回しだ。 会社を「休む」とか「早退する」というと、申し訳ないような気持ちになる。 だから「サボる」と言っている。自分の中では、そうしている。 「サボっている」という言葉はやさしく、すべてをまあるく包んでくれる。 数年前まで映画

スキ
17

【TOPGUN -MAVERICK-】4回見て思うこと

 -TOPGUN-  海軍のエリートパイロットを多く輩出する養成学校の略だ。  2022年5月27日に公開されたこの映画は、最近ではTOHOシネマズで「TOPGUN」と「TOPGUN -MAVERICK-」の2本連続上映がされるなどして、9月23日現在でも人気は絶えない。  IMAXや4K、轟音バージョンなどもいまだに上映されてる。  そんな「TOPGUN -MAVERICK-」は1986年12月6日に上映された「TOPGUN」という映画の2作目となる。  あまりに

スキ
17

歩いて行けた映画館

 いつからだろう、歩いて映画館に行けなくなったのは。  子どもの頃は歩いて10分の所に2箇所映画館があった。怪獣映画を見たくて兄について行ったのだが、映画館の周りには行列ができていた。  ワクワクしながら、入場を待っていた。チケットを買う時に、入場料が値上がりしていたことに気がついた。  ピッタリのお金しか持っていなかった私たちは入る事ができなかった。  題名すら覚えていないのだが、ガッカリした気持ちだけは今でも心の中にある。 #映画館の思い出

スキ
1

映画以外のスリルと情報が多すぎる映画館の思い出

女性用トイレに「男性使用禁止」と書かれているのを見たときほど恐ろしい思いをしたことはありません、じゅんぷうです。 映画を見れない映画館に行ったことはありますか? 今はなき浅草名画座について 先日ちょろっと書いたので、 あれから時々思い出していました。 「浅草名画座」「浅草中映」「浅草新劇場」と、 3つの名画座が並んでいた、20年前の浅草。 入場料はたしか各劇場1000円で 入れ替えなしだったので 1日中でも滞在できたのです。 すべてリバイバル上映で 中映は洋画の2本立

スキ
13

娘の最近のマイブームを一緒に見て思うこと。

2022.9.23 今日から公開された映画を 朝イチに見に行きました。 まさか娘がプリキュアにハマり、 映画にまで足を運ぶとは(笑) 私はおジャ魔女どれみ世代なので、 初期のプリキュアをちゃんと見てない。 (主題歌ぐらいは分かる程度) だから、デリシャスパーティープリキュアも 娘がハマらなかったら見てなかったし、 私自身もまさか話が面白くて 一緒に見てしまうくらいになるとは… 「ご飯は笑顔」というテーマで 取り上げられている 今回のプリキュアシリーズ。 生活に必要な

スキ
6

さよならのあと、いつもへの入り口

先日映画を観に行ったとき、来場者特典でもらったミニ本を読みました。 内容についてはネタバレになっちゃうのであまり書かないことにして、感想と思ったことだけちょっぴり書きます。 まず感想。 普段アニメ映画を観る方ではないので、そもそもこの「夏へのトンネル、さよならの出口」を劇場で観たことが奇跡に近い!(彼氏に誘われました) なんとなく納得出来なかったというか、もやもやが少し残るような気がしたけれど、テーマ的にそれでいいのかなと思ったり。 持っているもの、失ったもの、これから手