SEX and the LIVE!!

72
記事

12/8(日)11:00~16:00 池袋エイズフェス'19のステージに出演します。

12/8(日)11:00~16:00 東京都エイズ啓発拠点ふぉー・てぃーさん主催の池袋エイズフェス'19のステージに出演することになりました!

当日はスタッフとして運営をお手伝いしつつ、ステージで歌を歌わせていただいたり、ステージでのメイク企画でステージ出演者の姫野桃さんのメイクをさせて頂きます。私のステージ出演は11:30頃から12:30くらいの間の予定です。

エイズフェスはステージでのパフ

もっとみる

レペゼン地球の皆様へ 謝罪動画と対談を踏まえ、署名を送りました。

レペゼン地球の皆様へ

はじめまして、今回署名キャンペーンを実施したSEX and the LIVE!!プロジェクトの代表、卜沢彩子と申します。私は性暴力被害の当事者として、被害に遭った人を支えたり、情報を伝える活動や仕事をしてきました。今回の署名を届ける直前、You Tubeでの謝罪動画とハフポストでの対談記事を拝見しました。私はまず、謝罪や対話の発信をされたことを嬉しく思いました。
そして、今

もっとみる

レペゼン地球の皆様へ 公開質問状

レペゼン地球の皆様へ

2019年10月20日
SEX and the LIVE!! プロジェクト

2019年7月に行われた、虚偽のセクハラ・パワハラを用いた炎上プロモーションを受けて、私達は署名キャンペーンを実施しました。10月20日現在8779人の署名が集まっています。発起人からの手紙、署名及びコメントを送付いたします。

また、署名活動を行う中で、私達はまずレペゼン地球やこのPRに関わった

もっとみる

レペゼン地球の皆さまへ

レペゼン地球の皆さま

こんにちは。きのコと申します。
初めてお便りさせていただきます。

レぺゼン地球さんの「【好きなことで、生きていく】『レペゼン地球-DJ社長-』」という動画が好きで、すごく元気をもらいました。私も福岡から「社長になるぞ!」と東京に出てきて、勉強しながら頑張っているところなので、何度も観て、とても励まされました。
同じ福岡出身で、東京で頑張って成功してビッグになっている人達が

もっとみる

シェアすることで、生きていく─2/3PERCHレポート

こんにちは、Sex and the Live!!スタッフのちひろです。

今回は、女性のためのセルフヘルプグループ「PERCH(パーチ)」のレポートをさせていただきます。

PERCHは、SatLのアクティビストの染矢明日香さんが代表をつとめるNPO法人ピルコンの事業のひとつ。妊娠や中絶をはじめとする性の悩みからの回復を目指す女性のためのクローズドグループです(HP:ameblo.jp/selfh

もっとみる

コミュニケーションとしての読書―190120ヒューマンライブラリー

子どもの頃から読書が好きでした。

でも、幼いころは、読書が趣味であることがコンプレックスでした。
(好きな遊びを訊かれて、ドッジボール、なんて外遊びの名前を答える子どもに対して、閉じこもって本を読むのが好きなんて陰気な“コミュ障”だ、そんなレッテルを貼られる雰囲気、ありませんでしたか。)

今では、この考えは間違いであったと思います。
読書は、著者の思想や感情や人生に深く沈み込むこと。
一見孤独

もっとみる

性を語る。生を語る。一緒に幸せになるために─SEX and the LIVE!!に寄せて

こんにちは。SEX and the LIVE!!で新しくスタッフとして関わらせていただくことになりました、伊藤千紘(ちひろ)といいます。
これまでも一ファンとして大好きだったSatL。一緒に活動ができることへの嬉しい気持ちとともに、性と生を語ることに感じている意味と、私の語りを通じて伝えたいと思うことを書いてみたいと思います。

自分の思いを口にすることが苦手な子どもでした。
決して、人前で話す

もっとみる

「今、生きている人間である」ということ。~「性を語る」プロジェクトを続けて今思うこと~

今日はSEX and the LIVE!!のアクティビストのミーティングをしました。
SEX and the LIVE!!の今後の方針について話し合いました。(きのコさんはボランティアで海外に行っていたので欠席でした。)

SEX and the LIVE!!は性教育を行う染矢明日香さん(あすかさん)、性暴力や多様性に関する活動を行う私、卜沢彩子(うらさわ)、セクシャルマイノリティとして、ポリアモ

もっとみる

2019年はもっと性と生を語れる文化を作りたい【2018年総括】

お世話になっております、株式会社たかだまなみです。今年も終わりますね。皆さんはどんな一年でしたか?人生天中殺(男運的に)の私ですが、2018年もいろいろ忙しい年でした。お世話になった皆様には御礼申し上げます。その中で、2019年は恋愛や結婚だけではなくてもっとDV、痴漢、セクハラ、男女問わず生き辛さについての発信を深めていきたいなと!改めて思った次第です。

2年前に、性と生を語る文化を作ろう!と

もっとみる

京大卒の私が、性暴力被害を経てアダルトビデオメーカーで働くことにした理由(2)

【前編】京大卒の私が、性暴力被害を経てアダルトビデオメーカーで働くことにした理由(1)

※性被害の話題を含みますので、問題ない方のみお進みください。
 途中でご気分が悪くなったら休むなど、体調を優先した上でお読みいただければ幸いです。

 日本から性暴力をなくすために闘う市民運動の存在を知ったのはちょうどその頃、2017年の春のことでした。
 それは、刑法性犯罪の厳罰化を求めると同時に「性的合意

もっとみる