Xデザイン学校マスターコース

Xデザイン学校マスターコース #05 UXデザインの発想とデザイン思考の発想(2021/9/21)
+1

Xデザイン学校マスターコース #05 UXデザインの発想とデザイン思考の発想(2021/9/21)

5回目のテーマは発想法について。 今回は今までとは趣向を変えて手書きでまとめてみました。

スキ
1
Xデザイン学校マスターコース #04 UXデザインの価値分析(2021/8/21)
+1

Xデザイン学校マスターコース #04 UXデザインの価値分析(2021/8/21)

4回目のメインテーマは調査における価値分析について。 前回から今回までの間にユーザーインタビューを行い、その結果を元に価値分析を行いました。 調査の分析 ・調査の3Steps=3点*が揃って調査報告になる   *前回の振り返りメモに記載の3点 ・調査から3つの知見を得る:調査結果、価値分析、暗黙知 複数の被験者の価値分析表を作成する インタビューの結果をKA法や上位下位価値分析で分析し、価値は重要度の高い10個以下程度にまとめて、それをもとに複数の被験者の価値分析表を作成

スキ
1
Xデザイン学校2021年マスターコース第3講、第4講

Xデザイン学校2021年マスターコース第3講、第4講

すっかりと間が空いてしまいましたが、Xデザイン学校マスターコースも第3講を7月17日、第4講を8月21日に受講しました。 ひとまず、noteを書くのが遅れに遅れたのは仕事関係に時間をとられ余裕がなかったという事です 笑 結果、疲れていたのか、お盆に帯状疱疹がでてしまい、激痛の中仕事をしたりで更に疲れがでるという。。 現在は病院の薬のおかげで順調に回復しております。 薬の効果って凄いですね。ホント。 ざっくりと学んだ内容は ・第3講:観察調査、インタビュー調査 ・第4講

スキ
4
Xデザイン学校マスターコース #03 UXデザインとビジネスデザインの調査(2021/7/19)

Xデザイン学校マスターコース #03 UXデザインとビジネスデザインの調査(2021/7/19)

3回目のメインテーマは「ユーザー調査」。 ユーザー調査手法の種類と内容、プロセス、そしてインタビュー法やエクスペリエンスマップの概要とポイントを駆け足で確認。 そして、ワークショップで自分たちのアイデアの対象ユーザに近い人をグルームメンバー内で1人選んで、エクスペリエンスマップを作成するというものでじた。 ユーザー調査はそれ自体を生業にしている人がたくさんいるので当然奥が深いもの。 ベーシックコースの時の学びや今までの社会人経験で調査の真似事はやったことはあるものの、一緒

スキ
1
Xデザイン学校マスターコース #02 UXデザインとビジネスデザインの調査計画(2021/6/19)

Xデザイン学校マスターコース #02 UXデザインとビジネスデザインの調査計画(2021/6/19)

2回目のメインテーマは「ビジネスインタビュー」。 今回の振り返りはUXデザインについてではなく、自身の反省文みたいになってしまいました(苦笑)。 ちなみに、今年の参加者に与えられた課題はこちらです。 某社に対して下記のどちらかの分野から一つを選択して、新規サービスデザイン提案する。 ■分野 1)社会課題(高齢化)を考慮したビジネス提案 2)社会課題(地域)を考慮したビジネス提案 今回(2回目)はプレゼン先企業の担当者にインタビューを伺い、チームで新規サービスのビジネス

スキ
3
Xデザイン学校2021年マスターコース第2講

Xデザイン学校2021年マスターコース第2講

2021年6月19日(土)にマスターコースの第2講を受講しました。 第2講はビジネスインタビューとビジネスモデルという事で、ビジネスインタビューで現状を把握し、未来のビジネス、具体的には5年後のビジネスのビジョンと戦略を考え、それをビジネスモデルキャンバスで可視化をし最後に、プレゼンテーションするという内容でした。 講座は1名ではなくチームで取り組むのですが、個人的にはやはりチームが何をして、何を成果とするのか?ここをしっかりと共有できず、インタビュー時の質問設計が甘くな

スキ
7
Xデザイン学校マスターコース #01 ブートキャンプ(2021/05/15)

Xデザイン学校マスターコース #01 ブートキャンプ(2021/05/15)

2019年度にベーシックコースを修了してから1年お休みをしていたのですが、今年はマスターコースで学びを続けることにしました。初回は10時から17時までの長丁場でした。 【参考】2019年度ベーシックコース受講時の感想まとめ 1.マスターコース受講の目的や目標、心持ちについて GW中に0回目があったのですが、そこで聞いた話と今回の講義の話をふまえて、今回の取り組み方について以下のように考えました。 <学ぶ目的> ・UXデザインを実際のビジネスやプロダクトに実装するためのプ

スキ
4
Xデザイン学校マスターコースDay1

Xデザイン学校マスターコースDay1

講義内容をミニマインドマップ(我流)にしてみました。恥ずかしいけど、公開します。 エンプロイーエクスペリエンス(EX)というワードに興味が湧いた。 おそらく現状の会社環境や組織に満足していないからなのかもしれないと思った。

スキ
2
Xデザイン学校大阪分校2020年度、修了。

Xデザイン学校大阪分校2020年度、修了。

※写真が懐かしい(笑)そして、今日のように寒い日に、ほぼ夏の写真(笑)撮影はTさん。今日もコメントありがとうございました! 今年度はドタバタしすぎて、Xデザイン学校大阪分校の学びの記録を書きとどめることがまったくできていませんでした。 今日、オンラインでの報告&講評会で、いったん今年度の学びはおひらき。昨年度はベーシックコースで学んだんですが、今年はマスターコースとして参加させてもらいました。 実質的には、ベーシックとマスターの混成クラス。普通であれば、私もベーシックの

スキ
12
【Xデザイン学校】マスターコース 定性調査

【Xデザイン学校】マスターコース 定性調査

なぜユーザーを調査するのか 授業を受けて、自分なりに、咀嚼した内容について書きたいと思います。 ブランド体験とユーザー体験について。 企業のブランド体験は、企業がお客様に提供したい体験を描いたものです。体験とはオンライン、オフライン含め、ブランドと接触する全ての接点がブランド体験を構築します。 一方、ユーザー体験は、お客様の実際の体験を指します。 ユーザー体験のみ考慮すると、どの企業にも同じ体験になることが想像されます。そのため、企業は企業理念、ビジョンなどから、他

スキ
3