VUI

【音声3.0のUXを考える】第2回 音声の情報性と機能性の活用事例

XTechグループで音声配信の事業を行っているRadiotalk代表の井上(@JD_KAORI)です。先月IVS2021にて「これからの音声テックの話をしよう」セッションに登壇して語った、音声関連市場の変遷から見た考察を書いていく連載2/3回目です。 3回の記事を通して、聞く・話すの双方まとめた「音声」の持つ役割…

ニューノーマルで注目される音声インターフェース。グローリー、フュートレックと共に音…

こんにちは、ユカイ工学の金川です。 3月のオンラインセミナーは、感染防止や利便性向上に向けて各企業が注目する「触れずに声で操作ができる音声インターフェース」をテーマに開催しました。 ゲストに、音声認識エンジンを採用し製品開発を行っているグローリー株式会社の高橋氏、音声認識エンジンを…

VUI: 音声インターフェースデザインとは

(原文) VUI: The Future of Voice Interface Design Explained 皆さま、こんにちは。UXPinです:)  今回は「VUI」についてお伝えしたいと思います。それではどうぞ! プロセッサの小型化やIoTデバイスの増加に伴い、VUIへの全体的な流れは加速しています。GAFAMはいずれも、音声インターフェースを…

スマートスピーカーのUX・VUIデザインの基本と方法 | Amazon ec…

前回の記事「2018年スマートスピーカー市場動向から見るVUIデザインの必要性 | Amazon echo, アレクサ」で成長するスマートスピーカー市場におけるVUI(Voice User Interface:ボイス ユーザー インターフェース、音声ユーザーインターフェース)デザインの必要性を述べましたが、今回はスマート…

2018年スマートスピーカー市場動向から見るVUIデザインの必要性 | Amazon echo, …

2017年10月にGoogle Home(Google)とClova WAVE(LINE)が日本で発売され、その後、11月にもAmazon Echo(アマゾンエコー)が日本上陸し、スマートスピーカー市場が注目されてきています。 また、デザインの観点からもデバイスがPCやスマホからスマートスピーカーへ変わることで、GUI(Graphical Use…

ソフトウェアにおけるUIサウンドをデザインする時に考えるべきこと

アプリやWebサービスのUIデザインを行っていると、サウンドが必要になることがしばしばあります。 多くの場合、外部のサウンドデザイナーに発注することになるかと思いますが、その際どのように発注すべきかを抑えておいて損はないと思い、ここに書き留めます。 ※ここで言うUIデザイナーは、主にアプ…

会話型UXをデザインする上で大切な4つの基礎原理

こんにちは。ニューヨーク在住UXデザイナーのMikkeyです。今回は前学期に学んだConversational UX(コンバーセイショナルUX)という分野について書こうと思います。 Conversational UX とは直訳すると「会話型UX」と言い、その名の通りチャットボットやAlexaやGoogle Homeを例とするVUI(ボイス・ユー…

クラウドファンディングを成功させるため後4支援者

今のクラウドファンディングは88%まで達成したので、後4千円は成功できます。 目標は3人の知り合いと一人の知らない人です。 3人の知り合い 10人の友達に直接に連絡してみて、応援お願いと頼みます。もし、できれば、一緒に開発したいです。 一人の知らない人 みんなCFページを見えるように、T…

クラウドファンディングとDEMODAYを見直しよう

DEMODAYってどんなこと 簡単というと、このエベントはProtoPediaサイト(ヒーローズリーグ)とプロトタイピングスクール(ProtoOut DEMO DAY)からの各プロトタイプを紹介して、プロジェクトを始める人が応援者や仲間を探す機会である。 で、自分はプロトタイピングスクールの発表者として参加しまし…

3年前期 経験デザインI 吉橋ゼミ(2021)

情デ2年生向け:情報デザインコース2021年度カリキュラム説明会 参考資料 ●3年吉橋ゼミについて 1.概要: 変化のスピードが早い時代にはデザイナーの果たす役割や必要とされるスキルも数年で大きく変わります。これからのデザイナーには世の中の変化に対応して素早く学ぶ力が必要です。 このゼミ…