MMTで有名な中野剛志氏が斎藤隆夫氏の「反軍演説」を読み変えた反TPP演説

我々が国家競争に向かうにあたりまして徹頭徹尾自国本位であらねばならぬ。

自国の力を養成し、自国の力を強化する。これより他に国家の向うべき途はないのであります。

この現実を無視して、ただいたずらに開国の美名に隠れて、国民的犠牲を閑却し、

日く自由貿易、日く経済連携、日く農業再生、日くアジアの成長。

かくのごとき雲を掴むような文字を列べ立てて、そうして千載一遇の機会を逸し、

国家百年の大計を

もっとみる

関税の基礎知識

海外から輸入される貨物に対しては通常関税が課される。近年だと、米中貿易戦争起因する関税の掛け合いなどが話題になった。関税という言葉自体を知らない人はあまりいないだろう。

しかし、そもそもなぜ関税というものが存在するのか。あるいは、関税率はどのようなルールで決まるのかということについてはあまり知らないことに気づいた。そのため、この記事では関税の基礎の基礎についてまとめたいと思う。

関税制度の歴史

もっとみる
あなたのnoteにも遊びに行きますね!
12

新自由主義のゲームは、自由参加性にして欲しい

昨日紹介した本の隣に敢えて並べてみた。今は左の本も並行して読んでいる。他の本で知った事と重複している部分もあったのだが、その中でも中東やアフリカで起こされてきた話には苛立ちを抑えられなかった。

アメリカが戦争を仕掛けた中東やアフリカのリビア。実際には何の問題もなかったとあった。

この話に、あなたも既視感を覚えないだろうか。

私や右のおづまりこさんの求めているお金最優先ではないゆったりした暮ら

もっとみる
ありがとうございます!!
2

政治 / 経済 / 時事問題 メモ08

「古き良き19世紀の時代・国民国家の時代に戻ろうとする動きが力を増している」マルクス・ガブリエル

19世紀に回帰し始めた世界

・フランス、ドイツ、イタリア、ポーランド、ハンガリーなど、「どの国の文化も古い型のモデルに戻ろうとしています。」
・ドイツの内実は古いプロイセン主義の統治モデルに戻りつつある。
・ブレグジット
・ソーシャルネットワーク=アメリカのWASP(ワスプ、プロテスタントのアング

もっとみる
スキありがとうございます
1

『TPP亡国論』~日本はどこへ行く~

中野剛志さんの『TPP亡国論』を今さらながら読みました。

その感想をまとめていこうかと思います。

世界情勢

ざっくりとアジア通貨危機からの世界情勢が述べられておりまして、それが非常に分かりやすかったのでまとめてみました。

私の浅い理解とざっくり過ぎるまとめです(笑)

アジア通貨危機がリーマンショックへとつながっていったのではないか、というのは初めて知りました。

無視する日本

世界情勢

もっとみる
スキありがとうございます!
1

【ジャネット・ヘイズ】パクリという悪の美学が、国家の指針を変えた瞬間

さて、みなさんは「アプロプリエーション」というアートの表現技法をごぞんじだろうか?

美術史や広告やメディアや消費物など、既成の表象体系からイメージを取り出し、新しい文脈に組み入れる行為。「盗用芸術」と翻訳される。
1960年代のポップ・アートやゲルハルト・リヒターやジグマール・ポルケによる広告やプロダクト・デザインのイメージのコピーが先駆的作品である。

盗用芸術……。

そうなのである、アプロ

もっとみる

中国にとって「金の卵」香港 - 貿易編。

5.27稿.中国にとって「金の卵」香港。 では主に「お金」=金融の部分にフォーカスして書いたが、今度は「貿易」について少し調べてみた。専門ではないのでザックリになってしまう部分もあるが、どうかご容赦を。

 香港は「フリーポート」(Free Port)と言われるが、税制などをアジアで同じ位置づけに当たるシンガポールと比較してみよう。

 <香港>

 ・基本的に関税ゼロで通関できる(酒、タバコなど

もっとみる

種苗法に反対する人の農業に対する無理解について(少し追記しました)

柴咲コウさんのTwitter発言による影響は、本人が誤解を招くような投稿を削除しつつ、誹謗中傷には断固とした態度をとるという、反省しているのだかいないのだかわからない事態になっている。また、諸悪の根源の山田元大臣も、農家の主張を自分勝手にねつ造して主張した記事が訂正されているなどしている。とりあえずこの2名の発言の信頼性は少しは揺らいでいるとはいえ、種苗法改正についてはまだ多くの人が誤解を残したま

もっとみる

種苗法改正案のどこがいけないのか

こんばんは。
文春砲炸裂のおかげで、現在は種苗法改正よりも検察庁改正の方が大きな論争を巻き起こしておりますが、こちらも重要な問題ですので、今日はこの点について考えてみたいと思います。

種苗法改正については、元農林大臣の山田正彦さんが、ずっと反対の主張を続けてました。

ただ、山田さんはどうもTPP絶対反対のイメージが強く、そのTPPはトランプ大統領が就任直後に離脱を宣言したのでそもそも米国主導で

もっとみる
スキありがとうございます。嬉しいです。
1

日本人が暖かい気持ちを取り戻すには

愛読してる作家さんがとても考えさせられる内容を発信していたので、僕も考えてみた。政治的な話にまで飛躍しちゃったから、正直、俺様理論みたいになったけど。

それでも、
「どうしたら日本人は優しく、穏やかになれるのか。」
なんとなく思う事がまとまったので書いておきたくなった。

切り口は色々あるだろうから、最近見てるガンダムから話を発展させて書いていこうと思う。

1.ガンダムから豊かさを学ぶ

まず

もっとみる
ありがとうございます。あなたの今日ががよくなりますように。
8