RPA

my noteがオーバーヒートした件

どうやらbuzzり気味のようです😷
当『デザイン思考と本質追究を楽しもう♫』に
【フォロワー数・急増】の波が来ました🏄

人気が出て、何かの記事が話題評価になって、の類だと全面的に望ましいことなのですが、そうとも言えないような気がしています😫

代わりの、その”きっかけ”、が限定的なんです。
その地点とは… 『note』の世界への〔入り口〕で。

『note』についてより深く知りたいと思って

もっとみる
次の記事もお楽しみに🎶
92

【定期】AIと人間/人間とはなにか

昨年からですが、RPA、AIによる自動化(DX)について情報収集をしている中で、「人間でなければならない仕事(行動)とはなにか?」を常に考えています。

いろんな方の意見を伺いたく、もしよろしければ、どんな小さなことでも良いのでコメントを頂けると嬉しいです。

(約1500字、4分)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて、28万部突破した「AIvs教科書が読めない子供たち

もっとみる
ありがとうございます!頑張りますので今後ともよろしくお願い致します。
6

コールセンターと創造的破壊

創造的破壊とはなにか 

Wikipediaを見ると「ヨーゼフ・シュンペーターによって提唱された経済学用語の一つであり、経済発展というのは新たな効率的な方法が生み出されれば、それと同時に古い非効率的な方法は駆逐されていくという、その一連の新陳代謝を指す。」と書いてある。

要するに、新しいテクノジーやプロセスのイノベーションが起こると、それが一気に広がって、古い方法は忘れ去られるということだ。

もっとみる
Thank you very much for your Suki..

ひとり税理士+ソフト屋さんの攻防記 RPAについて考えてみた。

いつかブーメランのように自分に帰ってくるんじゃないかと思い、今年は、「毒を吐かない、disらない」ことを目標にやっていこうと思います。

 正月早々、オグ・マンディーノの世界最高の商人を読み、ドラマ3年A組の菅田将暉を見てその思いを強くしました。

 さて、今回は業界で話題のRPAについて、税理士とソフト開発者の視点で毒を吐かないように考察してみたいと思います。

 結論からいうとRPAの将来性は

もっとみる

APIを使った業務全体の改善

中部会計人互助会の勉強会で登壇してきました。テーマは「API」について。資料は昨年7月のfreeeさんのセミナーで登壇した際のものをベースに少しアップデートを加えたものです。

freeeアプリストアも少しずつ対応アプリが増えていますし、これから業界特化型のVertical SaaSが増えてくることを考えると、「APIとはなにか」「APIを使って何が出来るのか」を理解しておくことは会計業界に限らず

もっとみる
ありがとうございます、励みになります。
44

LINE Messaging APIのイメージマップ・リッチメニューのボタン領域設定の悩みをGoogleスライドで解決した件

LINE Messaging APIでLINEBOTアプリケーションをつくるうえで一番手間がかかるのはコーディング・・・ではありません。

イメージマップとリッチメニューの設定です。

どちらも、ボタン領域を設定するのに、座標・サイズを計算する必要があり、今まではPowerPointで図形を重ねてエクセルでデータ入力して計算するという手順を踏んでいました。

この作業をGoogleスライドを使って

もっとみる
いつもありがとうございます(*´꒳`*)
6

ボットドック(LINE公式アカウント)に翻訳・OCR・郵便番号検索・QRコード発行・PDF生成機能を追加しました

ボットドックは、LINEBOTを普及させて世の中を良くしていきたいという願いを込めて開発しています。LINEBOTを開発するフレームワークのような側面があり、noteでは先日マニュアルを紹介させていただきましたが、むしろ「作る」と「使う」なら使っていただく場面の方が圧倒的に多いと思い、LINEBOTを使う便利さも味わっていただけるように日々アップデートしています。

Instagram、Twitt

もっとみる
いつもありがとうございます(*´꒳`*)
11

投資の最適手法って結局何?(後編)

前編に引き続き、ウォール街のランダム・ウォーカーの内容の私なりのまとめです。

本著の内容を以下の4点についてまとめました。後編では(3)、(4)に絞ってお話しします。

(1)継続性のある貯蓄計画で時間をかけて運用する

(2)分散投資が大原則

(3)インデックスファンドを中心としたポートフォリオを組む

(4)PER( 株価収益率) / PBR( 株価純資産倍率) が 低い 銘柄=バリュー株

もっとみる

RPAホールディングスの2019年Q3決算を読み解く

今回はRPAホールディングスの決算をみていきます。

RPAホールディングスはいま流行のRPA(Robotic Process Automation)によって顧客企業の事務効率化を支援するSI事業を中心に据えた企業として昨年上場しました。

しかし、どうも決算内容をしっかりみていくと、事業の中核は別の部分にありそうです。

今回はそういった部分を中心に解説していきたいと思います。

なお、同社は上

もっとみる

RPA導入までに理解しておく5つのこと

RPAの導入案件に関わらせて頂いて、おかげさまでたくさんの気付きがありました。
その中で、事前知識として特にこれは押さえておくべきだな、と感じたポイントをまとめてみました。少しだけお付き合いください。

1.ロボットとのかかわり方

当たり前のように聞こえると思いますが、ロボットは指示した内容しか実行しません。いわゆる忖度というものができないのです。これは新人アルバイトに指示をすることに似ています

もっとみる