FATF

金融の「融」=殺「虫」剤が劣化中

日本の「金融」の「融」には、外(害)”虫”を退治・浄化する日本的道徳観があった。

しかし、平成時代に日本金「融」界は「虫」だらけになっている。

昨年10月28日以降、マネロン(資金洗浄等の経済犯罪)対策の国際機関FATFが日本金融を審査中。

金融界で劣化した道徳観を再生して日本金融を再生すべきだ。

もっとみる
誠にありがとうございます!(*^O^*)!

FATFの相互レビューについて

10月最終週よりFATFのPeer-Reviewが日本で始まりまして。マネロン/テロ資金防止(AML/CFT)はKYCと非常に関連性が強く、今後日本でのFintechの推進にとって結構クリティカルだなあと思っておりますです。
 FATFのPeer-reviewインサイト審査は10/28から始まり、来夏には報告書が出される予定で、報告書の内容次第では犯収法/関連規制の改正が想定されるところ、各所への

もっとみる

FATFと15ヶ国はマネーロンダリングなどを防ぐため暗号取引追跡システムを開発します

暗号資産の不正使用を防止するためにG7を含む世界の15カ国は暗号取引を追跡するシステムを開発することがわかりました。

この新しい追跡システムは、マネーロンダリングやテロ資金供与、不正使用されたりするのを防ぐことを目的としています。

FATF(金融活動作業部会)が中心となり、日米欧の主要7カ国(G7)やオーストラリア、シンガポールなど約15カ国が、現在世界中の銀行などが国際送金で利用しているSW

もっとみる

「金融ダークサイド」暗号資産規制を左右するマネロンの実態を垣間見られる好著

暗号資産をどう規制すべきか、Facebookが発表した決済手段Libraを認めるべきか、G20やG7といった場で活発に議論されている。論点は如何にしてマネーロンダリングを防ぐかだ。といっても多くの日本人にとって、マネロンといわれても何をどう洗浄するんだか正直ピンと来ない。

本著は元経済ヤクザだった著者が自己の苦い経験も織り交ぜながら、ゴーン事件など日本人にとって身近な事例を元に、国際政治とマネー

もっとみる

海賊版サイト対策 ブロッキングの前にやるべきこと

7月26日に知的財産戦略本部で海賊版サイト対策の議論が再開された。委員からはブロッキングの早期検討再開を求める意見が出たという。先の参院選では表現の自由、海賊版のアップロード側への対応が重要と訴えた山田太郎議員が自民党で比例2位の約54万票を獲得するなど、海賊版サイト対策のために表現の自由を犠牲にすることを許さない民意が示された矢先のことだ。

今回から「チャタムハウスルール」といって、各委員の発

もっとみる

FATFとは?G20で注目のFATFと仮想通貨の関係について改めて解説します

はじめまして。Fintertechマネジメントグループの新藤です。

自己紹介

以前は大和証券で法務業務を担当していました。入社後しばらくはコーポレート法務(株主総会運営、当局対応、諸規程整備等)を担当し、その後米国へ留学しニューヨーク州弁護士資格を取得。帰国後は当社に入社するまで国内外のトランザクション法務(マーケット部門、主にデリバティブ回り)を担当していました。
ブロックチェーン、仮想通貨

もっとみる
ありがとうございます!
13

FATFはG20での議論に向けマネロン対策のガイドラインを新たに発表。

FATF(金融活動作業部会)は暗号資産の監督法を明確化するためのガイドラインを新たに発表しました。マネーロンダリングやテロ資金供与の防止策としてFATFの加盟国に対して規制強化を促します。

FATF(金融活動作業部会)とは:マネーロンダリング対策やテロ資金対策などにおける国際的な協調指導、協力推進などを行う政府間機関のこと

暗号資産のマネーロンダリングとテロ資金供与を防ぐため、取引所やVASP

もっとみる