桐島 東南アジア(ASEAN)ゼミ ~国際協力と日・ASEAN探究~

東南アジアを探求する桐島です。経済学学士(京都)、国際関係学修士(アメリカ)、内閣府東…

桐島 東南アジア(ASEAN)ゼミ ~国際協力と日・ASEAN探究~

東南アジアを探求する桐島です。経済学学士(京都)、国際関係学修士(アメリカ)、内閣府東南アジア青年の船(SSEAYP)参加者。東南アジアの魅力を発信します♪ 全英語資格、行政書士取得者です。 連絡先→https://note.com/dokushozamurai/message

マガジン

最近の記事

コーヒーブレイク25回目:「官僚没落」、国家公務員(キャリア官僚)のお仕事

今回は、7月8日に出版さればばかりの「没落官僚」(中野雅至)という書籍を紹介しようと思います。 まずは、単刀直入に読了後の感想ですが、 「読みにくい!」、「主張が伝わりにくい」、「中野雅至氏は頭が悪いのだろう!(少し過激ですみません…)」 それでは、どういうものが読みやすいの?! と気になる方がいらっしゃると思います。 頭の良い人のレポート(神田財務官レポート) それは、こちらのレポートになります。 「国際収支から見た日本経済の課題と処方箋」懇談会 報告書 h

    • コーヒーブレイク24回目:国家公務員(キャリア官僚)のお仕事Part11(法律措置、予算措置、経産省の紹介)

      22回目の続きになります。 問題 第二次岸田政権のどのような政策が、大きな政府の経済政策(=財政拡張政策、統制経済)に当たるでしょうか? 答え いくつかありますが、1つ目は半導体支援です。 1.半導体支援 まずは、日経新聞の記事を引用します。 半導体支援政策の作り方 さて、記事では、多額の補助金や政府保証を付けたい経産省と、財政規律を遵守したい財務省の違いが浮き彫りになっています。 それでは、記事には、経済財政運営と改革の基本方針(骨太の方針)や、予算など色

      • コーヒーブレイク23回目:国家公務員(キャリア官僚)のお仕事Part5-2(外務省の紹介)

        18回目の外務省の紹介のPart5の続編で、Part5-2になります。 省庁批判本(外務省、財務省、経産省) 時たま、官僚OBによる省庁批判本が出版されます。 これらの共通点は、官僚として30年近く勤務した人が、組織内で先が見えてきたタイミングで、役所を去って、徹底的に所属していた省庁を批判しまくる点です。また、全て、講談社から出版されたという共通点があります。 省庁提言本(経産省、厚労省) 他方、省庁を10~20年で辞めた方が、永田町や霞ヶ関や省庁に対して、政治主導

        • ㊷ミャンマー情勢(日本人の拘束、国軍の暴走、新たなPhaseへ)

          前回の続きです。前回のタイトルは、「2024年が経済の限界か?」でした。 ただいま、ミャンマーは、日本人が拘束されたことで、また注目を浴びるようになりました。 日経新聞記事の情報 まず、日経新聞から日本人拘束の内容を抜粋します。 物価高対策の解説 ミャンマー経済の詳しい実態は、以下で解説したので、以下をご覧下さい。 現在、ミャンマー軍政が統制しているのは、以下の5つです。 1.米ドル(記事㊵参照) 2.金(記事㊵参照) 3.燃料(ガソリン、軽油) 4.食料油(パ

        コーヒーブレイク25回目:「官僚没落」、国家公務員(キャリア官僚)のお仕事

        マガジン

        • コーヒーブレイク
          34本
        • 10万円講座:キャリア官僚の速読術、資格取得、ソフトスキル
          25本
        • ミャンマーを知ろう♪
          42本
        • 本の紹介
          19本
        • 書を持って、旅に出よう!
          71本

        記事

          コーヒーブレイク22回目:国家公務員(キャリア官僚)のお仕事Part9(経産省の紹介)

          前回の反響が多かったので、今回も経産省の続きを紹介します。 私が、前回のPart8で説明した内容が、わかりやすく示されている資料(METI Career Guide)が公表されていました。2024年6月の最新の資料ですので、ご覧下さい。 https://www.meti.go.jp/information/recruit/career/pdf/METICAREERGUIDE2024.6ver.pdf 質問への回答(Q and A) それでは、まず、個別にいただいた質問

          コーヒーブレイク22回目:国家公務員(キャリア官僚)のお仕事Part9(経産省の紹介)

          25限目:資格取得術(資格まとめ)→なんで資格とるん?

          いままで、私が取得した資格を紹介してきましたが、記事が色々な箇所に散乱していて、わかりにくいので、改めてまとめます。 資格取得は、何よりも、「取得しなければいけない!」「絶対に取得したい!」という強い動機(モチベーション)が重要だと思うので、改めて動機も記載したいと思います。 なんで資格とるん? 資格を取る理由は、「自分との闘いに勝つため」です! 大谷翔平選手、早田ひな選手、羽生結弦選手など、活躍を見るたびに、スポーツは、自分の努力だけではどうにもならず、相手の実力を

          25限目:資格取得術(資格まとめ)→なんで資格とるん?

          コーヒーブレイク21回目:国家公務員(キャリア官僚)のお仕事Part8(経産省の紹介)

          長らく時間が経ってしまいました。 本シリーズは、以下の18回目から順に、外務省→総務省→財務省→経産省→警察庁の順で、霞ヶ関の5大省庁の紹介をしています。 今回は、経産産業省です。長いので、経産省と略します。 「経産省、事件」と検索すると、 ●「性的暴行など7件 経産省の元職員に懲役10年の判決 東京地裁」 ●「コロナ給付金詐欺 経産省元職員2人に 実刑と執行猶予付き判決」 ●「経産省20代キャリア官僚「覚せい剤密輸」」 という結果が出てきます。 他方、経産省といえ

          コーヒーブレイク21回目:国家公務員(キャリア官僚)のお仕事Part8(経産省の紹介)

          ㊶ミャンマー情勢(2024年が経済の限界か?)

          前回のミャンマーオワタの続きです。 ミャンマー経済は危機的状況ですが、2024年に起きている不穏な動きを報告します。 世界銀行レポート(2024年6月12日) 世界銀行がレポートを公表しました。ミャンマーの経済状況が1番よくわかる資料ですので、最新の情報にキャッチアップしたい場合は、参考にしてください。 少しだけ内容を紹介します。 経済見通し(発展停止国) ミャンマーの2019年の実質GDP成長率は、6.6%でした。 しかし、2020年、2021年とそれぞれ、マイ

          ㊶ミャンマー情勢(2024年が経済の限界か?)

          劣等感(コンプレックス)の超克 Part6(霞ヶ関での武者修行)

          前回の続きです。 省内の人事を巡るバトルであるGreat Gameの話です。 民間企業の会社員も、入社してから10年ぐらいすると、人事管理をしなければいけません。 入社してから数年間は、自分のことだけ考えて、自分の仕事をしていれば良いですが、管理職に近づくと、自分の所属する課に所属する人たちの人事管理(マネジメント)をしなければいけません。これが本当に、本当に大変です。 省内の人事を巡るバトル 私の所属する省庁では、はやくも8年目の総括補佐(=中間管理職)の時に、課員

          劣等感(コンプレックス)の超克 Part6(霞ヶ関での武者修行)

          ㊵ミャンマー情勢(救いようのない絶望の国)ミャンマーオワタ(_ _)

          前回の続きです。久々に現在のミャンマーの経済情勢をまとめます。 経済音痴の将軍様(バカ殿)独裁国家の将軍様というのは、かなりオツムのレベルが低いです。特にミャンマーはドンピシャです。 いくつか例を挙げたいと思います。 ミャンマーに投資が来ないのはおかしい!?by副司令官 現在のミャンマーにおけるNo2のソーウィン(Soe Win)副司令官は、5月23日にこう発言しています。 「タイと比べて、海外からミャンマーへの投資が少ないのっておかしくない?!誠に不満じゃ!」

          ㊵ミャンマー情勢(救いようのない絶望の国)ミャンマーオワタ(_ _)

          24限目:外国人雇用労務士(外労士)→試験結果は?!

          本日、5月26日(日)10時~12時(日本時間)に外労士(外国人雇用労務士)の試験をオンラインで受けました。 11時30分過ぎに、サーバーがダウンして、自分だけアクセスできないのか、サーバー自体がダウンしたのかわからず、焦りました( ゚Д゚) 15~20分近くダウンしていました。 「え、桐島さん、凄いですね。社労士って結構難しいのではないですか?」 という質問が来そうですが、 「No, No. It is Gairoshi. Not Sharoshi. Sharos

          24限目:外国人雇用労務士(外労士)→試験結果は?!

          劣等感(コンプレックス)の超克 Part5(霞ヶ関での武者修行)

          前回の続きです。 今回は、全く休暇がなく、睡眠時間も削り、非人間的な生活を送っていた地獄の法律改正業務を終えた後のストーリーです。 社会人8年目の新しい部署では、管理職の1つ下のポストである総括補佐を拝命しました。 国際会議の運営 法律改正で、勤務時間が恐ろしく長く、コンプレックスしか感じていなかった部署から、英語を使用する国際会議の運営をする部署にきて、Comparative Advantage(比較優位)を感じました。 留学の成果である英語力を活かせるポストだっ

          劣等感(コンプレックス)の超克 Part5(霞ヶ関での武者修行)

          気分転換コーヒーブレイク(元気のでるMusic案内~Part2~)

          前回の続きのPart2です。 7.情熱大陸 テレビの「情熱大陸」の主題歌です。 ディスコ風テーストで、アゲアゲの気分になります(言い方が古い?) 伴奏を挟み、全体的に長めなので、ランニング時に聞くのに最適です。 8.できっこないを やらなくちゃ サンボマスターの元気が出る曲です。 困難が目の前に立ちはだかっている時に、聞いてみると、なぜか出来る気になる曲です。 ボーカルの山口隆さんの煽りもいい感じです。 口ずさみたくなりますね♪ あきらめないで どんな時も

          気分転換コーヒーブレイク(元気のでるMusic案内~Part2~)

          本の紹介13冊目:日本を出よ!「流出する日本人」、「日本のシン富裕層」

          この記事は、 ~日本で働くこと、日本に住むことに嫌気がさしている人~ ~日本を出て海外移住を検討している人~ ~オーストラリアで寿司を握る職人になろうとしている人~ 向けです。 流出する日本人 By 大石奈々 海外在住を目指す人にとって、こんなにまとまりの良い本は、他にはありません。 群を抜いて秀逸な書籍です。 筆者(大石奈々さん)は、オーストラリアのメルボルン大学アジア研究所の准教授です。 過去23年間を海外4ヶ国で過ごした、人の国際移動の専門家です。 まず、驚い

          本の紹介13冊目:日本を出よ!「流出する日本人」、「日本のシン富裕層」

          気分転換コーヒーブレイク(元気のでるMusic案内~Part1~)

          ~努力しまくっている人~ ~最近、少しモチベーションが落ちている人~ 向けの記事です。 今回は、私(桐島)が、モチベーションダウンした時によく見ている(聞いている)動画の紹介です。 1.Another Sky ANAの機内で流れる葉加瀬太郎作曲の音楽です。 コロナ禍の辛いなかで、ANAの従業員が1人1人のMusicの才能を発揮して、葉加瀬さんが、みんなをOcestrate(オケを鼓舞して率いる)する。 感動ものです。飛行機の機内に搭乗した錯覚にも襲われるため、気分転換

          気分転換コーヒーブレイク(元気のでるMusic案内~Part1~)

          劣等感(コンプレックス)の超克 Part4(霞ヶ関での武者修行)

          前回の続きです。 東村アキコ先生の「かくかくしかじか」 前回から時間が空いてしまいましたが、東村アキコ先生の「かくかくしかじか」5冊を一気読みして、以下のシーンに涙ぐんでしまいました。 東村アキコ先生の漫画家としてのコンプレックスをあけっぴろげに打ち明けたストーリーに共感しました。弟子と師匠に美しい関係が描かれています。 「かくかくしかじか」を読んで、「あ~、書(描)かなければ!」と、自分のコンプレックスの連載記事を思い出しました。 本題(留学後の話し) さて、本

          劣等感(コンプレックス)の超克 Part4(霞ヶ関での武者修行)