三日坊主

金融業界の所謂バイ•セルサイド両方の外資系金融の就業経験があり、株式と債券、PEや不動産を含むオルタナ投資など、 多くの金融商品取り扱い経験もある。社会情勢や個別企業・業界全体の動向(リサーチやSDGs等)取り組みあり。 Twitterアカウント→@3daysbozu
    • トレンド探し
      トレンド探し
      • 318本

      金融に限らず、世の中のトレンドで気になったことを、まとめるようにしています

    • Withコロナ関係
      Withコロナ関係
      • 160本

      Withコロナ下での変化や現象について、まとめています。他のマガジンとも重なりがあるものも多いです。

    • 最強の外資系資産運用術 関連
      最強の外資系資産運用術 関連
      • 14本
    • 風景写真シリーズ
      風景写真シリーズ
      • 3本

      旅行で自ら取ってきた風景写真を中心に掲載

    • 2020年の経済見通し纏め?
      2020年の経済見通し纏め?
      • 5本
    • すべてのマガジンを表示
固定された記事

『最強の外資系資産運用術』by 前プレ

前プレの谷さんに、 書籍『最強の外資系資産運用術』の簡単なプレゼンを作成頂きました! 大変ありがとうございます。

政治リスク(国内編)の影響は①

コロナ一色であった政界もワクチン接種が進み始めたことで、少しずつコロナ禍前の状態へ。それに伴い政治リスク(もしくは選挙リスク)が顕在化しているのかな、と国内外の…

金融面は最悪期脱却であっても。。

新型コロナ感染による経済活動の下支えするため出された、世界中の強力な金融政策に続いて、各国の財政政策も功を奏して企業格付けは徐々に格上げ方向へ。 米格付け会社S&…

不都合な真実⑫

約一か月ぶりに『不都合な真実シリーズ』を書いてみようと思います。 『不都合な真実シリーズ』の過去投稿はこちらになります。 Part1、Part2、Part3、Part4、Part5、Part…

次なるゲームチェンジャーとなるか

現代社会の情報が溢れまくっている中で、どれが大きなインパクトをもつ情報かどうか、というのは分かりにくくなっている印象を受ける。その中でもこの2つの件については今…

金余りの後遺症か?

コロナ禍で先進国を中心にワクチン接種が進む中、経済活動の回復を背景とする、昨今の高インフレの兆候を受け、米国FRB(中央銀行)の大規模な金融緩和政策に関する変更が…