SDGs

万能!洗濯用液体マグちゃん

新年明けましておめでとうございます。                名古屋店スタッフの永野です。                    本日は洗濯用液体マグちゃんについてお話させていただこうと思います!

■洗濯用液体マグちゃんって?

液体マグちゃんとは「水とマグネシウム」だけで作られた、弱アルカリ性の液体です。こちら単体での洗浄効果は弱い為、洗たくマグちゃんと併用してお使いいただくものになりま

もっとみる

困難は多角面から分割し関連させよ  by 池田翔良 / 能代高等学校(秋田) #住み続けられるまちづくり

 今回、僕は#せかい部×SDGs探究プロジェクトの高校生レポーターとして、SDGsの「3・住み続けられるまちづくり」をテーマに探究活動をしてきました。そこから僕は世界のあらゆる課題は「多角面から見る」「細かく分割」「お互いに関与」することが重要なのだということを総合的に学びました。

・そもそも「住み続けられるまちづくり」とは?
みなさんは「住み続けられるまちづくり」とはどのようなことを指すと思い

もっとみる

未来を担う私たちに何ができるのか by 越智惺椛 / 久留米信愛高等学校(福岡) #生物多様性を守ろう

0はじめに
現在どこの国・地域でもSDGsへの関心が広まる中、活発的に動いていないのが現状である。そのため地球問題、人種差別、貧困問題が加速している傾向にある。だから私にも何かできないのか考えた際に、この#せかい部xSDGs探究活動というのを見つけ、さまざまな考えをもっている高校生とともに考えを共有した。その時に何ができるのかいくつか考えてみた。

目 次
0はじめに

1そもそもSDGsとは何だ

もっとみる

SDGsをきっかけに日本は生活者も企業もグローバル視点になれるか

SDGsがあっという間に、
経営者の間では常識になってしまった。

このブーム、日本人らしいと言えばそれまでだ。SDGsの詳しいことは他に譲るとして、CSR活動は長年取り組んでいた企業も多かったので、乗り換えが早かったのも実情だと思う。

すぐにブームになるということは、熱しやすく冷めやすいと言うことだ。
是非、日本企業はSDGsに本気で継続的に取り組んでほしいと思う。

CSRは、企業の社会的責

もっとみる

子ども孝行

わかってる?

アナタは生きるべきだって。

わかってる?

アナタの生き方を観てるって。

わかってる?

ずっと一緒に居たいんだって。

家族になったそのときから。

生を受けたそのときから。

ずーっと一緒にいたいんだって、わかってる?

アナタの人生は、パートナーや子どもに、メッセージを与えている。

アナタの毎日は与えているのだ。

めんどくさいを与えますか?

カッタルイを与えますか?

もっとみる
ありがとうございます!!!
8

女性エンジニア現場日記-雑談編②-

-雑談編①-から続いて、今回もエンジニアOFFばなから話題を展開していこいうかと思います。先日話題にあがりましたブログ記事やYouTuberさんの話からです。みなさんはお気に入りのYouTuberさんやブロガーさんはいらっしゃいますか?ツイッターでもフォロー数がすごい方などいらっしゃいますよね。エンジニアの自分としましては、フォローやチャンネル登録が多い方は殆ど芸能人または著名人の方々で、Web業

もっとみる

石徹白(いとしろ)Life1056日目【豪雪寒冷地にある公共施設の雪囲い事情】

2020年11月8日(日)は秋の恒例、集落総出の冬支度です。

およそ60名の皆さんが集合しました。

小学校、お寺、神社、大師堂など。

上・中・西・下と4つある在所ごとに分担があり、

協力しながら豪雪で窓ガラスが割れたりしないよう防護する板を設置していきます。

私は今年から3年間は「氏子総代」の1人になり、

白山中居神社の雪囲いへ回りました。

水洗トイレがある参集殿を手始めに、手水舎、

もっとみる

石徹白Life1055日目【限界集落と呼ばれる土地で私達が総力を挙げて取り組む秋の結(ユイ)作業】

2020年11月7日(土)「井普請」または「湯ざらい」と呼ばれる集落内の用水路掃除が行われました。

朝8時に約60人が石徹白土建前に集合。

挨拶の後は各自が散らばって動きます。

毎年、春と秋に実施されますが、
作業は水路にたまった落ち葉や流木を除去していくこと。
同時に、周辺の草刈りもします。

湧水が豊富な石徹白地区とはいえども、
かつては水路が整備されておらず田んぼで米づくりをしにくい状

もっとみる
\(^o^)/\(^o^)/
1

11月25日【参加者募集】縄文型SDGsの超絶まちづくり〜自然と共存共生する1万年の奥義とは〜など

◆0.概要

地域循環共生圏づくりでカギとなる地域ビジネスの創発をテーマに
最新情報やまちづくりについてセミナー形式で学んだり、ワークショップで深めます。
オンライン配信も行います。

EPO中部主催・初の地域循環共生圏パートナーシップ基盤強化ミーティング
「郡上の未来づくりビジネスを考える」を岐阜県郡上エリアで開催。

◆1.実施日:2020年11月25日(水)
13:30 ~16:00 (※開

もっとみる

若い仲間とnote再開します

長らくお休みしてしまいました。

コロナ・・・・を理由にしないと言いながら、コロナを自身の言い訳にしたのかもしれません。

文章を書くことは日々のトレーニングと似ていて、一日休むとそれだけ次に書くことに抵抗が生じたり、普段通りに表現できなくなるものだと改めて感じています。

さて、この約半年の間に大きな変化がありました。

2016年4月より経営改革室長として携わってきた大分トリニータとの契約が満

もっとみる