休日

ただの日記に見せかけて好きなものの記録のフルバージョン

昨日わたしの理想の休日だったの

まず土曜日の朝早起きするでしょ

天気は晴れ、雲ひとつないような青空でしょ、わたし晴れ女だし晴天の時にパワーチャージする

飯田橋に行って、神楽坂

雰囲気好き

ここ

お茶が楽しめるの〜〜わたしはほうじ茶が大好きだからほうじ茶飲みに行くって決めてたんだけど、種類が沢山あって喜びの困惑

大好きな京都と、

もっとみる
ありがとうございます♡
4

飯田橋駅前(ほぼひとりごと(2020年11月15日(日)))

(写真は、飯田橋駅前の歩道橋から撮った、大曲、江戸川橋に続く目白通り。遠くに見えるマンションは、社宅が建て替えられたものです)
#大曲 #飯田橋 #神田川

飯田橋駅の先、目白通りは、東京書籍販売(東販)や凸版印刷本社のある大曲で左に大きくカーブをします。郊外から流れてきて、江戸城の外堀に合流する神田川に沿って、江戸川橋に向かいます。

40年ほど前、大曲にあった社宅に住んでいたことがあります。

もっとみる

飯田橋〜神楽坂 パン屋3軒食べ比べ

Bonjour! 東京から陸サーファー的にフランスを語るわたくし、新行内です。

先日フランスかぶれの聖地、飯田橋〜神楽坂を散歩してきた。
その時の記事はこちら👇

今回はその散歩中に立ち寄った3軒のBoulangerieで買ったパンやお菓子を紹介する。

1軒目 Paul

まずは神楽坂の中腹にあるこのお店、ポール。フランスのリールで1889年に創業された老舗である。世界20か国以上、日本では

もっとみる
読んでいただいて嬉しいです。
16

東京フランスかぶれの聖地 飯田橋~神楽坂を歩く

Bonjour! 東京から陸サーファー的にフランスを語るわたくし、新行内です。

提出忘れをしてしまった書類があり、飯田橋のとある施設に届けに行った。本当は郵送でよかったのに、電車に乗って届けに行った。渋谷や新宿なら郵送していただろう。

ご存知の方が多いと思うが、飯田橋〜神楽坂はフランスかぶれの聖地である。フランスかぶれを名乗る私は定期的にその地を巡礼する必要があるのだ!

提出書類を渡し終える

もっとみる
私もスキです。ありがとうございます。
18

bar でこや

中学生の頃からものすごく好きだった作家の中井紀夫氏。

多感な少年時代の、下手するとそっからの人生を大きく変えたのではと言っても過言ではないんじゃないかというくらい影響を受けた作家です。
今や絶版で入手不可能(その後、無事に電子書籍化されました)のハヤカワ文庫、「能なしワニシリーズ」、そして「タルカス伝シリーズ」の作者である中井紀夫氏が、飯田橋でお店を出していると知って、ドキドキしながら訪れてみ

もっとみる
ありがとうございます!スキうれしいです(^^)
1

新宿区 熱海湯

2020.11.06.

仕事を銀座一丁目で終え、新宿区をそろそろクロージングしようとラストスパートでこちらに。神楽坂を下るか、飯田橋を登るか、どっちでもいいけれど、私は往路は飯田橋、復路は神楽坂を利用した。

おおう、宮造り!向かいの八百屋さんから撮影させてもらうが、立派です。例によって回数券でお支払いし、姉妹店情報について伺う。すると、出るわ出るわ。番台に座られている女将さんの義理のお父さんが

もっとみる
ありがとうございます!
4

歯を食いしばるのはもうやめよう

うっかりすると書かない日がこんなにも出来ていて、自分でも何をしていたのか記憶が曖昧です、が、ここ最近は集中的に制作をしたり画材屋さんへ相談に行ったりなどある意味とても濃密な日々でした。

それもこれも、友人が絵を二枚購入してくれたのでした。

先日額縁のオーダーが済んでまだ完成品は手元に届いていないのですが、とても勉強になったし、額縁付きの商品に関しての説明をもう少し手を加えた方が良い気がするな。

もっとみる
やた!ありがとうございます!