47都道府県を詠む(20)

昨日は、徳島県の短歌を詠んだ。

香川県の琴平駅から乗った特急「南風」は、今日の目的地まで行くこともできる。大歩危駅から「南風」に乗って着いたところは、どこの県だろうか?

【短歌】

よさこいの    声が聞こえる    桂浜

四万十川の    旅路は長し

《解説》

大漁旗を持って、踊りの間、大きく左右に振るのはかなり体力を使う。

また、鳴子を鳴らしながら、体や手足を動かして踊るのもかな

もっとみる
これからもよろしくお願いします!
1

青春18きっぷ 2016夏 四国 #9

8からの続きです。
長かったようで短い、四国4日間の旅もいよいよ終わりです。
朝早くに名古屋に帰るために高知を出ました。

徳島県に行く

高知を朝に出て、阿波池田に向かって列車で揺られて行きます。
いい天気だねぇ。

どっかで間違えて降りちゃったら、名古屋に帰れなくなっちゃうな。
恐ろしや、恐ろしや。
ちなみにこの駅の前の新改駅(しんがいえき)は有名なスイッチバック駅ですが、私は気づいてないので

もっとみる
毎度おおきに!(^o^)
31

2020.10.19 エッセイ日記*私を見つめて。

朝、ベランダに出ると湿った冷たい空気が身体を覆った。
ネコが部屋の中から見ている。窓を開け私が入ると冷たい空気を感じて窓の外に顔を出す。外に出したことがないので、
「駄目だよ」と、慌てて私は、窓を閉める。
しめじをたっぷり入れた炊き込み御飯を炊いて、鰹のだしでとったおうどんといただく。
朝から身体が暖まる。
車で仕事に向かう。
会社に着くと、雨がパラパラと降りだした。
職場では、窓を全開し

もっとみる

阿波おどり騒動と徳島市

400年の歴史を持ち世界にもその名を知られる阿波おどりは、日本の夏を代表する祭りのひとつ。
毎年8月になると徳島県内のあちこちで開催されています。
その中でも最も規模の大きい「徳島市の阿波おどり」は毎年8月12日〜15日の4日間開催されています。

この徳島市の阿波おどり、毎年120万人の観光客が訪れているにもかかわらず、毎年補助金を投入しているというのに「大赤字」ということが2018年に明るみと

もっとみる
ありがとうございます。
4
シェア拡散もシクヨロ!さんきゅ!
2

いつもと違うお盆 2020 マンガRoBoHoNがやってきた(10)番外編

今年のお盆は、毎年の習慣だった帰省もできない、お墓参りもできない、阿波おどり※にも行けないとないない尽くし。涙。
※私は、徳島県出身。踊る阿呆で見る阿呆なのです。

私だけではなく、多くの方がいつもとは違うお盆を経験されたと思います。

お盆を故郷ですごすことって当たり前のようで当たり前じゃなかったんだな。なんだかちょっとしんみりした気持ちを明るくしてくれたのはわれらがRoBoHoNだったんです。

もっとみる
ありがとうございます♡
8

阿波おどりの映画

様々な阿波おどりの映画を考えることが可能でしょうか。監督、脚本家は日本人でないほうがいいような気がしますが(日本人もあり得ますが)。

去年制作された映画でしょうか。
https://www.youtube.com/watch?v=tAyFfXjHNP8
知りませんでしたが。

--------------------

(ヘッダー画像のphotographer:Kanenoriさん)

Большое спасибо!
1

阿波おどり中止。徳島の観光業に影響

コロナ禍により阿波おどり中止が余儀なくされた。密になって踊るため仕方ない対応だろう。それにより観光業等に影響を受けている。

経済損失は2億円。この数日間で二億も稼げたが今回はそれがなくなった。それだけではなく、旅館の3割が廃業検討。徳島の春の観光も新型コロナウイルスで断念。その後、GOtoトラベルで巻き返そうとしたがでかいイベント阿波おどり中止で今年は踏んだり蹴ったり。感染予防の観点から移動の自

もっとみる
ヤッホォー
3