道路交通法

もう言い逃れは許しません!

「はい、20キロオーバーね」
「ちょっと今回は見逃してよ〜お巡りさ〜ん」
なんてやりとり。日本ではよく(?)見られる光景。

香港は去年のデモが起こって以来、たくさんの警察がデモ鎮圧の為に駆り出されて、交通の取り締まりにまで手が回らなくなってしまってから、香港の道路は現時点でもひどい有様になっております。

路上駐車は当たり前。それどころか3車線の車道の2車線が不法駐車で塞がっていたり、道路の曲が

もっとみる
ヤッター!嬉しいです♡ありがとう。
10

ルールではなく法律です

信号機のない横断歩道を歩行者が渡ろうとしている場面で、9割以上のクルマが一時停止していないことが、JAFが行った信号機のない横断歩道での歩行者横断時における車の一時停止状況全国実態調査で判明しました。また、実態調査に先駆けて行った「交通マナー」に関するアンケート調査の設問で「信号機のない横断歩道で歩行者が渡ろうとしているのに一時停止しないクルマが多い」との回答が約86%にものぼりました。これらの結

もっとみる

20年10/27 「ひょっこり男」逮捕!「島流し」の刑に処する。

桶川市などで、自転車で悪質な煽(あお)り運転をしていた男が逮捕されました。近隣住民からは「ひょっこり男」と迷惑がられていたそうです。

厳罰化した改正道路交通法では初めてだということですが、遅きに失した感があります。

この男に限らず、自転車での運転マナーの悪さは目に余るものがあります。自転車は軽車両と位置付けられ、道路交通法が適用されます。悪質な運転者には厳罰で臨んでもらいたいものです。

少し

もっとみる
ありがとうございます、他もお願いします!

山本太郎戎橋演説は許可が必要だったのか?

ポイント

①大阪府条例とされているものは「条例」ではなく「規則」
②「一般交通に著しい影響を及ぼすような」ものでなければ許可は必要ない
③表現の自由は最大限の尊重を必要とする

経緯

2020年10月12日、大阪ミナミ(戎橋)でれいわ新選組代表山本太郎さんが演説中、警察から演説の中止を求められたという問題です。詳しい経緯はこちらの記事を参照してください。

大阪府条例で許可が必要?

この問題

もっとみる

奈良県警巡査が48キロ超過のスピード違反

奈良県警の20代の男性巡査が高速道路を48キロ超過のスピード違反で走行し、道路交通法違反容疑で大阪府警に摘発された。男性巡査は2020年4月、大阪府内の高速道路で法定速度80キロを48キロ上回る128キロで走行し、オービス(速度違反の自動取締装置)で違反が発覚、大阪府警に道路交通法違反容疑で摘発された。

男性巡査は当時、大阪府内の友人宅から奈良県内の自宅に帰る途中で、「少しでも早く帰宅しようと急

もっとみる
林田力のnoteにスキありがとうございます。やったー!
12

実はT字路ではなかった

私の先輩はとても雑学のネタが豊富で、頭に収まりきらず口から溢れ出たものは無駄知識と称して色々話してくれる。今後もそのネタはためになるので私もキープしようと思っていて、備忘録という意味でも1つずつ不定期で記していこうと思う。
今回はT字路について!

日本で昔は英語が使われていなかった

やや昔にテレビで取り上げられたようだが、実はT字路ではなく、『丁字路』だそうだ。定義されているのはあの道路交通法

もっとみる
これからもよろしくお願いします!
1

広島県庁職員の法令尊守を手に入れたい人は他にいませんか?

広島県庁の職員による斜め横断は、全くなくなりません。

広島県自身が一切蓋をして事実を認めません。

広島県警察は、取り締まりを致しません。

道路交通法を守れと中央警察署前と広島県警本部前でやると録画され妨害されます。

此の事実皆さんどう考えますか?

広島県議が、不正な資金を受け取る土壌が存在致します。

此の街の常態でヒロシマの発信する「世界平和」を信じますか?

是が偽りの無い廣島の姿で

もっとみる
悪徳議員の事なら聞いてね!
6

運行管理者試験対策#23

◆道路交通法関係(合図等/通行方法等)

方向指示器等の合図等の時期についてまとめてみました。

道交法第53条

これらの行為が終わるまで当該合図を継続しなければなりません。

ここで注意したいのは、進路変更です。右左折時と混同しない事。H30年度第2回で実際に出題されています。

通行方法に関する問題もよく出題されるので覚えておきましょう。

「停留所において乗客の乗降のため停車していた乗合自

もっとみる
ありがとうございます!

運行管理者試験対策#22

◆道路交通法関係(過積載等)

今回は、過積載について解説します。過積載に関しての出題頻度は高く、重要項目となります。特に「過積載の要求等の禁止」についてはよく出題されるので押さえておきましょう。

「過積載の要求等の禁止」道交法58条の5

一 車両の運転者に対し、過積載をして車両を運転することを要求すること。
二 車両の運転者に対し、当該車両への積載が過積載となるとの情を知りながら、第五十七条

もっとみる
ありがとうございます!