[週報10]続・イラレでアナログっぽい絵を描く方法

イラスト勉強 10週目の備忘録です。所属している「絵描きのためのイラレ部」で勉強したことをまとめます。

【第10回】練習テーマ「オリジナルのテクスチャをつくる」

先週に引き続き、オリジナルのテクスチャを作り、それをイラストに重ねてアナログっぽいイラストを作ってみようという課題です。

(↓)先週の記事はこちら

練習でネズミと牛のレトロステッカー風イラストを描き、その上にテクスチャを重ねてみま

もっとみる

休み明けに「だるさ」と「疲れ」を残さないために、と8月10日の日記

これは今だからこそ、記録しておかねばなるまい。そう思った。

今までにないくらいに“充実した夏休み”を過ごしたからだ。

なので今日は、8月前半の“夏休み週報”的なものを、思いつくまま散文にしようと思う。

たまにはこんなテンションで書いてもいいよね?って感じで書こうと思う。

ただ、長い。長くなった。

そんなわけで「休み明け特有の疲れ」について書いていく。

仕事復帰にふと気づく

8月1日(

もっとみる
今日もいいことがありますように
2

月曜は遠く昔のよう【週報:2020.08.03〜08.09】

梅雨が明け、鬱々としてた日々からは一転、容赦無く丸焼きにされてしまうような暑さが続いています。週報を書くのがちょっと遅れてしまいましたが、先週は映画を見たり、ラジオに出たりといろいろあった1週間でした。

振り返ってみると月曜日が遠い昔のように感じる1週間。

何もできず過ごしてきたここ2ヶ月からすると、だいぶ前進した7日間でした。

8月3日(月)

映画館で「劇場」を見た。こんなにも救われない

もっとみる
スキありがとうございます!
6

8月2週目(8/3(月)〜8/9(日))週報:売上と進捗管理を見える化してみる

こんにちは、いとゆき(@ito_yukika)です。

このマガジンでは、フリーランス・小説執筆・適応障害といろいろ抱えながら歩いているいとゆきのウラバナシをこっそりとお伝え。毎週月曜日のお昼に更新します。

・フリーランスの働き方が気になる
・小説執筆の流れが知りたい
・いとゆきの頭の中を覗いてみたい

という方におすすめのマガジンとなっております!

目標までの道のりを一緒に走ってもらえたら嬉

もっとみる
大吉ですっ♪ココアがラッキードリンク
1

8月第1週

8月3日 月曜日

仕事がうまくいかず悩む。同時に夕方から夏バテ症状。この時期、夏バテといっても「コロナなのでは」と疑われそうで不安になる。

身体のクセのようなもので、バテると耳の聞こえが悪くなるのだ。いつもトンネルのなかにいる感じというか、自分の声や呼吸が響くので煩わしい。そこに引きずられて体調が悪くなる。ひどいときは鼻から耳に空気を通して治してもらっていたのだが、この症状の名がわからない。

もっとみる
元気が出ます、ありがとうございます!
7

今週のKPT 2020/08/03 - 08/09(Vol.17)

おはこんばにちは。なるぴーです。
スマホゲーム業界で、コンテンツDとPMの二刀流でスキマ産業を生き抜いています。

さて今週もKPTのお時間です。
今回で、17週連続の更新です。

先週分はこちら

それでは、いってみましょう!

Activity / 主な活動

・企画書の調整
・要件定義書の作成
・原作MTG
・1on1 ×3
・各所情報共有MTG
・動画の棚卸MTG

今週も思ったよりも慌た

もっとみる
スキ嬉しいです!
6

2020/08/09(日) スニーカーを買った

お疲れさまです!
けばやしです。

お盆を前に新型コロナウィルス感染者数は、とどまるところを知りませんね。
帰省を諦める人、決行する人、いろいろのようですが、政府がGoToトラベルキャンペーンをしているということは、感染予防対策をしっかりした上で帰省してほしいというのが国の思惑なのだと思います。
ただGoToキャンペーンも税金、コロナに感染した場合の治療費も税金…。
ならば使う側にまわったほうがお

もっとみる

【週報】8/3 - 8/9

今週はついに試験1週間前に迫っていたので、試験勉強の備忘録noteもちらほら。

そんな中、noteの投稿が300件に達したそうで銀バッジをもらった。
自分では気づかないうちに過ぎてしまっていたと思うけれど、こうやってお知らせをもらえるから嬉しいな。

さて、来週は試験まで残り数日。
全力を出し切ります~!

週報112(2020.8.3〜8.9)

週報の時間です。

例年に比べて遅かった梅雨明けからはや1週間、みなさんはいかがお過ごしでしょうか。そろそろ社会人にも幾ばくかの夏休みが供与される時節で、しばらくはマスクをつけて通勤電車に揺られることもないと、安堵している人も少なくないと思います。

ともあれこの状況を改善する何かを一音楽作家の立場で提案・実行することは難しく、力のなさを感じもしますが、こういうときは、世間に何か大きな影響を与えよ

もっとみる
西島「ありがとうございます。また読みに来てくださいね」
5

アフター・アフターコロナを生きる誰かのことについて

毎年この時期になると「今年ももう後半!!! 1月がつい先月のことみたいに感じる」などと言ってワーワー騒ぐのが私の人生の恒例行事なのだけれども、今年はちっともそう思わない。今年の1月ははるか昔のことのように思える。

なんでかというと、今年の1月はまだ、コロナの脅威なんてちっとも感じていなかったからだ。

ドラマのキスシーンにも、ハグのシーンにも、何も思うことはなかったし、家にはマスクも置いていなか

もっとみる
好きなお菓子言います。walkersのショートブレッド
11