自己変容

私に出来ること

はじめまして。hannaと申します😊

自己変容したい方、ありのままの自分になり、手に入れたい人生にシフトしたいと願う方のためのお手伝いをします。

そうなんです。主体は貴方自身。貴方の選択、行動無しでは変化は得られません。🥺

蛇使いの魔女の過去世からくるサイキック能力💫と、龍神様🐲に護られている私はまず自分の能力を認める事から始まりました。簡単なようで難しい😣💦過去世での出来事で無

もっとみる

告白 - 私の自己変容のプロセス⑤

その後

前回のnoteで、2週間以上私と目も合わせずに沈黙していた夫が、満月の日に話しかけてきたことを書きましたが、今日はその後について書きたいと思います。

あの満月の夜、ついに私は告白してしまいました。
これまで夫に話していなかった、本当の気持ちを。

「私はこれまでずっと我慢してきた」
「本当は、子供のためとか夫のためとかでなく、自分のためにも生きたい」

と、勇気を振り絞って話しました。

もっとみる

「教える」と在り方。

自己変容、自己改革、自己肯定感。

目標設定、潜在意識、心理学を用いて。

物質、精神問わず、

カウンセラー・コーチング・コンサルの方が、

大好物な、キラーワード集。

誰もが使いすぎて、もはや、定義がよく分からない。

だけど、蓋を開けると、

自己啓発系の本のコピペで、そのまま、教えてる人が少なくない。

確かに、誰もが使っているので、定義が曖昧な分、誰でも刺さる。

だけども、そもそも、

もっとみる
大謝謝!!
9

「新生活様式」は定着しない。その理由。

こんにちは!

ようやく梅雨が明けて、夏らしい天候になりましたね。

当社は8月1日、おかげさまで創業6年目を迎えました。
信頼を寄せてくださるクライアント、パートナー、普段から気にかけてくださる皆様のおかげとしか言えません。
この場を借りて、心よりお礼を申し上げます。

パンデミックによる影響もたしかにありましたが、そのおかげもあって、まさに社名のごとく「Rebirth」することができました。

もっとみる
ありがとうございます!お役に立てればうれしいです。
9

満月の夜の異変- 私の自己変容プロセス④

今夜は満月。ベランダに出て、月の光を浴びながらこれを書いています。
最近noteにアウトプットすることに慣れてきて、心に何かあったら無性にここに書き留めておきたくなってきました。

今日は満月のせいか、いつもと違う不可思議な出来事が2つありました。

一つ目は、反抗期の長男が寝る前に "I love you, ,mama" とふいに言ってくれたこと。母はキュンとしました♡
私はしょっちゅう息子達に

もっとみる
嬉しいです。ありがとう!
2

My journey to return to my true self

Epilogue

I had a strange dream last night. 
In my dream, a beautiful friend of mine was keep on asking me:

" Which one you choose?  Which way do you want to go? 
  It is your choice.  Just make up y

もっとみる
ありがとうございます。よかったらぜひシェアして下さいね。
4

「未来予測」は外れる。だからこそ。

こんにちは。

大雨をともなう長かった梅雨が、ようやく明けようとしていますね。
コロナ、災害...多くの人にとってこの夏は、深く記憶に刻まれそうです。

そして、まさに有事の今、これまで水面下でなんとなく放置されてきたさまざまな問題が、表面化しています。
横暴を尽くす中国を中心にできあがりつつある、世界各国による包囲網。
米国で煽られまくっている、偏見と差別。
日本においては、いつも世間ずれしてい

もっとみる
ありがとうございます!お役に立てればうれしいです。
9

続々Road to 脱・昭和な女 - 私の自己変容プロセス③

玉ねぎ

最近、玉ねぎを切るのにハマっています。
特にサラダ用のレッドオニオンをスライスすることに。

なぜかというと、思いっきり涙が出るから。

特に泣きたいことがあるわけではないような、(実は泣きたいような)ちょっとわけがわからない感じなのですが、玉ねぎをスライスしながらボロボロ涙を流すと、不要な感情が洗い流されるようでスッキリします。

小さい頃泣き虫だった私は、昔はよくビービー泣いていまし

もっとみる
Thank You!!また読んでください♪
6

自己紹介

初めての投稿で少しドキドキですが、まずは自分のことを。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Karin Iwakiと言います。

自分は小学校低学年から20歳満くらいまで、「自分には何もない」という"欠如感"や"虚無感"・"孤独感"、肌や身体のことでのコンプレックス、自信のなさ・劣等感、慢性的なストレス、他者(家族含む)とコミュニケーションが取りにくかったなど、ずっと暗闇の森の中を彷徨って

もっとみる

承認がもつ”猛毒”

こんにちは。
大雨から始まった長雨がいまだに続き、コロナ再拡大の懸念がされていますね。
一日も早い世界の安寧を、心から祈るばかりです。

今回は、「承認欲求」について考えてみたいと思います。

コロナ拡大により、最近は特に「孤独」を感じる場面が増えてきている方も多いのではないでしょうか。

リモートワークが代表的な例ですが、多くの人はそれ以外の生活の中でも多々、孤独を感じていると思います。
そんな

もっとみる
ありがとうございます!お役に立てればうれしいです。
13