スマホ中毒から強制的に脱出した未来は明るかった。

スマホを夫婦一緒に解約しました。

家にWi-Fiついているので、海外行くまでの期間は、外では以外では使わないという選択肢を選びました。

なにか重たい背後霊見たいのが除霊できたみたいに軽くなりました。

妻も何かから解放されたような顔をしていました。帰りにスマホはカバンにしまい、いつもより会話がはずみました。
私が小学生の頃は電話なんて自宅にしかなかったもので、家に電話がかかってこない限りは自分

もっとみる
好きありがとうございます!!嬉しいです(*^◯^*)
24

ネバーランドからの脱出!!

約束のネバーランドって
見たことがありますか?

この漫画がとても面白いんです。
そして、怖いのです。

2回、ネットフリックスで見ました。
2回目みたら捉え方が変わりすぎて
ビックリしました。

捉え方が変わったのは自分の問題が
解決できたからかもしれません。

実は約束のネバーランドは絵が嫌いでした。
でも、見たらどハマりしました。

キラキラしたファンタジー系かなと
思いきやダークファンタジ

もっとみる
好きありがとうございます!!嬉しいです(*^◯^*)
7

★可能性を残す★可能性を育てる★可能性を開く ★可能性を動かす★可能性を伝える★可能性を続ける★ 可能性を引き出す★可能性をつなぐ★可能性を切る★可能性を変える ★可能性を止める★可能性を増やす★可能性を広げる★可能性に気づかせる★可能性を渡す

可能性を活かす方法は一つじゃない

来てくださってありがとう
14

全て記憶に動かされてる!?

本日もInstagramライブ
『日常が至高の日々〜live in Miross〜』
より、30秒強に凝縮された、ダイジェスト版をお届け致します。

自分で動いてると思っていたら…実は全て記憶に動かされていた!

Instagramライブは
@diane364364、または
@end_child_abuse_jp
で21時半より、日曜日を除く毎日配信しています。

1時間のLiveの中に、新しい生
もっとみる

感謝♥️また『スキ』押してね😃
5

日々是雑感2020/11/14

陰湿な「いじめ」である事は分かっている。だが、今はそれを分かった上でいじめられっ子を演じている自分がいる事に、ある意味快感と狡猾さを感じている。

人間関係はとても複雑である。上司部下や同僚、友達同期などそういう言葉を探せばキリがない。だがしかし、疲れる事だってある。

「いじめてないからね」上司がそう言ったのを覚えている。

明らかにいじめである事を明言していた。周囲を巻き込んであれこれ策を講じ

もっとみる
あなたに良いことがあります様に
3

【十三】労働から全力で逃げる

ここ(仕事場)にくると些細なことでもイライラが

新たに生まれてしまう

毎週やってる業務なのに初めて聞いたように「これ毎週やってるの?」と聞いてくる人がいる

とぼけているだけなのか
その人本体そのものにバグが生じてるのか
真実は不明だが私は短気なのでそろそろ限界だ

"無駄な会話でしかないのに今ならストレス付き"
こんなことあるのか?
悪徳商品すぎるだろ?


私という本体も少々バグってしま

もっとみる
承認欲求が満たされました、感謝
2

掴むなら藁じゃなく

10年前、私は失業していて、新しい仕事に就けず生活が困窮していました。でもイエス・キリストを自分の救い主として受け入れて、というか、イエス様しかもうこの世にすがれるものがなかったので、最後の頼みの綱と、本当に藁にもすがる思いですがりついて、そして仕事が与えられ、生活のあらゆる面でどん底を突いていた最悪の状態からも救い出していただきました。

10年前というとちょうどリーマンショックの後ですが、私の

もっとみる
ありがとうございます!

蜘蛛の糸が切れた理由

芥川龍之介の「蜘蛛の糸」は、シンプルな話のわりに様々な解釈がなされているようだ。

とりわけ、「蜘蛛の糸はなぜ切れたのか」「犍陀多はどうすれば地獄から脱出できたのか」といったテーマがポピュラーで、道徳の教科書にも載っている。

その答として、エゴイズム(の克服)が挙げられたりもするが、筆者の考えでは重要なのはそこではない。

 

彼が地獄からの脱出に成功しないことは、他の罪人たちが糸を登り始める

もっとみる

私にとっては珍しいSF短編です。SFは読むのも観るのも大好きですが、書くとなると、細々真面目に考えすぎるところがあって、数は少ないです。

「星に願いを」   作・夢乃玉堂

もうどれくらいになるだろうか、
私は海岸の砂の上に横になり、茜色の空に輝くひとつの星を見つめていた。
時折、服にまとわりつく静電気がイライラを助長する。

「ああ。帰りたいなぁ・・・」

もし目の前に広がる潮騒が聞こえていれば、故郷の景色が心に浮かんで、
精神の均衡をまともに保っていられなかっただろう。
しかし、幸いなことに私の耳には何も入

もっとみる
感謝します。これからもよろしくお願いします。
12

たまには親孝行しようと思った日

どーもサンクスです!

なんか最近はですね、はねっかえり感が自分の中から消えたと言うか、

ようやく、反抗期を脱したような感じがしております笑

長かった。もうアラサーよ笑

というわけで、そんな精神状態に慣れたものですから、親との関わり方というものにも変化の兆しがありまして。

ちょうど病気とかもろもろも関わりがあるんですが、

ンマー要は、もう一人前の大人として接しようって感じです。

前まで

もっとみる
やったぜー!