第1講座「自分発見の旅」ワーク2:記憶活用のためのトレーニング(2)/使命発見ワーク

ワーク2回目の動画を公開します。前回に引き続き記憶活用のためのトレーニングとなっています。ワークに用いるフォームは以下のフォームにまとめましたので、それぞれダウンロードして利用してください。

ワーク用のダウンロードフォーム
 https://note.com/seiten_method/n/na918cb0d3952

認知的不協和

人間は、頭では間違っていると分かっていても、自分の意思決定(≒言動)に一貫性を持ち続けて正当化しようとする。
「あの意思決定は正しかったんだ」と。
脳は、過去の自分の意思決定を否定することにより自己肯定感を下げないようにしている。
既存の人類の脳レベルでは、簡単にハイジャックされてしまう。
ただ、こういった事実を知っているだけでも、メタ認知・メタ情動で認識できることから選択の自由が生まれる。
成長

もっとみる

ワーク用のフォームダウンロード

ワークに使われるフォームはここからダウンロードしてください。

第1講座「自分発見の旅」ワーク用フォーム

  ※セイテンメソッド_ワーク1-3 講座日までにアプロード

  ※セイテンメソッド_ワーク1-4 講座日までにアプロード

  ※セイテンメソッド_ワーク1-5 講座日までにアプロード

  ※セイテンメソッド_ワーク1-6 講座日までにアプロード

  ※セイテンメソッド_ワーク1-7

もっとみる

【無料】断食で脳のコンディション・身体の体調をベストにして相場に望む

だいぶ前ですが、本格的な断食に三週間取り組んだことがありますがかなり効果があったので、まとめておきます。ファスティングとも言われますが、1日1食や2食にして、食べたものの消化に使うエネルギーを減らしてその分、脳を活かそうというものです。また難病の治療にも有効らしいですが、そこは自分はまだわからないです。

■断食とは
・環境に適応し、変化に適応する。自律神経も良くなり、野生的な脳になり、脳の疲れが

もっとみる

眠っている才能を掘り起こす

おはようございます。

松風良治です。

今日は、7月2日。木曜日。

さて、今日は眠っている才能を掘り起こすというお話。

アメリカのジャーナリストで戦後、広島の原爆投下の惨状をルポルタージュにまとめ、後に広島市特別名誉市民になったノーマン・カズンズ氏は、かつてこんなことを言っています。

「人生の悲劇は死ではなく、生あるうちに自分の中でなにかが死に絶えることだ。」

ただ存在しているのと、真剣

もっとみる
スキありがとうございます!

企業にとっての人材とは 人的資源管理

「経営学とは」の中で、経営学がどのように発展したかを記しました。科学的管理によって、人の働き方を考えることから始まったことはご理解頂けたと思います。
※経営学とは https://note.com/sbelabo/n/n0c48bd4ada04?magazine_key=m4ced4beeef24

今回はその「人」に視点を当ててマネジメントについて考えたいと思います。

最初に述べたようにマネジ

もっとみる
是非ご意見をお聞かせください。
6

どのヒーリングがいいの?

ちまたにはいろいろなヒーリングがありますが、
どんなヒーリングがいいのかというと、
正直同じ技術を持っていても使えてるけど弱い人と
めちゃくちゃ強く効く人と分かれるのでなんとも言えません。。

レイキがヒーリングでポピュラーで、みなさん習うことは同じなのに
強い人、弱い人はやはりわかれます。
それは訓練の差だと思います。
というのは私自身、訓練する前と後では出力が段違いだからです。
同じ技を持って

もっとみる

気功技術「伝授」について

伝授とは、任意の人物に技術をインストールする気功技術です。

流派によって、アチューンメントや伝承等の呼び名はいくつかありますが、基本的には同じ技術です。

気功の本質は情報現象なので、情報である以上複製可能です。

イメージとしてはコピペです。

大学生がレポート制作で使うコピー&ペーストってやつです。

人に対してコピペすれば「伝授」、物に対してコピペすれば「封入」になります。

腕の良い術師

もっとみる
スキありがとマンモス🐘です
1

第1講座「自分発見の旅」ワーク1:記憶活用のためのトレーニング/使命発見ワーク

セイテンメソッド/使命発見ワークの第1講座 第1回は記憶活用のトレーニングを行います。事前に記入用紙をダウンロードされるか、各自ノートを準備してから受講してください。

第1講座「自分発見の旅」序章/使命発見ワーク

セイテンメソッド/使命発見ワーク
本日より第1講座「自分発見の旅」を開講いたします。講座は7回構成ですが、その前に序章を加え、本日は序章(講座概要)と第1回ワークを投稿いたします。