立花岳志

著者/出版プロデューサー/起業支援コンサルタント/ブロガー/心理カウンセラー。 著書は…

立花岳志

著者/出版プロデューサー/起業支援コンサルタント/ブロガー/心理カウンセラー。 著書は9冊。現在10冊目執筆中。出版を目指す方を多数サポート中。 noteには継続課金マガジン「立花岳志のブログに書けない本当の話」を2018年2月から継続中。

マガジン

  • 立花岳志のブログに書けない本当の話

    作家・ブロガー・カウンセラーの立花岳志が日々感じたこと、学んだことなど、実践していることなどを、等身大のエッセイスタイルでお届けします。

ウィジェット

  • 商品画像

    「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる

    立花 岳志
  • 商品画像

    サラリーマンだけが知らない好きなことだけして食っていくための29の方法

    立花 岳志
  • 商品画像

    ノマドワーカーという生き方

    立花 岳志
  • 商品画像

    やせる「仕組み」で人生を劇的に変えるiPhoneダイエット

    立花岳志
  • 商品画像

    クラウド版 デッドライン仕事術

    浩一郎, 吉越
    • 立花岳志のブログに書けない本当の話

  • 商品画像

    「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる

    立花 岳志
  • 商品画像

    サラリーマンだけが知らない好きなことだけして食っていくための29の方法

    立花 岳志
  • 商品画像

    ノマドワーカーという生き方

    立花 岳志
  • 商品画像

    やせる「仕組み」で人生を劇的に変えるiPhoneダイエット

    立花岳志
  • 商品画像

    クラウド版 デッドライン仕事術

    浩一郎, 吉越

最近の記事

春の嵐? 波乱の「春3年目」スタート

<お知らせ> この記事は単品でも購入できますが、月額購読の方がずっとお得な料金設定になっています。 ぜひ「立花岳志のブログに書けない本当の話」を購読ください! </お知らせ> 前回のnoteでは春夏秋冬理論の「春2年目」を総括して、立春からスタートする「春3年目」に向けての展望でまとめてみた。 2月に入りリズムが良く、特に節分、つまり春2年目最終日は麻布に出かけて個人コンサルがあり、前後に好きなお店で食事をしたり神社に参拝したりして、充実の一日を終え帰宅した。 「

有料
200
    • 春夏秋冬理論「春2年目」を振り返る

      <お知らせ> この記事は単品でも購入できますが、月額購読の方がずっとお得な料金設定になっています。 ぜひ「立花岳志のブログに書けない本当の話」を購読ください! </お知らせ> 明日は節分、そして明後日には立春を迎える。 立春は「春夏秋冬理論」「四柱推命」「九星気学」などのお正月、一年の暦の切り替わりの日となる。 春夏秋冬理論において、僕は「春2年目」を終えて「春3年目」に入る。 このタイミングで春2年目だった一年間を振り返っておきたいと思う。

      有料
      200
      • 「5年」への抵抗感

        <お知らせ> この記事は単品でも購入できますが、月額購読の方がずっとお得な料金設定になっています。 ぜひ「立花岳志のブログに書けない本当の話」を購読ください! </お知らせ> 昨年末に「15年と5年、強い区切り感」という記事を書いた。 この記事を書いてから1か月が経ったわけだが、年が明けたことによって景色が大きく変わった気がする。 西暦が2024年になったことで、僕にとっての「過去」の位置づけが変化しつつある。 過去が遠くなることに対する焦燥感のようなものが湧い

        有料
        200
        • 2024年のテーマ

          <お知らせ> この記事は単品でも購入できますが、月額購読の方がずっとお得な料金設定になっています。 ぜひ「立花岳志のブログに書けない本当の話」を購読ください! </お知らせ> 2024年がスタートしました。 あけましておめでとうございます。 本年もどうぞよろしくお願いいたします。 2024年がスタートするにあたり、今年もロルバーンの手帳とほぼ日カズン、それにTime Direction Calを購入した。 お正月休みの間につらつらと今年のテーマについて考えてい

          有料
          200

        春の嵐? 波乱の「春3年目」スタート

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 立花岳志のブログに書けない本当の話
          立花岳志
          ¥1,000 / 月

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          15年と5年、強い区切り感

          <お知らせ> この記事は単品でも購入できますが、月額購読の方がずっとお得な料金設定になっています。 ぜひ「立花岳志のブログに書けない本当の話」を購読ください! </お知らせ> 毎年この時期になると色々と過去を振り返り内省する時間が多くなる。 僕の人生に大きな影響を与えたインパクトの強いできごとが、この時期に固まって起きた(起こした)からだ。 特に今年は大きな2つの区切りから15年と5年という節目に当たることと、自分がこの一年でかなり前に進んだ感があるせいか、「一区

          有料
          200

          15年と5年、強い区切り感

          シンクロの連鎖とポジティブな違和感

          <お知らせ> この記事は単品でも購入できますが、月額購読の方がずっとお得な料金設定になっています。 ぜひ「立花岳志のブログに書けない本当の話」を購読ください! </お知らせ> 最近ちょっと不思議な感覚に包まれることがある。 自分で言うのも何だけど、僕はあるカテゴリーにおいては部分的に著名人である。 ブログ業界、出版業界などである。 ただし、ブログ業界全体がブーム全盛期だった10年前と比べたら、知名度はずいぶん落ちているだろうけど。 まあ、ぞれでも、その分野では

          有料
          200

          シンクロの連鎖とポジティブな違和感

          師走の感慨

          <お知らせ> この記事は単品でも購入できますが、月額購読の方がずっとお得な料金設定になっています。 ぜひ「立花岳志のブログに書けない本当の話」を購読ください! </お知らせ> 今朝目が覚めたら、昨日までとまったく違う感慨に包まれていた。 2023年も12月までやってきた。 昨日まで、そんなことは全然考えていなかった。 やはり暦が切り替わるというのは、そういうことなのだ。 その暦に実際に身を置いてみないと訪れない感慨というものがあるということ。 去年の12月と

          有料
          200

          師走の感慨

          大きくギアが前に進んだ

          <お知らせ> この記事は単品でも購入できますが、月額購読の方がずっとお得な料金設定になっています。 ぜひ「立花岳志のブログに書けない本当の話」を購読ください! </お知らせ> 今年2023年は僕にとって「春夏秋冬理論」の「春2年目」である。 ところが、特に今年8月から10月にかけて停滞感が強く、自分のなかでもどかしさのようなものが募り、「本当に今年は春2年目だっけ?」と感じるほどだった。 そこから何かしら脱却したいという想いが湧いてきて、ようやく行動が起こせたのが

          有料
          200

          大きくギアが前に進んだ

          数字で客観的に見てみると

          <お知らせ> この記事は単品でも購入できますが、月額購読の方がずっとお得な料金設定になっています。 ぜひ「立花岳志のブログに書けない本当の話」を購読ください! </お知らせ> 金融機関に提出する書類があって、ここ数年のビジネスの状況をまとめる必要があった。 僕の場合クラウド会計ソフトに銀行口座やクレジットカード、PayPalなどが全部同期されているので作業は楽だった。 去年までの数字は税理士さんが出してくれているので、それに今年のここまでの数字と残り1ヶ月半くらい

          有料
          200

          数字で客観的に見てみると

          「書けないから書かない」のではなく、「書かないから書けなくなる」

          <お知らせ> この記事は単品でも購入できますが、月額購読の方がずっとお得な料金設定になっています。 ぜひ「立花岳志のブログに書けない本当の話」を購読ください! </お知らせ> このnoteの更新が半月以上滞ってしまった。 今月上旬に何度か書こうと思う内容があったのだが、ちょっとモヤモヤして見送っているうちに、書くことに対するハードルが上がってしまう、という例の悪循環に陥った。 モヤモヤしているなら、「モヤモヤしている」と書けばいいのだ。

          有料
          200

          「書けないから書かない」のではなく、「書かないから書け…

          東京が遠くに感じた一ヶ月半

          <お知らせ> この記事は単品でも購入できますが、月額購読の方がずっとお得な料金設定になっています。 ぜひ「立花岳志のブログに書けない本当の話」を購読ください! </お知らせ> 10月は一度も東京に行かなかった。 というか、最後に東京に行ったのが9月10日なので、1ヶ月半以上東京に出かけていないことになる。 9月末に埼玉の川越に行ったので、この時は東京は通過はしているのだが、通っただけで下り立ってはいない。 鎌倉に定住して4年3ヶ月になるが、ここまで東京に行く間隔

          有料
          200

          東京が遠くに感じた一ヶ月半

          「逆算」の罠

          <お知らせ> この記事は単品でも購入できますが、月額購読の方がずっとお得な料金設定になっています。 ぜひ「立花岳志のブログに書けない本当の話」を購読ください! </お知らせ> 先日ある方とZoomで1時間ほどお話しをした。 来年出る10冊目となる新刊のコラムのためのインタビューだったので、主に先方のお話しを伺う形の時間だった。 非常に充実したインタビューとなったのだが、その中でとても僕の心に響いたことがあった。 それが「逆算」の罠だ。

          有料
          200

          「逆算」の罠

          「どちらが正しいか」から「どちらも正しい」へ

          <お知らせ> この記事は単品でも購入できますが、月額購読の方がずっとお得な料金設定になっています。 ぜひ「立花岳志のブログに書けない本当の話」を購読ください! </お知らせ> このnoteのマガジンには僕個人の内観について書くことが多いが、今回は国際情勢について書こうと思う。 普段あまりブログなどには書かないが、僕は国際情勢について日頃からかなり興味を持ってチェックしている。 子供のころから世界情勢に強い関心があり、それがずっと続いている。 国際情勢に最初に関心

          有料
          200

          「どちらが正しいか」から「どちらも正しい」へ

          「整わないから走らない」のではなく、「走らないから整わない」のかも

          <お知らせ> この記事は単品でも購入できますが、月額購読の方がずっとお得な料金設定になっています。 ぜひ「立花岳志のブログに書けない本当の話」を購読ください! </お知らせ> 先日書いた小麦とアルコールの記事のあと、緩いグルテンフリー生活を再開している。 小麦由来の食品をまったく摂らないわけではなく、緩やかに減らすようにしている。 まだ10日ほどで、数回突発的に食べてしまった日もあるが、少しずつ体調とメンタルに変化を感じるようになってきている。 引き続き緩やかに

          有料
          200

          「整わないから走らない」のではなく、「走らないから整わ…

          小麦とアルコール

          <お知らせ> この記事は単品でも購入できますが、月額購読の方がずっとお得な料金設定になっています。 ぜひ「立花岳志のブログに書けない本当の話」を購読ください! </お知らせ> 「小麦とアルコールかもしれない」。 今朝SNS投稿を見ていて、ふとそう思った。 僕のメンターでありお友達でもある勝間和代さんが最近グルテンフリー生活をされている。 昨日までも勝間さんのグルテンフリーに関する投稿は見ていたのだが、今朝になって妙に響いたのだ。 最近僕は調子の波が激しい。

          有料
          200

          小麦とアルコール

          今の僕に必要なものについて

          <お知らせ> この記事は単品でも購入できますが、月額購読の方がずっとお得な料金設定になっています。 ぜひ「立花岳志のブログに書けない本当の話」を購読ください! </お知らせ> 先日メンタルがストンと落ちた日があった。 突然の高熱で倒れたときにエアコンの故障が重なりダメージを受けたところに睡眠が乱れたことが原因だったと思う。 その日はしっかり早寝してたっぷり眠った結果調子は1日で戻った。 メンタルが落ちたあと、回復したときに気付いたことがあるので言語化しておこうと

          有料
          200

          今の僕に必要なものについて