立花岳志のブログに書けない本当の話

524
記事

神様による強制手ばなし 〜 もしコロナ騒動が去年起きていたなら

<お知らせ>

この記事は単品でも購入できますが、月額購読の方がずっとお得な料金設定になっています。

ぜひ「立花岳志のブログに書けない本当の話」を購読ください!

</お知らせ>

--------

日曜日の朝のこと。

日曜日にはゴミ出しがない。

ゴミ出しがない日はちょっとウォーキングをするのが習慣になっている。

その日の朝は快晴で風もなかったので、海沿いの国道を逗子側に向かって歩いた。

もっとみる

おばあちゃんが生きた100年、僕が生きてきた50年

<お知らせ>

この記事は単品でも購入できますが、月額購読の方がずっとお得な料金設定になっています。

ぜひ「立花岳志のブログに書けない本当の話」を購読ください!

</お知らせ>

--------

最近ときどき思うこと。

それは、おばあちゃんが生きた100年て、僕が生きた50年よりも遥かに壮絶で大変だっただろうなぁ、ということ。

いま世間も僕もコロナで大騒ぎだけれど、戦争よりはずっとマシ

もっとみる

攻める「持続可能な」引き篭もり

<お知らせ>

この記事は単品でも購入できますが、月額購読の方がずっとお得な料金設定になっています。

ぜひ「立花岳志のブログに書けない本当の話」を購読ください!

</お知らせ>

--------

コロナウイルスの影響で世界は完全に引き篭もりモードに。

幸い日本は「自粛」というレベルで済んでいるけれど、欧米諸国では外出すら厳しい制限つきというところも多い。

感染の爆発的な拡大を防ぐための

もっとみる

「年度末」という言葉に想いを馳せる

<お知らせ>

この記事は単品でも購入できますが、月額購読の方がずっとお得な料金設定になっています。

ぜひ「立花岳志のブログに書けない本当の話」を購読ください!

</お知らせ>

--------

2020年3月31日がやってきた。

いわゆる「年度末」である。

この日は僕にとって、とても感慨深い日付だ。

1994年に入社し2011年3月31日で退社した、僕がサラリーマン時代のすべてを過

もっとみる

いま起こっていることの「本当の意味」を考える習慣

<お知らせ>

この記事は単品でも購入できますが、月額購読の方がずっとお得な料金設定になっています。

ぜひ「立花岳志のブログに書けない本当の話」を購読ください!

</お知らせ>

--------

世の中はコロナ一色で、生活にも微妙に制限がかかっている。とりあえず今週末の行動自粛の要請が出ているけれど、今週末だけで収束するわけがない。

昨夜ふと振り返ってみたんだけど、コロナの影響は1月下旬

もっとみる

買い占めの心理

<お知らせ>

この記事は単品でも購入できますが、月額購読の方がずっとお得な料金設定になっています。

ぜひ「立花岳志のブログに書けない本当の話」を購読ください!

</お知らせ>

--------

コロナウイルスの感染拡大防止対策ということで、今週末東京都はじめ首都圏の各県が不要不急の外出を控えるよう要請が出された。

水曜日夜の小池都知事の会見の前後から、各地のスーパーで買い占めが起こり始

もっとみる

自分の人生が戻ってきた感

<お知らせ>

この記事は単品でも購入できますが、月額購読の方がずっとお得な料金設定になっています。

ぜひ「立花岳志のブログに書けない本当の話」を購読ください!

</お知らせ>

--------

一連のコロナウイルス騒動の影響でというか、コロナウイルスの世界の流れに乗っかってという方が正しいか。

もともと去年の7月末の再独立以降は執筆の比率を高めて引き篭もりベースを強めてきた。

でも習

もっとみる

「一週間の時間割」をさらにバージョンアップさせる

<お知らせ>

この記事は単品でも購入できますが、月額購読の方がずっとお得な料金設定になっています。

ぜひ「立花岳志のブログに書けない本当の話」を購読ください!

</お知らせ>

--------

過去2回に渡り、一週間の自分の行動を先回りして決めておく「時間割」について書いた。

これでほぼ二週間やってみたことになるわけだが、結論からいうと「すごくすごく良い」ということだ。

余談だけど実

もっとみる

僕は「大丈夫な世界」を生きている

<お知らせ>

この記事は単品でも購入できますが、月額購読の方がずっとお得な料金設定になっています。

ぜひ「立花岳志のブログに書けない本当の話」を購読ください!

</お知らせ>

--------

子供のころに一番怖かったのは核戦争だ。

小学校低学年のときに伯母に連れられて九州を旅したとき、長崎の原爆資料館を見学したときに激しい衝撃を受けた。

当時は1970年代後半で、時代は冷戦真っ只中

もっとみる

旅をしない日々の「一旦停止感」を味わっている

<お知らせ>

この記事は単品でも購入できますが、月額購読の方がずっとお得な料金設定になっています。

ぜひ「立花岳志のブログに書けない本当の話」を購読ください!

</お知らせ>

--------

2月で2つの連続講座が終わった。

東京で開催していた立花B塾1期マスタリープログラムと、金沢の立花B塾8期レベル2だ。

2月までは東京と金沢に2泊ずつしていたので、最低でも毎月4泊は旅があった

もっとみる