勝つことが目的ではない

なぜ目標を達成する必要があるのか?

優勝したらそこで終わりなのか?

写真はビッグウェーブ炒飯

こんにちは

今日は水球の後輩と4時間ほどカフェで話してたのでそこでの気づきについて書いていきます

筑波大学の水球はミッションとビジョンがあります

ビジョン

水球を通して人間力を練磨し真に社会に有用な人材を輩出し続ける

ミッション

・競技力向上

・水球による社会貢献

・水球に関する研究

もっとみる

筑波大学附属小学校公開授業   国語科『言葉による見方考え方』

「桂先生の授業からの学び」

①アイスブレイク
→古今東西山手線ゲーム、人物像を表す言葉

②選択→立場を決める思考
→which型発問による参加を保障

③みんなが同じペース
→選んだことから立ちましょう

④仮定の発問
→もしも2場面がなかったら?

⑤テンポ感にメリハリ
→子どもの考える時間の保障

⑥最後の『行こっか。』は誰の言葉か?
→作品としては律であってほしい、でも周也の可能性もある

もっとみる
励みになります。ありがとうございます😊
8

感動を与えるという経験

こんにちは

昨日、人生初めての体験をしました

人に感動を与えることができました

後輩から『さとしさん見て感動しました』
まさかこんなに嬉しい事言われると思ってませんでした

卒業ダンス公演というダンス部を中心に大学生から大学院生まで踊る公演です

院生も踊る大学は筑波大学しかないそうです

ちなみに出演者はほとんどダンス部以外の学生です

僕は2年の時に初めて出たので今回が3回目でした

もっとみる

ぼくらは『うた』で『村』を創って、日本を、世界を、もっともっとワクワクさせたかった

2000年、20歳の頃に結成したバンド『あおぼし』
ぼくはこのバンドで、『村』をつくりたかった。
というより、自然と少しずつ、そうなっていったように思う。結成した場所が総合大学だったことも、きっと大きかった。それはつまり、各界のトップを担う可能性のある卵たちが、集まっている場所だったから。(と…思っていたし、思っている。)

ぼくらは、ド下手だったけど、いつだって自信に満ち溢れていた。
だから、

もっとみる

日常を面白くしてくれる色集めゲーム「Camelette! 」

【展覧会のお知らせ】
2月11日からつくば美術館での「芸術専門学群 卒業制作展」にて、青木航大くんが制作したゲームアプリ 「Camelette!」(2019) が展示されます。

わたしは作品集用の写真を撮影しました。

色をペロッと食べて身体の色を変える不思議な生き物「カメレット」と一緒に、風景の中にある様々な色を探しに行くこのゲーム。

スマホやタブレットのカメラ機能を使って風景のなかにある様

もっとみる

筑波大学(国立大学協会 会長校)大規模軍事研究に抗議し中止求む。マスク代用に○ム○?※メール追加既読も見て+トイレ?ノート紹介aaef

発信者:軍学共同反対 連絡会 宛先:筑波大学長 永田恭介様

(1) 2019年12月、筑波大学が防衛省の公募研究に応募・採択されたことが判明しました。

それも5年間で20億円もの予算がつく大規模研究課題のSタイプに。

2015年に防衛省の公募制度が始まって以来、
Sタイプに採択された大学は筑波大学がはじめてです。

(2)筑波大学の永田恭介学長は現在、国立大学協会の会長を務めています。

もっとみる
頑張って自転車で遠くのスーパーまで買い物行ってきたよ。
29

筑波大生が筑波大学ダンス部のドキュメンタリーを作る

2020年1月24日、筑波大学ダンス部のドキュメンタリー『EXPRESS | 筑波大学ダンス部』を公開しました。全3話構成で、長さは41分。公開に至るまで撮影で2ヶ月、編集で2ヶ月と、かなり力の入ったプロジェクトです。観ていただけると嬉しいです。

さて、今回はこのドキュメンタリーを作った理由を書かせていただきます。

きっかけとなったのは歴代最低の平均視聴率8.2%を記録した伝説の大河ドラマ『い

もっとみる
あなたの一押しに、明日の自分は支えられています。
10

雪の降る街

どうしてセンター試験の日は、
いつも東京に雪が降るんだろう。

毎年降っている気がする。

上京してからずっと思っている。
何もこんな日にやらなくても。

僕は地元の沖縄で受けたので、
今思えばめちゃめちゃ恵まれてたと思う。

2次試験で筑波に来た時、
雪が積もってて死ぬかと思った。

前期で落ちて後期で受かった。ぎりぎりだ。
後期は春が近かったから。なんとかなった。

寒いと思考が止まる。何も考

もっとみる
見つけちゃいましたね…
8

夢が詰まった襷

人生で初めて箱根駅伝を観戦しに行った今年。

向かった藤沢、8区15km地点。

8区では、1位を走る青学の岩見が2位東海の小松に匹敵する走りを見せ、逆転を許さなかった。

遊行寺の坂に入る手前の8区15km地点。一緒に観戦に行った友人と、年末に「あまこま」を見ながらここに行こうと決めたのにはいくつか理由があった。

第96回箱根駅伝復路。1月3日、僕たちは藤沢へ向かった。

8区15km地点へ向

もっとみる
\やったー/
68

【サッカーから学ぶ人生】 ~2ヵ月間練習をやめたら、サッカーが劇的にうまくなった理由~

これは私が現役として筑波大学蹴球部に所属し、最も集中してハイレベルなサッカーに関わった大学時代の昔話…。

結論から言う。
それは、臆さず自己主張できるようになったからだ。

ある年オフシーズンの2カ月間、サッカーもトレーニングも全くやらない決断をした。身体能力・戦術的判断の瞬発力は明らかに低下すると思われた。
だが、オフが明けて自己主張できるようになった私は、試合における総合的なパフォーマンスと

もっとみる