深夜徘徊

街宣車と砲弾。深夜徘徊①

数週間ばかりの命を削る時間と少しばかりの体調不良を抜け出して、また深夜に徘徊している。徘徊という文字をスマートフォンで入力すると毎回出てくる拝火教の字。ぼくの友達にもとりあえずジッポライターの火をつけておきたい癖を所持してる人間がいる。人は火を見て、郷愁や懐古、全能感にひたる。最後だけ毛色の違う単語だが、むしろ最後の全能感という要素が大きい気がする。破壊の象徴たる火を掌握してる感覚はある種、神のよ

もっとみる

【子供が塾に行きがる理由】

アホみたいに勉強が好きか?
よっぽど家に居たくないか?
親が喜ぶツボを心得てる計算高い子供か?

のどれかやろな笑

門限6時だった中学生の頃
堂々と夜出掛けるために
「塾に行ってもっと勉強したい」
って親に言うたのを思い出す笑

あなたも変人かもね〜笑 オメデトウ〜

世界が滲んで見えていたりはしていない

まだ眠りから覚めていない薄暗い街に飛び出す。
信号を5つ通過。まだ曲がってない。
昇る太陽。上がる体温。
すこし汗ばむ。キリッと冷えた空気が頬を撫でる。
すれ違うランナー。視線は合わせない。
きっとお前もそうだろう?

7つ目の信号を左折。まだ開店してないパン屋の前を通る。
今日も勝った。勝てるまで3ヶ月かかった。
もう焼きたて食パンの誘惑ともオサラバだ。

10こ目の信号、目印は角のコンビニ。

もっとみる
今後ともよろしくです!\⍩⃞/
2

無知の知と泥棒

 先日、近所の住宅で家人が居るのにも関わらず泥棒が入るという事件が起きた。犯人は被害者が眠っている間に金目のものを盗むという犯行に及んだ。そのため、けが人や鉢合わせをした者はいないということだった。

 私はこの話を聴いた時、心から怖いと思った。もし被害者が物音に目を覚まし、犯人と鉢合わせていたら一体どうなっていたのかと想像すると怖くなってしまう。泥棒は更生の余地など無く1人残らず絶滅してしまえば

もっとみる
スキ、ありがとうございます!
欲張りなのでフォローもシェアもお願いします。

深夜2時、悪夢で目覚める。深夜の町を徘徊する。

「くらがり」に敢えて身を晒す。

すると、隠れていた自分が見えてきた。

そんな話。



その日、
悪夢にうなされて目が覚めた。

胸の鼓動は早く
息が切れている。

時計を見ると
午前2時前。

目は完全に覚めている。

眠くない。

平日なら
寝直す必要がある。

短い睡眠時間では
仕事を乗り切れないからだ。

でも、その日は違った。
土曜日の朝だった。

私は決めた。

「外に出よう」

もっとみる
ほんと嬉しいです!ありがとうございます!
13

アイデアは急に降りてくるものではなく、問題と向き合うことによって生まれるというのを「深夜徘徊読書」を生み出した話で説明させてください

おはようございますの方、こんにちはの方、こんばんわの方、初めましての方、お久しぶりの方、そしてこの文章を見てくれた方へありがとうの気持ちです。ツモマー(@tsumomah)です。

いきなりですが、僕の趣味は深夜徘徊です。聞こえはかなり怪しいですが、危ないことはしていない(多分)つもりです。これでもちゃんとした目的を作って深夜徘徊を楽しんでいます。

主な目的
・夜の街をみたい
・夜の写真を撮りた

もっとみる
色気ある男を目指してます!
28

原付とスケボーと深夜徘徊とカメラ

僕は原付の運転とスケボーと深夜徘徊とカメラが趣味です。

原付と深夜徘徊に関してはベテランの域に入り、誠におこがましいんですがプロレベルだと自負しております。

スケボーとカメラに関してはほぼ素人ですが、手を出してみたら楽しかったのでヘタなりに続けております。

先日、久しぶりに自由でそんなに疲れてない休日があったので、勿体ない精神を発揮して全部をいっぺんに楽しんで来ました。

夜中に原付で少し離

もっとみる
良い一日を!
19

深夜徘徊願望

深夜徘徊に興味がある。
深夜は、私にとってもっとも身近な非日常である。皆が寝静まった時間に外を歩くのは、さぞエキサイティングなことに違いない。

私は一年ぐらい前から深夜徘徊を行うタイミングを見計らってきた。
深夜徘徊は暑くても寒くても駄目。それと、深夜に歩き回るという行為は、昼夜逆転を引き起こしかねないから、できれば連休前が好ましい――といった具合に、ちょうどいい頃合いを待っているうちに世界はす

もっとみる
ありがとうございます。とても嬉しいです。
3

100回目:書くことで現状を変えるきっかけの1つとしたい

2020年5月1日に復職をしました。
復職後は、順調とは自分では思えず、苦しみを感じています。

現状を客観的に分析して、今苦しんでいる事を改善、無くすために
久々になりますが、投稿したいと思います。

・苦しんでいる事
①深夜徘徊及び深夜過食
記憶では復職後、5/11から認識している症状
具体的には、約22時-翌1時に起きている症状
約3日に1度の頻度で、症状に身を委ねてしまい、6/25、6/2

もっとみる
心は柔らかくした方が良いそうです、自分には難しく感じます。