何かを得るには何かを失わなければならない

十代のときから、この記事のタイトルのようなことをずっと思ってきた。

例えば絵が上手くなりたければ、絵の練習をする時間が必要で、アニメを見たりゲームをしたりする時間を減らさなければならない。世の中にはマルチタスクで同時にこなしてしまうような才能を持った方もいるけど、やはり1点集中で極めたほうが成長速度は早い。

お金がほしければ働いたり、お金を稼ぐためなりの努力をする時間を失う。命の時間も有限だ。

もっとみる
今日はツイてる日!!
88

つまらない話

こんにちは!ごんです。
今日は私がよく聴いている深夜ラジオを絡めたお話をしようと思います。

私はお笑いが好きで、ネタはもちろん、芸人さんがパーソナリティを務める深夜ラジオを聴くことが多いです。

聴いているもの一覧(芸人さん以外も含む)
オードリーのオールナイトニッポン/ニッポン放送
バナナマンのバナナムーンGOLD/TBSラジオ
ハライチのターン/TBSラジオ
おぎやはぎのメガネびいき/TBS

もっとみる

奇妙な自粛「実験ラーメン」

深夜むくりと起きた。
小腹が空いたのだ。
こんな朝食まで我慢するのが吉なのだが、腹が減ってどうしても寝付けない。

きっと胃を満たせば眠れるだろう。

そう考えた私は、妻を起こさぬように寝室から抜け出し、深夜の袋麺タイムを楽しむことにした。
最高最強の時間と言って差し支えないだろう。
食すは出前一丁。
細い縮れ麺の醤油味、これが一番好きやねんなのだ。

沸騰した湯に乾麺をぶち込み、煮込むこと3分。

もっとみる
照れちゃう!
12

懸垂によるストレスの昇華

五年越しに懸垂欲が目覚めた。

もしかしたら、少し我慢すればその思いは消えていたかもしれないが、衝動的というか己の欲求を尊重する形で懸垂マシーンを注文した。部屋におけば、また一つスペースがなくなることはわかっていたが、どうにかなるの精神だった。

結局、壁際にエヴァの使徒のように鎮座している。

初日から、注文する前から何度もしていた懸垂イメージで、チャレンジした。五年ぶりにやったわりに普通にでき

もっとみる

東京 2020年7月の初めに。

気がついたら、半袖だった。
コートとセーターを身にまとい、自分を何かから守るかのように過ごしていた2020年の冬。

軽快なスウェットとパーカー、シャツで過ごし始めたかったけれど、家の外に出なかった2020年の春。

そして、お気に入りのサマージャケットを少しだけ羽織って外に出て、自分の中のルーティンをこぼれ落ちた街の中から拾い集めていた初夏。

いつの間にか、梅雨入りという言葉を忘れていたことを

もっとみる
ゆるノート📔をまたよろしくお願いします!
6

僕と残業とファミマ

会社員だったころ、非常に残業が多かった。今思えばよく体力が保ったものだと思う。

ファミマと残業とブラックジョーク

さて残業して深夜になると、先輩や同期たちと、会社に一番近いコンビニだったファミマに夜食を買いに行っていた。

そこで流れていたのが、ファミラジという店内ラジオ。欅坂46がパーソナリティをしていて、決まって「世界には愛しかない」という曲が流れていた。

「"世界には愛しかない"って、

もっとみる
楽しんでもらえたのなら、嬉しいです!
2

私とラジオ

突然ですが皆さんは「私の生き方」みたいなのはありますか?

そんなこと聞かれてもどう答えればいいか分からないですよね。私も分からないです。(じゃあ何故聞いた?)

生き方なんて人それぞれですし、それに正解なんてないと私は思ってます。仮にあったとしたら、その正解を見つけられない人はどうしたらよいのか。死んだも同然なんですかね。(おいおい)

でも「これが私の生き方」みたいなものを発見できたら周りに流

もっとみる
ありがとうございます!これからも頑張ります
7

#土砂降り 深夜。
猫の鳴き声。
しん という音が聞こえてくるような静寂。
朝までの時間を、僕はどう過ごす。
眠りは身体を奪うもので、無理に眠ることはない。

いくつかのいい人を辞めたら、自分の素顔に出合えた。
この夜の先には、別の夜があり、
夜の横にも夜がある。
#存在は奇跡

危機回避能力

アラサーにもなると、やばい奴、めんどくさい奴というのが少なからず存在すると思う。まさに、今の私は周りを地雷源に囲まれているが如く、そんな奴らが多い環境にいるのかもしれない。

幸い、コミュニケーションを最低限に割り切っているので、大きなトラブルに巻き込まれたことはない。その弊害としてプライベートを根掘り葉掘り聞いてくるめんどくさい奴はいるが。

ここ数ヶ月、ちょいちょいはなしかけてくる他組織の女性

もっとみる

キッチンの怠惰

深夜、眠気に勝てずにパソコンの電源を切る。

1日を共にしたマグカップを持ってキッチンへ。
シンクにある家族の分のコップと
夜食の残骸に出会う。

逡巡の後、ゴム手袋をはめた。

出勤が早い父に合わせて、
母は早起きして、料理をして、仮眠をとる生活だ。

最近は外食の選択肢が無くなり、
お弁当も用意するようになった。

朝、母の1日が洗い物で始まらないように、
夜寝る前に洗い物をすること。
4月の

もっとみる
ありがとうございます!今日もよく眠れますように!
1