つくったあとに育っていくもの:森づくりと、ものづくり
+4

つくったあとに育っていくもの:森づくりと、ものづくり

このnoteではいつしか「#欲しいものはつくる」がシリーズ化しました。欲しいと思い立ったものをつくってみるとき、そこにはワクワク感のあるプロセスがあって、たのしい……。 ただ、いろいろきっかけがあって近ごろ、つくったものがその後どうなるか、ということに関心が向くようになりました。 きっかけのひとつだったのは、先日急に読みたくなった、宮脇先生のこの本。 もう、読んでいてとても元気の出る本なのですけども。その中で実感を込めて書かれていたのは、その土地に本来自然に自生していた

スキ
4
絆の森「笑顔いっぱいの森 ひがしね」活動紹介!!

絆の森「笑顔いっぱいの森 ひがしね」活動紹介!!

皆さん、こんにちは。総務チームの槇(マキ)です。 今回は、10月30日に行いました、第13回目の絆の森「笑顔いっぱいの森 ひがしね」活動について紹介します。 「笑顔いっぱいの森 ひがしね」とは?アイジーは山形県が取り組んでいる「やまがた絆の森プロジェクト」の趣旨に賛同し、山形県、東根市と「やまがた絆の森協定」を2015年3月に締結しました。それから年2回のペースで東根市の堂ノ前公園にて森づくり活動を行っています。 秋晴れの中の活動活動当日はすばらしい秋晴れでした。(私は根

スキ
19
10月の応援地域~北海道足寄町・下川町・滝上町・美幌町からのメッセージと応援結果
+2

10月の応援地域~北海道足寄町・下川町・滝上町・美幌町からのメッセージと応援結果

こんにちは!Green Ponta Action(GPA)チームです♪ 11月も早くも3分の1が過ぎ、冬の近づきを感じます⛄ 今回は「10月の森づくり応援プロジェクトの結果」と「10月の応援地域であ北海道足寄町・下川町・滝上町・美幌町(4REST)の皆さんからのメッセージ」です! ■10月の森づくり応援プロジェクト北海道足寄町・下川町・滝上町・美幌町(4REST)の応援結果■北海道足寄町・下川町・滝上町・美幌町の皆さんからの声北海道4町の森林づくりを応援していただき、ありが

スキ
363
森づくりと収穫
+3

森づくりと収穫

近自然森づくりというものがある。 『それは何?』と聞かれても『近自然森づくりというものはこういうものでこういうことです。』と答えた瞬間に違うものになってしまうような不思議なものです。もしかしたら私の先生ならばちゃんと答えられるかもしれませんが私にはまだ説明は無理なので書きません。 でも、これはもしかしたらそれに沿った仕事の内容かも?と思ったことが昨日あったのでここに書いておきます。 今回の表紙にも使いましたこの写真。 樹高14〜5mはありそうなカナクギノキ。 大きくて

スキ
8
11月の応援地域は兵庫県宍粟市!バファローズ☆ポンタも登場!
+5

11月の応援地域は兵庫県宍粟市!バファローズ☆ポンタも登場!

Android版が登場して1か月、Green Ponta Action(GPA)でSDGsアクションに取り組んでいただく皆さんの輪が大きく広がってきました☺ 11月の応援プロジェクトは兵庫県宍粟市! そして11月はなんとバファローズ☆ポンタアバタープレゼント!⚾ 11月も毎日アクションを”宣言”して兵庫県宍粟市の森づくりに貢献しましょう♪ ■兵庫県宍粟市の紹介、コメント兵庫県の宍粟市は面積の約90%が森林で、人工林率が約73%と古くから林業の盛んな地域です。兵庫県の推進す

スキ
1,045
Pontaの森からのお便り~Pontaの森が生まれた日~
+7

Pontaの森からのお便り~Pontaの森が生まれた日~

今日はいつもとテイストを変えて、お届けします。 そして今回のお話は1つのnoteでは書ききれないので、今回は北海道美幌町にお伺いさせていただいた2日間全体のお話をさせていただき、細かいお話はまた別のnoteでお届けさせていただきます。 また、Pontaの森の取組みは継続的に発信していきますので、お楽しみに! さて、本編のはじまりです。 はじまりそう、2021年10月17日(日)午前中、Pontaの森は産声をあげた。 美幌町の皆さまが大切に育ててくださった苗、15本がPont

スキ
507
なんとか形に。〜カマド制作第4歩目〜
+4

なんとか形に。〜カマド制作第4歩目〜

打ちひしがれて自宅に帰った3歩目の昨日でした。 家に帰って『あ〜、もうどうしよう...。』こんなに時間も体力も予算も使って作ったけれどなんと設計図と間違えて作っちゃった。 レンガ積みを壊して、三度目の正直と言ってまた、一から組み直すか、それともそのまま続行するか... 機能、性能、美性とを重視するならぶっ壊してモルタル買い直してまた一からやり直すしかない。そうしたらしっかり長く愛せるカマドになると思う。そのまま続けて生み出しても美しくならないし色々と愛せないものになるかも

スキ
21
カマド制作日記3歩目
+3

カマド制作日記3歩目

現場へ向かう車中。 写真では少し見えにくいけれど右手の広く開けた空に朝一から虹がかかっている。 これはきっといい日になるに違いない♡と思い、昨日入れたモルタルの下地どんなふうに乾いてるかなーなどとルンルンワクワクしながら現場へ向かう。 その時は、泣きながら家に帰ることになるまさかの大惨事が待っているとはつゆとも知らず。。。 現場に来ると下地で作ったツルツルのモルタルに何やらついてる。 ん?動物の足跡? あ、違う。職人さんが私の仕事を気にしてちゃんと固まってるかチェックして

スキ
7
「森に関わる100の仕事をつくる」がコンセプトのフォレストカレッジの受講生になる!

「森に関わる100の仕事をつくる」がコンセプトのフォレストカレッジの受講生になる!

以前、noteで見つけた「森林ディレクター」の奥田さんの記事を書いた。 彼に会いたくて、ハチドリ電力のイベントに申し込み 森が育むエコシステムや、森づくりのために一人一人ができること、 半農半林、森の木でつくるプロダクト&家づくりなど たくさんのことを教えてもらった。 さすが森林ディレクター、なんでも知ってる💖 それにしても、自分がやりたいことばかり🤣 申し込みが終わったと思っていたフォレストカレッジのオンライン講座、実はまだ始まってなかった🤣 すぐに申し込み

スキ
86
カマド作成計画2歩目
+4

カマド作成計画2歩目

耐熱レンガってどんな感じなのかと道具は大体どんなのが必要なのかが解ったところでいよいよ正確な図面起こしをしてみることにした。(え?まだここ?) 以前ならテキトーな図面でいそいそと製作し始めて後でうぎゃーってなっていただろうが今回ばかりはちょっと違いますよ。ええ。違いますとも。 なので先ず最初に作ったのはこの図面。 1段毎に必要なレンガの数を数えるためにクロッキー帳に描いたもの。 この後、方眼紙にちゃんと計ってしっかりと線を引く。 (ほんとはマス目1個を1cmで引きたかった

スキ
9