アルウィン行ってきた!「One Soul」松本山雅編

松本山雅FC、清水エスパルスが苦手としているクラブ(私のイメージ)。ぐぬぬ。

松本の本拠地、アルウィン。
本当にいい所です。私のベストスタジアムの一つです。
何がいいかというと、一体感。
スタジアムとサポーターが作り出すあの雰囲気が素晴らしい。
松本対清水
松本対清水
日本代表u23(リオ世代)
松本対京都
松本対大宮(new)
計5回行ってます。

是非、是非、
行った事ない人は、声応援解禁後

もっとみる

「強みを消されて」~第29節ギラヴァンツ北九州VS松本山雅FC~

全文無料公開。面白いと感じていただけたら投げ銭100円やスキ、RTやいいねをよろしくお願いいたします。

 8試合勝利がないギラヴァンツ北九州が5試合勝利がない松本山雅FCをミクニワールドスタジアムに迎え撃つ一戦。
 長いトンネルを抜けた先の光を見るのはどちらなのか。

試合結果

明治安田生命J2リーグ第29節

2020.10.25

ギラヴァンツ北九州 0-1 松本山雅FC

[得点]

4

もっとみる
Twitter等での拡散お願いします!
5

大宮戦レビュー〜自分達だけの「良い内容」からの脱却〜

勝たなければいけない試合ではなかったのか

怪我人が多発している大宮とのホームでの1戦。琉球戦では主力数名を休ませたのに対して、大宮はアウェイ連戦で、使える選手の数的にも厳しい状況だったのでこちら側の方がいい条件のもとでの戦いであったが、またしても勝利は遠く……。

前半早々に先制されるという苦しい立ち上がりから追いつくことには成功し、ポゼッションでも上回ったがそこを切り取っていい内容だったという

もっとみる

【観戦記】松本山雅対大宮アルディージャ(J2リーグ第28節)

こんばんは。ミッドウィークのゲームはホームで大宮を迎えます。ヘッダーは公式より。

現在の大宮は怪我人続出、まさに野戦病院。ここ4試合勝ちがありません。対する松本は怪我人が戻りほぼベストメンバーが揃ってきていますが、なかなか勝てない状況が続きます。満身創痍の両チームの対戦です。

スタメン

松本

琉球戦は言ってしまえば1.5軍でしたが、その前の水戸戦とほぼ変わらないメンバーで臨みます。レジスタ

もっとみる
よかったらコメントもお願いします!
2

琉球戦レビュー~リベンジならず。遠かったシュート~

失点は減ったがゴールへの道はより遠くに……

日中は30度近かったという沖縄での中2日のアウェイ戦。采配や内容面では賛否の否多めの試合であったが、選手・監督、また現地組のサポーターも心身共にきついシチュエーションだったことが想像される。

そのことも考慮して主軸を温存、前半かなり守備に重きを置いた戦いを選ぶなど今季は特に重要な「Bプラン」がどれだけ機能するのかが試される試合だったが、結果・内容とも

もっとみる

【観戦記】FC琉球対松本山雅(J2リーグ第27節)@タピスタ

こんばんは。アウェイ琉球戦に行ってきました。

西日本は全て近場と思ってる私にとってはPeachでひとっ飛びだと思っていましたが、なんだかんだ片道6時間以上かかる結構な遠征でした。

沖縄に行くのは某長野県の高校に通っていた時代の修学旅行以来、一人で行くのは初めてです。

今節は2日間の遠征を振り返り、スタジアムまでの行き方やタピスタでの現地の様子をメインにし、試合内容について触れるのは少しだけに

もっとみる
ありがとうございます!
6

水戸戦レビュー~じゃんけん勝負は痛み分け~

固まってきた手の出し方、修正力に課題

勝ち点1を取れた試合なのか勝ち点2を取りこぼした試合なのか……阪野の言葉を借りて「今季1番に近いゲーム」といえるし、秋葉監督のコメントにもあった「仕留めることができた試合」という言葉もあながち間違いではないと思う。

アルウィンの地であまり状態が良くなかった水戸と今季ベスト級に良かった山雅というチーム状況を考えると、2-2という結果は満足できるものではないが

もっとみる

【観戦記】松本山雅対水戸ホーリーホック(J2リーグ第26節)

こんにちは。

この前ジュビロ磐田戦があったばっかりなのに、もうミッドウィークの試合です。なんだか本当に忙しいですね。松本にとって有難いのは連続でホームの試合なので、移動での消耗のことを考えなくてよい点でしょうか。ヘッダーは後で出てきます。

水戸ホーリーホックについて

前回対戦の観戦記はこちら。

前半に2失点、後半になんとか追いつき2-2でのドローで終わったアウェイでの一戦。イズマが途中出場

もっとみる
⚽⚽⚽🐦
2

第25節 vs磐田 ぷちレビュー 「カウンター」

どーも、こんばんは。すぴっちです。
水戸戦の直前ですが、前節のぷちレビューとなります。…なんとか3日坊主は避けられました。

 今回の題材は、第25節 vs磐田です(メンバーなどはリンク先参照)。

 この試合では62分33秒からの山雅のカウンターの場面に注目しました。
 そのカウンターは、セルジのパスカットから始まりました。そのパスカット直後の状況を図①に示します。パスカットの直前、山雅はプレス

もっとみる
ありがとうございます!!

磐田戦レビュー~カオスを持ってカオスを制せず~

殴り合い展開の結末はスコアレスに

だいぶ前になってしまったが……笑

0-0、正真正銘のドローに終わった磐田戦。お互いのチーム状況を表すかのカオスな展開となり、どちらも「勝ちきれない」というような結果に終わった。試合の本質的な部分よりも遠藤保の絶賛にばかりスポットがあたる何とも言えない試合になってしまったが、それもこちらが招いてしまったことではあるのは間違いない。

ポストもだいぶ味方をしてくれ

もっとみる