新着の記事一覧

妻が買ってくる商品が毛筆で書かれているために、おじさん向け商品を買ってることを自覚した話

「文字という存在」の不思議さ。

ガチでグローバルなソニーの書 “SST®”

ノンデザイナーに向けたフォントのはなし

スターバックスの3つのオリジナル書体

え?こんなデザインも使えるの?! ジャンル別にわかる、モリサワ新書体2022【和文編】

幾何学的なサンセリフ書体の嚆矢 “Erbar”

日下さん(BGXさん)と、芸術新潮に出会ってからの記録

タイトルは『がんばるが1割』だけど、「10割がんばっちゃった」デザインのハナシ。