書体と仲良くなる1歩目 - 29書体の使用例/コンセプト/制作年

フォントは持っているだけでは意味がないし、今のところ初心者すぎて、名前だけではどんな印象のフォントなのかわからない。なので、ひとつひとつのフォントを観察しながらまとめておきたい。 ヒラギノまずはヒラギノから行こう。コンセプトは、クール・スマート・ベーシック。開発はscreenホールディ…

#133 ルイ・ヴィトンのロゴはなぜ高級に見えるのか?

★もしよろしければ、記事下部「気に入ったらサポート」よりご支援をお願いいたします! こちらのnoteの内容は3日間無料で読めますが、その後は音声でもお聞きいただけます↓ https://stand.fm/episodes/60c73afd307e660006126acf さて、「LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)」といえば、 高級ファッショ…

社会現象になった “丸文字” をルーツに持つ書体「ららぽっぷ」

モリサワフォントの魅力や開発秘話に迫る「フォント沼なハナシ」シリーズ。
今回の主役はかな書体「ららぽっぷ」。1970〜1980年代に若い女性を中心に流行した書き文字、 “丸文字” を元にした書体です。時代背景からデザイナーインタビューまで、ごゆっくりお楽しみください! 1. 遊び心に溢れたデ…

書体と目を合わせる

手を広げるのはやめようとかいう記事を一昨日書いておきながら、また新しいことに興味が出てしまった。書体のことだ。 13:00 フォントを購入した。前からフォントを買いたいと思っていてやっと購入に踏み切った。というのも、いくつかデザインやレイアウトの本を読んでいると、フォントなしには簡単な…

鳥海修、髙岡昌生、美篶堂、永岡綾(2019)『本をつくる 書体設計、活版印刷、手製本 職…

紙の本はなくならない。 本書を読んだあと、くっきりとこころに浮かんだこと。 わたしは元々紙の本が好きだ。 活字を留めておく形態としても、あのつくりの物体としても。 どれほど電子書籍が浸透しても、紙の本をつくると儲からなくても、ずっとずっと紙の本がなくなることはないと漠然と思っていた…

マクドナルドのチキンタツタ

マクドナルドの軽やかなで鮮やかなキャラクターコラボ。 人気アニメやマンガを採用してそれが好きな(好きだった)世代を定番商品や新商品に振り向かせる常套手段だが、このアイデアはチャーミング。 タッチとタツタって音的にちょっと無理があるけど、書体とビジュアルのセンスで見事成立させている。…

アルファベットに秘められた物語

海外にいって日本語の表記をみると、言葉そのものに違和感を覚えることもありますが、それ以上に字体のセレクトに違和感を感じることがあります。(グラフィックデザイナーという職業柄というのもあると思いますが。) こちらの本では英国出身、日本に13年以上(執筆当時)住むグラフィックデザイナー…

日本語のおもしろさ

本を作る仕事をしています。 この仕事に携わって、 20年近くになります。 たまにはプロっぽいことを 書いてみましょう。 あんまりマニアックなことを書いても、 多くの人にとっては、 どうでもいいことなので、 今日は「文字」のことについて書きますね。 日本語は3種類の文字を使う特異な言語「文…

#5 [文字と書体] フォント入門と書体の正しい選び方 【ベーシックコース】 ネオモルフ…

こんにちは、アートディレクターの松元駿です! 僕は書体の美しさが大好きなのですが、デザインを独学で仕事にし始めた19歳のころは「書体なんて何を使おうが一緒だ!」くらい適応に考えていました。 デザインを始めた当初はビジュアルがかっこよければ何でもいいと思っていたんですよね。汗 このno…

330

「ヒラギノフォント」をご存知ですか? 世の中で一番有名で身近なフォントかもしれない…

こんにちは、FONTPLUSです。FONTPLUSでご利用いただけるフォントメーカー14社(2021年5月24日現在)をご紹介するコーナーです。過去3回では「昭和書体」「砧書体制作所」「白舟書体」をご紹介しました。 今回の第4回は「SCREENグラフィックソリューションズ」です。 フォントメーカー紹介/SCREENグラ…