私の書こうとしているようなことなんて、既に誰かが書いているでしょう?

こんにちは。女児大学生(19)です。成人するまでに100本書くチャレンジ、2本目です。ゆるゆる続けるのがモットーなのに、書き始めると二、三千文字に至ってしまいます。短くまとめる力もつけたいものです。

今回は、前回の補足のようなお話をするつもりです。引き続き「人に伝えるための文章を書く」ということをテーマにしつつ、自分のこれまでを振り返ってみようと思います。

前回⬇(なぜnoteをはじめたのか、

もっとみる
わあ!!ありがとうございます!!これからも頑張りますね!
24

あの頃の”ユリイカ”より、今の”ユリイカ”が好きだ

「きっと前の車両に向かって歩く人は同じ駅で乗り換えるんだろうな」

土日は最寄り駅で電車を待つホームの人はまばらだから、外の空気がいつもよりも吸いやすく感じる。

唯一通勤の憂鬱さを晴らしてくれるのは、大好きな音楽の存在だ。

イヤホンを片方ずつ落とさないようにと気を遣いながら耳にセットした。

”ミュージック”を押すとすぐに目の前に現れるいつもの曲の再生ボタンを押そうとしたけれど、
たまには他の

もっとみる

ワクワクすることを始める~文章を書くことを仕事にするには?~

コロナの影響で、3月の終わりから本業の方がダウンしています。

在宅勤務が不可能な職種なので、ここ数か月、家でのんびりとした生活を送っています。

映画を見たり、散歩に出かけたり、仕事関連のオンラインワークショップを受講したり、、。

noteに投稿し始めたのも、そのうちの一つ。

学生だった頃に、もっと軽い内容でブログをやっていたのですが、久しぶりに ”文章を書く”という作業をして、なかなか楽し

もっとみる

文章を書くということ

こんばんわ、ポチ陽です^_^
今回は文章を書くということについて書いていこうと思います。

私は文章を書くことが全く得意ではありません。昔から、読書感想文、作文、日記等々書くのがめんどくさくて適当に書いていました笑笑

そんな私がこのnoteを始めようと思ったのは、何か新しいことに挑戦する!!というのも一つですが、1番の理由は自分の気持ちを整理して、自分が何を考えているのか?何をやりたいのか?何に

もっとみる

「分かる」ってどういうことさ?

「分かる」という一言一句の意味が、自分の言葉でうまく表現できずに、落とし込めないと感じることがある。

それは「どうして分からない?」「私には分からないんだけど」「分かった分かった・・・」という言葉を日常的に耳にする中で、解消したように見えては、また蓄積されていくような、生きている間中延々と消えることの無い生理的欲求にも似たなにか。

「分かる」とは、「分ける」と関連した言葉であると聞いたことがあ

もっとみる
勿怪の幸い。
9

なにを発信すればいいのかの答え

当たり前のことだけどこの世の発信ってすべて相手は人じゃないですか?
人に見てもらう知ってもらう買ってもらう信じてもらうってことは対人が基本。
そこを避けてのクリエイト(想像と商売)ってものは成り立たないと思う。

ぼくも人だから自分が物事にハマって行くときの感情っていうのはぼくの発信に活かせる部分っていうのは大いにあると思うんです。 

冷静に分析をしてみると取っ掛かりはそれぞれで雑誌だったりSN

もっとみる
スキありがとうございます😊
4

学校で習ったこと

正解があるから答え合わせが大事だってこと。ずーっとずーっと習ってきた。頭をそのように作ってきた。問題を作った人が何を聞きたいのか推し量ることは、得意になった。

新卒で初めて勤めた時、憧れの先輩ができた。たくさんのことを教えてもらった。先輩は言った。

好子ちゃんは正解がほしいんだね。

そのときは意味がわからなかった。今はわかる。自分の思考回路は、学校で習ったことにあわせて組まれてるって。

もっとみる

やることがない状態に耐えられない

頭の中にやることが3つ以上あるとパニックになる。かと言ってやることがない状態に耐えられない。

意識的に、「ダラダラするぞ!!!」と気合を入れればできる。

意識的に、「紙にやること書き出して優先順位つけるぞ!!!」と気合を入れればパニックは落ち着く。

意識すること自体を忘れるのだ。

そこへ、家の中に絶えず話しかけてくれる人がいるのだ。おかげで寂しくないし、この人を愛している。可愛い。大好きだ

もっとみる

地球語を喋るファントン星人とウルトラマンについて:ウルトラマンメビウス

※「ウルトラ」という言葉が嘘みたいに多いです。ゲシュタルト崩壊しますね。こりゃ。







課題に追われるのが、嫌になる。嫌になると、参考文献や課題に関する情報すらも目に入れたくなくなるというもので。

半強制的に造り上げた暇の中で、私は「ウルトラマンメビウス」を視聴することにした。ちょくちょく見ていたものの、話を連続してみるのは久しぶり。十三年以上ぶり、だろうか。

しかしもう齢四五歳

もっとみる
励みになります・・・!
9

文章を書くということ。スキへの御礼。

ブログを書く、と決めた時のときめきほど私にとって儚いものはない。

このテーマで書きたい! と意気込んでアカウントを取ってみても、
決めたテーマで記事を書き続けることが億劫になる。

とにかく、はじめようと思ったんだから始めるのがいいんや! と
見切り発車で始めたら、途端に書くことが無くて困ってしまう。

どれだけブログ更新に耐性が無いんだよ… と我がことながら呆れてしまう。

そもそも、考えてみ

もっとみる
感謝の花束をあなたに。
3