ペトラ遺跡(ヨルダン) - 1983年9月25,26日
+13

ペトラ遺跡(ヨルダン) - 1983年9月25,26日

タイトル写真は同年9月25日, 筆者撮影。両側の大きな岩の塊を抜けるとこれ。 この女性は筆者の知り合い ... だったような(笑)。 https://youtu.be/Dbm8ZxIy98I ♫ ではでは, 自分で撮った動画, じゃなくて 写真を。 ペトラ遺跡, 1983年9月25-26日(写真7枚 および 旅日記) 〜 流石に夜空の写真は撮れてないけれど, あの晩見た満天の星が, これまでの60年余の人生で見てきた星空のなかで正真正銘, 最も美しい星空だった! 以下の

スキ
3
メロディ・メモ

メロディ・メモ

「愛に恐れて別の愛を求め行き着く先、美しい幻想に成り立っていた彼は完成された歪な塊となっていた〜彼は愛される為に赤子と化して。」

タバコじゃなくて煙草

タバコじゃなくて煙草

彼は煙草が似合う男だった。 友人の兄の知人というほぼ赤の他人の彼は、私と片手ちょっと年が離れていて、近年珍しい喫煙者だった。一人でふらっといなくなる彼の行方をはじめはトイレかと思っていたが、どうやらそうではないらしい。場所を聞き出して人気のいない所に佇む影を追いかけた。白状すればたぶん、この時既にわりと好きだった。彼は追いかけてきた私に困ったような優しいような微笑みをひとつくれた。「どうしたの?」 以来私はたびたび彼の喫煙を見つけだしては懲らしめた。「たばこは体に悪い」「

スキ
1
アカバ(ヨルダン), 1983年9月23, 24日 〜 西に見えるイスラエル領エイラートに向かって
+9

アカバ(ヨルダン), 1983年9月23, 24日 〜 西に見えるイスラエル領エイラートに向かって

アカバ湾を横目に, 国境近くまで歩いてみたのは, 1983年9月23日。警官も兵隊も OK と言うので歩いてみたのだが, どうなったかは後で! .. なお, タイトル写真は同年9月25日朝, アカバをローカルバスで発ってペトラ遺跡に向かうその前に, 泊まっていた宿から撮ったアカバ湾。向こうに見えるのはイスラエル領エイラートの街。 1983年4月26日に日本を発って ソ連・ヨーロッパ諸国, トルコ, そしてヨルダンの隣国シリアを旅するまでソ連・ヨーロッパ諸国, トルコのそれぞ

スキ
7
無駄だと思ってたあの行動の真実が
+2

無駄だと思ってたあの行動の真実が

もう、いつぶりだか全くわからない程度に もんのすごく、ものすごく久しぶりに、アテもなくデパァトを彷徨った いや、正確にはデパァトじゃないか もう少し若い人向けの ショッピングビル、というのだろうか あの頃よりはずいぶんとこぢんまりとした、新しい、この土地の、そんなビル。 ホテホテと、自分の足の向くまま、思いつくままに歩き回って そこに陳列されている無数の「きっかけ」から溢れ出る思考を楽しむ。 「これなんだろう」「これいくらくらいするんだろう」「あ、すてき」なんていうシンプル

スキ
4
シリア, ダマスカス 〜 括弧付きながら「平和」だった, 1983年9月12-19日
+33

シリア, ダマスカス 〜 括弧付きながら「平和」だった, 1983年9月12-19日

1983年4月26日に日本を発ち, ソ連・ヨーロッパ・トルコを旅した後, 9月5日からはシリア・アラブ共和国(アレッポ, パルミラ)ソ連・ヨーロッパ・トルコ 旅 notes に関しては, 以下リンク先 note *1 の最後から3番目の章 1983年4月26日に日本を発ってから, 初めてのアラブの国 シリア を訪れる前までの日々 (ソ連, ヨーロッパ, トルコ) にて。*1 はアレッポ 旅 note, *2, *3 はここでは脱線 notes(同年9月11日にシリアで23歳の

スキ
7
ヤドカリ放浪記2010〜美作・伯耆編〜
+10

ヤドカリ放浪記2010〜美作・伯耆編〜

4月3日 AM6:17 金持神社 あまりの寒さに目を覚ます この寒さはこの旅で一番の冷え込み 外に出ると霜が降りてる…  冷え込む筈だ  さて早速、参拝に行くか この神社は「かもち」と読み、その縁起の良い名前から金運・開運祈願の神社として広く信仰を集め又宝くじファンによる参拝者が多い 神社の由来は810年、出雲の神官の次男が伊勢神宮参拝の為この地を通りかかった所お守りとして身に付けていた神前の根付の玉石が急に重くなり、この地に宮造りするよう神夢があったので宮造りしたとの事

スキ
3
ヤドカリ放浪記2010〜出雲編〜
+5

ヤドカリ放浪記2010〜出雲編〜

4月1日 AM6:47 道の駅掛合の里 前日の夜は車が揺れるほど風が強くて一寸煩かったのだか疲労と酒の力で問題なく寝れたのだがど~も朝早く目覚めてしまう… 歳かな AM7:38 須佐神社 須佐之男命を主祭神とし妻の稲田比売命とその両親の足摩槌命・手摩槌命を配祀する出雲國神仏霊場第十八番の神社 立派な神社を想像してたが宮司が居るのに無人みたいな雰囲気を醸し出し、つまんない神社だな~と思っちゃったけど、この神社に残る七不思議に興味津々♪ 蔭無桜・落葉の槙・星滑・雨壷・塩の井・神

スキ
2
手を離せ!
+1

手を離せ!

SEINARU HAPPA  聖なる葉っぱ 最初はバンド名、一人辞め、二人辞め、 今はソロネーム。 聖なる葉っぱ。 『旅に出た者だけがいつかたどり着けるかもしれない』 SEINARU HAPPA のオリジナル曲。 僕が作って僕が歌っている。 この曲は2018年に作った曲。 フォーク調のメッセージソング。 人生における旅。自由について歌っています。 動画作りました。よかったら見てください。 流れに身を任せること。 君たちが今、必死にしがみついているものから、手を離すこ

放浪

放浪

 つい先日、旅に出かけた。行先は北海道、目的は北海道の最北端と最東端の制覇。所持金5万円。現地ではJRのフリーパスを使う…とまあこんな感じで出発したのはいいが、なんせ北海道まで在来線を乗り継いだものだから、北の地を踏むのに3日かかってしまった。  某作家は、トンネルを抜けると雪国だったと仰ったそうだが、僕が行ったときは道民が倒れるほどの猛暑で、とても白銀の世界を創造することなどできなかった。まさか昭和の作家は札幌が東京より暑くなるとは想定していなかったろう。まさかエゾシカは

スキ
2