想いを受け継ぐ

ちょうど2年前、東京都内で蕎麦屋を経営していた祖父母が店を畳みました。

祖父にとって、父親から受け継いだ大切な店。祖母にとっても、長野から嫁いで50年間、祖父と共に守ってきた思い入れの深い空間。

しかし売り上げは年々減り、独立した子ども二人のほかに後継ぎもなく、かつては賑わっていた周辺の商店街も次々に店仕舞い。

80歳を目前にした祖父母が「廃業」の選択をした気持ちも理解できる気がします。

もっとみる
素敵な1日になりますように🍀
5

バトンは誰に

東野圭吾さんの「クスノキの番人」を読んだ。

自分なりの気づきを書いておこう。それは、

**********************************

「今ある世界は、先人と今の周りの人たちの血と汗と涙の結晶であること、それを自分もつないでいくこと」

**********************************

巡り巡る「恩送り」という言葉があるように、今ここで生きている私は

もっとみる
嬉しいです!今日が幸せな1日になりますように(^^)/
5

ペイフォワード・恩送り

今日のおすすめの一冊は、志賀内泰弘氏の「5分で涙があふれて止まらないお話」(PHP)です。その中から「パンの耳ちょうだい」という「恩送り」の話です。

2001年に日本で公開された映画「ペイ・フォワード 可能の王国」(原題/Pay It Forward)。中学校1年生の生徒たちに、社会科の教師シモネット先生が、「世界を変える方法を考え、それを実行してみよう!」という課題を出します。生徒の多くは不平

もっとみる
とっても嬉しいです!
11

だからハワイが好き②

[今日の短歌]ほんの少し見知らぬ誰かに恩送り巡り巡って皆幸せに

クプナアワーにサプライズ

段階を踏んで、少しずつコミュニティーの活動が再開しつつあるここハワイで、今日とても嬉しくなるニュースが飛び込んで来ました。

以前も書いたのですが、ハワイのスーパーでは現在、開店後1時間をクプナ(年長者)専用としていることが多く、この時間はクプナアワーと呼ばれています。ただでさえ、買い物が容易でないクプナ

もっとみる
明日も良い日でありますように♪
9

私にしかできない事で生きていく

こんにちは。

コロナの影響で休職⇒退職が決まったしおりです。
(えーい!いきなり爆弾投下~!)

本音を言うと
「しおり、会社やめるってよ」って
有名な青春小説のようなタイトルを
付けたかったのですが
名前負けしそうなのでやめました。

レモンからの学び

そうそう。見てくださいよ!(突然)
カメラマンの友人が撮ってくれた写真、
ツイートしたら70いいねも付いちゃって!
レモン投げるの仕事にしよ

もっとみる
広い世界同じ空の下でnoteを通じて繋がれたことは奇跡だと思います。
102

トイレの神様の話

私が浪人して予備校に通ってた頃の思い出話です。

⚠下品な表現もあるかと思いますので不快に思う方はスルーをお願いします。

私が19歳の時の話です。現役の時、大学受験に失敗し予備校に通い浪人生活を過ごしていました。予備校での生活は朝から晩まで授業が詰まっていて高校生活の延長みたいな感じ。でもそこには高校生活のような青春はなく、ひたすら勉強。勉強尽くしの日々でした。

ちょうど授業を受けていると、た

もっとみる

無理しないで〜「恩送り」信仰への警鐘〜

恩送りという言葉(考え方)がある。
ペイフォワードともいう。

恩送りとは、誰かから受けた恩を、直接その人に返すのではなく、別の人に送ること。

ギブアンドテイク、だとか、ギブアンドギブだとかという言葉(考え方)もある。
要は、まずは人に与えよう、という話だ。

わたしに恩送りの話をしてくれた友人たちは、口を揃ってこう言った。

「恩返しだけじゃなくて、恩送りをしたら、感謝が循環してきっと世界が優

もっとみる
ありがとうございます!素敵な1日を!
8

厳しい世の中でも「奇跡」を起こせるたった2つの方法

withコロナの時代、
コミュニケーションが変われば、
人付き合いも変わってきますよね。

その人から受けた厚意や親切を、

その相手に返す事を

「Pay Back
(ペイ・バック:恩返し)」

といい、受けた相手に返すのではなく、

他の誰かに違う形で先送りして、

善意を広げていく事を

「PAY it FORWARD
(ペイ・フォワード:恩送り)」

これこそが

厳しい世の中でも、
「奇

もっとみる

感謝の気持ちをチョコレートにのせて。

ペイフォワードという言葉があります。

『ある人物から受けた親切を、また別の人物への新しい親切でつないでいくことを意味する英語。または、多数の人物が親切の輪を広げていくための運動のこと。アメリカ合衆国などで突発的に一つの場所で行われることが稀にある。』 Weblio辞書引用。

有名な話ではコーヒーショップであるゲストが次の人のコーヒー代を払ったそうです。
次のコーヒー代を払ってもらった人も次の人

もっとみる
ありがとうございます。
5
お読みいただき、ありがとうございます。合掌
3