忍術

【火影忍者】无论是谁,不过一袭剪影 NARUTO疾風伝

【火影忍者】无论是谁,不过一袭剪影 NARUTO疾風伝

英雄さんの忍者の物語を作るにあたって、お願いしたことがあるんだ。 ワンピースみたいに、何もかもを得ていって足し算で失ったことがないかのような都合の良い世界ではなく、ドラゴンボールのような戦い続けていくほどに孤独になっていく物語ではなく、僕らのおじいちゃん世代が、たくさんの兄弟がいて、たくさんの親族との交流が普通にあった、失われていく絆の世界を、覚えている間に、描いて欲しいと頼んだ。 落ちこぼれのぼくナルトと、天才の英雄サスケと、一緒に始まり、殺し合うほど戦い、傷つけあって、その上でやっぱり最後は、一緒に戦って幕を閉じよう・・・という物語。ぼくが生まれるより前に封印されてていた話や、5歳まで走れないほど守護方陣がきつかって助けてもらったこと、ぼくが4代目で先祖返りの世代であること、僕らが狐を好きなこと、震災の襲来の時代に合わせて九尾に戦いをさせること、ぼくらからみんなへ贈り物だということ、痛みを知ってなお生きていくことを教えるような、そういう感じ。 ---------------------------- テレビ東京・あにてれ NARUTO-ナルト- 疾風伝 https://www.tv-tokyo.co.jp/anime/naruto/index2.html 忍同士が超常的な能力「忍術」「体術」「幻術」「仙術」を駆使して派手な戦いを繰り広げるバトルアクション漫画。

5
呪術について考えてみる【効果と呪術的概念の活用】

呪術について考えてみる【効果と呪術的概念の活用】

呪術は思考を縛るためのもの呪術とは何なのか?ここでは呪術から超自然的なもの、神秘的な面を排除して考えを進めてみる。さらに呪術を行うことで物理的な作用も無いとしてリアリティに則って進める。 結論を言えば「呪術とは思考を縛るためのもの」であると僕は思う。 超自然性がなく、物理的影響がなければ、残る影響は心理面となる。例えば、呪詛を人にかけられたと思うことで不安を感じる。呪術によって悪霊を調伏できたと思うことで安心感を得る。護身法を行い災いから身を守ることができると思うことで安

1
ツーマンセルでは互いの役割を考えて行動する。忍者の働き方【義盛百首 忍歌100】

ツーマンセルでは互いの役割を考えて行動する。忍者の働き方【義盛百首 忍歌100】

「二人行く 忍びは一人 先立ちて 跡なる人に 道を示せよ」 忍歌 義盛百首 第百首 【現代語訳】忍びに二人で行くなら、一人は先に行き後の人に道を示す 【解説】二人忍びで行動する場合、一人は先行して後のもう一人に道を示す。先行する忍びは前方の安全確認を行い、後続する忍びは先行のサポートを行う。一人忍びを独忍、二人以上の忍びを双忍といい、双忍の術での忍び込みは上手な者から順に入り、退出時は下手な者から先に出る。これは忍びの生存率を上げるための方法で、離行の術という。 【

1
一人よりも二人、ツーマンセルで仕事を行う。忍者の働き方【義盛百首 忍歌99】

一人よりも二人、ツーマンセルで仕事を行う。忍者の働き方【義盛百首 忍歌99】

「窃盗(しのび)には 二人行くこそ 大事なれ 一人忍ぶに うき事は無し」 忍歌 義盛百首 第九九首 【現代語訳】忍び働きには二人で行くことが大事である。一人忍びに良い事は無い 【解説】忍びの任務には敵国に潜入しての情報収集、謀略や戦場での敵陣・城に火をかけたりなどの破壊工作、自国内の怪しい人物をマークして敵の諜報活動を阻止する防諜など色々あるが、どの任務も一人では限界がある。二人忍びで任務に当たれば、工作と連絡や攻めと警戒、陽動と潜入など作戦の幅が広がり、生存率と任務

1
占いは不確定な未来を見て、そこに向かうべき対策や心がけを取るためのもの

占いは不確定な未来を見て、そこに向かうべき対策や心がけを取るためのもの

古神道において占いは対価・犠牲が伴うといい、陰陽道を用いる兵法家も完璧な勝利を狙ってはならないと警告している。これって収穫逓減の法則(土地を増やしても収穫量が上がるだけでなく疲労も上がる)が働くことを感覚的に理解していたのかな また、火を起こすには薪がいるし、車を走らせるにはガソリンがいる。物を買うには金がいるというごく自然な問題も当てはめられる。 もしかしたら占いは、占って見た結果について現在とその未来の時間的繋がりを予想し、実質的な対策や心がけを行い、ifに対して進ん

3
イレギュラーな事態も想定し、想定外に備える。忍者の危機管理【義盛百首 忍歌98】

イレギュラーな事態も想定し、想定外に備える。忍者の危機管理【義盛百首 忍歌98】

「旅宿の 二階座敷に 気をつけて 簀掻(すがき)遣戸(やりど)に 用心をせよ」 忍歌 義盛百首 第九八首 【現代語訳】旅宿の二階座敷では、床下・引戸に気を配り用心をする 【解説】旅先の宿が二階部屋の場合、床下(真下の部屋)と引戸(部屋の出入口)を警戒する。下から槍で突かれたり、戸を破って敵が攻めてくることを考えて、緊急時に脱出できる心がけをする。 【超訳】イレギュラーな状況にも備える。出先では常に不足の事態が起こるもので、普段通りの方法では上手くいかないことがある。

1
注意・警戒は心を落ち着けて。忍者の危機管理【義盛百首 忍歌97】

注意・警戒は心を落ち着けて。忍者の危機管理【義盛百首 忍歌97】

「荷物をば 座敷の中に 積み置きて 壁ある方(かた)に 番をなすべし」 忍歌 義盛百首 第九七首 【現代語訳】荷物を座敷内に積み置き、壁にもたれて番をする 【解説】大事な荷物はすぐ手に取って逃げられるように、人に預けず座敷内に積み置く。積み置くとは、何かあってもすぐ手に取って逃げられるようにしておく事。番(警戒)は壁を背にもたれて行い、左右と正面の三方向からの敵襲に備える。後ろは壁なので安心して番ができる。 【超訳】緊急時の脱出方法と、安心して警戒できる体制を用意す

1
避難経路を確認しておくことが安心に繋がる。忍者の危機管理【義盛百首 忍歌96】

避難経路を確認しておくことが安心に繋がる。忍者の危機管理【義盛百首 忍歌96】

「大事なる 荷物を持てる 旅ならば まず門(かど)背戸(せど)の 道筋を見よ」 忍歌 義盛百首 第九六首 【現代語訳】大事な荷物を持っての旅では、まず門・背戸の道を確認する 【解説】大事な荷物、盗まれてはならない密書を持っての旅では、門(正面出入り口)と背戸(裏口)のルート確認を行う。宿で休憩しようという時も、敵の襲撃を受ける可能性がある。万が一を想定して逃げ道を確認しておくことが、用心であり安心に繋がる。 【超訳】建物の出入り口、避難経路を確認しておく。旅先のホテ

1
知らない事でも知るように努めて安心感を得る。忍者の旅行術【義盛百首 忍歌95】

知らない事でも知るように努めて安心感を得る。忍者の旅行術【義盛百首 忍歌95】

「旅にては 何につけても 油断すな 不覚の事の ある物ときく」 忍歌 義盛百首 第九五首 【現代語訳】旅では、どんな事にも油断しないように。なぜなら不覚があると聞くから。 【解説】遠くに旅に出るような任務(遠国御用という)では、どこで何があるかわからない。知らない土地でいつ敵に襲われるかわからない。関所で怪しまれて捕まるかもしれない。江戸時代の旅行では獣や山賊に襲われたり、盗賊に荷物を奪われたりする危険もある。旅は危険と隣り合わせということを意識して、生きて任務を達成

1
眠気は重大なミスを引き起こす。忍者も眠気には勝てない【義盛百首 忍歌94】

眠気は重大なミスを引き起こす。忍者も眠気には勝てない【義盛百首 忍歌94】

「番所にて 仕切に眠く なるならば 事あるべきと 用心をせよ」 忍歌 義盛百首 第九四首 【現代語訳】番所にて、何度も眠くなる時は何かが起こると考え用心する 【解説】番所(警備エリア)にて、警備任務中に何度も眠気が襲ってきてうとうとしてしまう時は注意力が薄れていて危険である。忍びはこの隙をついて潜入したり、奇襲をかけたりするもの。眠気がある時は身の危険がすぐ側まで近づいていると意識する。 【超訳】眠気は重大なミスを引き起こす。眠気は認知・思考機能を低下させて意識を失

2