きよし|忍者なデザイナー(Shinobi Design Project CEO)

忍者が気づいた事・考えた事をつぶやくノート🗒Shinobi Design Project は忍者・忍術🥷の発想でデザインとパルクールのお仕事をする会社/桑沢デザイン研究所PD卒/入間パルクール教室🤸‍♂️/忍術研究/お仕事ご連絡は→✉️design.kiyoshi@gmail.com

きよし|忍者なデザイナー(Shinobi Design Project CEO)

忍者が気づいた事・考えた事をつぶやくノート🗒Shinobi Design Project は忍者・忍術🥷の発想でデザインとパルクールのお仕事をする会社/桑沢デザイン研究所PD卒/入間パルクール教室🤸‍♂️/忍術研究/お仕事ご連絡は→✉️design.kiyoshi@gmail.com

マガジン

  • 忍術の研究

    忍術について気づいたこと、現代のビジネス、デザイン、日常生活などへの活用法を考え書き記します。🗒🖋 (忍術とは、忍者のお仕事である「諜報活動・謀略・工作」などに必要となる情報収集、隠密行動、逃走、武術、兵法など多岐にわたる幅広い忍者のスキルを指します)

  • 連載:忍者の技と知恵(月・水・金 朝8時更新!)

    【忍者の技と知恵】は毎週 月・水・金曜 朝8時ごろ更新!『図解 万川集海』を元に、生活や仕事に活かせる忍者の技と知恵をお届けします。 📘図解 万川集海 → https://www.amazon.co.jp/dp/B07Y6YG79L?tag=note0e2a-22&linkCode=ogi&th=1&psc=1

  • SDP STORE 商品紹介

    SDP STOREにて販売開始された商品記事のまとめマガジンです。

ストア

  • 商品の画像

    輪帯(縞・七宝)

    ※本商品は受注生産となります。注文を受けてからお届けまでに現在1〜2週間ほどお時間をいただきます。正確な発送日時については注文後メールでご連絡させていただきます。「輪帯」とは忍者が使用していた着物帯です。帯に端がなくループ状になっているため、掴んだところから折り返して使用することで帯のどこでも帯端として使うことができます。帯端を確認できない夜闇の中や、敵襲に応じて咄嗟に服を着て行動しなければならないときに重宝しました。忍術伝書『正忍記』に「帯は黒色、丸ぐけの端なしという輪帯なり。取るところ端となる早技の仕方、最も吉」とあります。本商品は伝書の記述を参考にしながら、稽古着や普段着として使いやすいようにリデザインしたものになります。帯幅は9.5cmで、帯刀しやすいよう幅広に作っております。長さは2m60cmで胴を2周できる長さです。通常の帯は3周以上巻いて使用しますが、本商品「輪帯」は胴1周で2巻できますので2周(4巻)できる長さに仕立てております。色は落ち着いた濃紺で、忍び装束に合う色合いです。柄は伝統的な日本文様の「縞(しま)」と「七宝(しっぽう)」の2種類をご用意いたしました。縞は江戸時代後期(文化・文政の頃)に単純明快な図案が粋として流行した柄、七宝は図案の円形が円満を表すとされる吉祥文様です。装束や着物のワンアクセントとしても締まるお洒落アイテムとなっております。本商品には「輪帯の手引き」として小冊子が付属します。輪帯の説明、帯の結び方が記載されている説明書となります。帯を初めて結ぶ、結ぶのが苦手という方も気軽にお使いいただけます。忍び装束の帯として、浴衣や長着の帯として、稽古着でも普段着でも忍者さまのご自由にお使いいただけるファッションアイテムです。内容:輪帯、輪帯の手引き柄:縞・七宝色:濃紺長さ:2m60cm(ループ状態)幅:9.5cm素材:綿Designed by Shinobi Design Project in Japan※掲載写真と実際の色には多少の違いがございます。※輪帯には帯芯(帯の形状を整えるための芯)が入っているため洗濯はできません。お手入れは使用後に陰干しして湿気を飛ばすようにしてください。※本製品による事件・事故や怪我は自己責任でお願いいたします。Shinobi Design Projectでは一切の責任を負いません。
    ¥7,000
    SDP STORE
  • 商品の画像

    うさぎとにんじゃ(ポストカード)

    2023年明けましておめでとうございます。卯年ということで兎に紛れる忍者くんのポストカードを作成いたしました。合わせて『図解 万川集海 第一帖』の表紙イラストもセットで販売いたします。画用紙のようなざらっとした質感の紙にプリントしたポストカードになっております。これからも全国の忍者さまに良い品を届けられるよう努力してまいります。本年もどうぞよろしくお願いいたします。内 容:ポストカード2枚組サイズ:148×100mm素 材:紙Designed by Shinobi Design Project in Japan※イメージ画像と実際のポストカードの色とは多少の違いがございます。
    ¥200
    SDP STORE
  • 商品の画像

    輪帯(縞・七宝)

    ※本商品は受注生産となります。注文を受けてからお届けまでに現在1〜2週間ほどお時間をいただきます。正確な発送日時については注文後メールでご連絡させていただきます。「輪帯」とは忍者が使用していた着物帯です。帯に端がなくループ状になっているため、掴んだところから折り返して使用することで帯のどこでも帯端として使うことができます。帯端を確認できない夜闇の中や、敵襲に応じて咄嗟に服を着て行動しなければならないときに重宝しました。忍術伝書『正忍記』に「帯は黒色、丸ぐけの端なしという輪帯なり。取るところ端となる早技の仕方、最も吉」とあります。本商品は伝書の記述を参考にしながら、稽古着や普段着として使いやすいようにリデザインしたものになります。帯幅は9.5cmで、帯刀しやすいよう幅広に作っております。長さは2m60cmで胴を2周できる長さです。通常の帯は3周以上巻いて使用しますが、本商品「輪帯」は胴1周で2巻できますので2周(4巻)できる長さに仕立てております。色は落ち着いた濃紺で、忍び装束に合う色合いです。柄は伝統的な日本文様の「縞(しま)」と「七宝(しっぽう)」の2種類をご用意いたしました。縞は江戸時代後期(文化・文政の頃)に単純明快な図案が粋として流行した柄、七宝は図案の円形が円満を表すとされる吉祥文様です。装束や着物のワンアクセントとしても締まるお洒落アイテムとなっております。本商品には「輪帯の手引き」として小冊子が付属します。輪帯の説明、帯の結び方が記載されている説明書となります。帯を初めて結ぶ、結ぶのが苦手という方も気軽にお使いいただけます。忍び装束の帯として、浴衣や長着の帯として、稽古着でも普段着でも忍者さまのご自由にお使いいただけるファッションアイテムです。内容:輪帯、輪帯の手引き柄:縞・七宝色:濃紺長さ:2m60cm(ループ状態)幅:9.5cm素材:綿Designed by Shinobi Design Project in Japan※掲載写真と実際の色には多少の違いがございます。※輪帯には帯芯(帯の形状を整えるための芯)が入っているため洗濯はできません。お手入れは使用後に陰干しして湿気を飛ばすようにしてください。※本製品による事件・事故や怪我は自己責任でお願いいたします。Shinobi Design Projectでは一切の責任を負いません。
    ¥7,000
    SDP STORE
  • 商品の画像

    うさぎとにんじゃ(ポストカード)

    2023年明けましておめでとうございます。卯年ということで兎に紛れる忍者くんのポストカードを作成いたしました。合わせて『図解 万川集海 第一帖』の表紙イラストもセットで販売いたします。画用紙のようなざらっとした質感の紙にプリントしたポストカードになっております。これからも全国の忍者さまに良い品を届けられるよう努力してまいります。本年もどうぞよろしくお願いいたします。内 容:ポストカード2枚組サイズ:148×100mm素 材:紙Designed by Shinobi Design Project in Japan※イメージ画像と実際のポストカードの色とは多少の違いがございます。
    ¥200
    SDP STORE
  • もっとみる

最近の記事

  • 固定された記事

忍者の情報収集とコミュニケーション技術、その使い方【敵忍者防衛論:万川集海第三帖発売中】

忍者は戦国・江戸時代、スパイとして歴史の裏で活躍した情報収集のエキスパートです。忍者の情報収集技術、つまり忍術には陰術と陽術があります。陰術とは忍び装束に身を包み姿を隠して敵地に潜入して情報収集を行う術で、対して陽術とは商人や僧侶などに変装して姿をさらしながら敵国民と交流し情報を入手する術です。 忍者は平和な時から敵国に潜伏し、陽術を駆使して情報収集ネットワークを構築します。現地住民や官僚と仲良くなり、信頼関係を築いて、戦争発生の兆しをキャッチしたら謀略(賄賂による買収や偽

    • 「伍」を編制してスムーズに部隊運用【忍者の技と知恵 #202】

      軍隊を編制するにはまず五人一組の「伍」を作ります。部隊は兵士個々の経験値を揃えずに、新兵からベテランまで混ぜて編制します。敵忍者は新兵のフリをして紛れ込むことがあるので注意しましょう。 戦国時代、戦いの主戦力である「足軽」は多くが金で雇われるアルバイト兵士でした。領地を失った武士や、大名に反抗的な郷土の地侍が足軽となりました(領民を招集することは少なかった)。 軍隊のような巨大な組織は、質で戦うことよりも数で戦うことに戦略の重点が置かれます。数で戦うというのは、そこそこ使

      • 忍者の日 特別クーポン配布します!【SDP STORE】

        2023/2/2〜2/22 「忍者の日」を記念して、SDP STOREではささやかながら特別クーポンを配布いたします! 当ストアの忍器・忍具は時間をかけて研究し、デザインに熟考を重ねて、一点一点手作業で製作しております。そのため量産品のように安価な製品提供はできませんが、忍者・忍術のことをしっかりと考えた丁寧な品質のものを全国の忍者さまにご提供しております。多くの忍道・忍術修行者に手に取っていただけるように価格設定はいつもギリギリとしておりますが、今回「忍者の日」としてさら

        • 戦場で敵忍者を防ぐポイント、仕事のパフォーマンスを上げるポイント【忍者の技と知恵 #201】

          大規模な軍隊を動かすときは大きな隙が生まれるものです。忙しない準備、進軍による疲労、戦場の混乱など敵忍者にとって絶好の機会がたくさんあります。敵忍者は状況の隙を突き、味方に紛れ込んで混乱を大きくし、チームワークを崩して戦いを敗北に導きます。 戦場において敵忍者を防ぐポイントは、チームワークを高めることと、作戦や部隊編制、行動を極秘に行うことです。 仕事のパフォーマンスを上げる一番のポイントは、パフォーマンスを下げる要因を排除することです。上手くやる方法を見つけるより失敗す

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 忍術の研究
          きよし|忍者なデザイナー(Shinobi Design Project CEO)
        • 連載:忍者の技と知恵(月・水・金 朝8時更新!)
          きよし|忍者なデザイナー(Shinobi Design Project CEO)
        • SDP STORE 商品紹介
          きよし|忍者なデザイナー(Shinobi Design Project CEO)
        • デザインの研究
          きよし|忍者なデザイナー(Shinobi Design Project CEO)
        • パルクールの研究
          きよし|忍者なデザイナー(Shinobi Design Project CEO)
        • ◯◯を読んで(不定期更新の読書日記📖)
          きよし|忍者なデザイナー(Shinobi Design Project CEO)

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          山を越えて国取るの大変だったから忍者は発展した【戦国の戦と日本人の思想】

          飛行機に乗って上空から日本を見ると本当に山だらけで、平坦な土地があるかと思えばグレーの住宅で密集している。 日本の歴史はほとんどが内戦だが、戦国大名が国取りを行うのは本当に大変だっただろうと思う。 限られた平地を奪うために山を越えて遠征し、戦闘を繰り広げ奪取する。山谷の形は今も昔も変わらないので、進軍ルートはイメージがついてくる。 現代人が進軍ルートのイメージできるんだから当時の人はもちろんできるわけで、一番戦闘の激しくなる決戦地は決まってくる。山谷を見ながら想像すると

          指揮官や上司は手本になる行動で、部下と共に苦楽を過ごす【忍者の技と知恵 #200】

          国や将軍は忍術を学び、兵法を理解して防衛策を立てしっかりと実行すれば、敵忍者の侵入はほぼ不可能になります。侵入されたとしても被害は一時的なもので、長期の平和は維持されるでしょう。 軍隊の指揮官である将軍は兵士の手本になるように行動します。規律をしっかり守り、兵士と一緒に行動し、苦楽を共に過ごします。その結果兵士は将軍を親のように慕い一生懸命戦います。強固な信頼関係と戦う意志に対して敵忍者は謀略を仕掛けることができません。 指揮官たる上司は部下の手本になる行動をとり、部下と

          雪積もる吉田神社に行ってきた⛩

          +2

          忍者御用達の「輪帯」作ってます🥷

          国を守るために考え育てる【忍者の技と知恵 #199】

          国や将軍は忍術を学び、兵法を理解して防衛策を立てしっかりと実行すれば、敵忍者の侵入はほぼ不可能になります。侵入されたとしても被害は一時的なもので、長期の平和は維持されるでしょう。 国家の指導者は、日頃から兵法(軍隊運用の思想や戦術、戦略)や謀略(政治的な戦略、心理戦)についてよく考え戦いに備えます。 軍隊の編成では、兵士個人の能力を見極めて適した役職に配置します。軍隊の訓練はいついかなる時も戦えるように行い、強い軍隊に育てます。屈強な兵士を前に敵忍者は恐れを感じて潜入を断念

          人の心を育てる国の環境作り【忍者の技と知恵 #198】

          国や将軍は忍術を学び、兵法を理解して防衛策を立てしっかりと実行すれば、敵忍者の侵入はほぼ不可能になります。侵入されたとしても被害は一時的なもので、長期の平和は維持されるでしょう。 正しいことは褒め、悪いことは罰するように倫理的に国家を運営します。公正に賞罰が与えられれば、国民は納得し自然と仁義の心(倫理的で他人を思いやる心)が身につきます。敵忍者の悪魔の囁きのような謀略は正しい心を相手には通用しません。 客観的に見た公正さがあるからこそ納得を得られ、信用となり、人はそれを

          独裁的な価値基準ではなく倫理的な基準で組織運営【忍者の技と知恵 #197】

          国や将軍は忍術を学び、兵法を理解して防衛策を立てしっかりと実行すれば、敵忍者の侵入はほぼ不可能になります。侵入されたとしても被害は一時的なもので、長期の平和は維持されるでしょう。 国運営というのは常に倫理的に行います。目上の人には敬意を持って接し、正しい人には褒賞を与え、悪さをする人には内容に応じた罰を与えます。 独裁的に個人の価値基準で判断するのではなくあくまで倫理的に判断するのが大事です。客観的に見て正しいと言える価値基準を持ち、それによった判断と行動をとります。倫理

          「輪帯」販売開始しました!🥷

          お待たせしました!SDP STOREにて「輪帯」の販売・受注を開始しました! 本アイテムは忍術・忍道の稽古から普段使いにも良い仕上がりとなっております。 「輪帯(縞・七宝)」「輪帯」とは忍者が使用していた着物帯です。帯に端がなくループ状になっているため、掴んだところから折り返して使用することで帯のどこでも帯端として使うことができます。帯端を確認できない夜闇の中や、敵襲に応じて咄嗟に服を着て行動しなければならないときに重宝しました。 忍術伝書『正忍記』に「帯は黒色、丸ぐけの

          いろんな情報を民と共有。情報共有の本質は安心感の共有【忍者の技と知恵 #196】

          国や将軍は忍術を学び、兵法を理解して防衛策を立てしっかりと実行すれば、敵忍者の侵入はほぼ不可能になります。侵入されたとしても被害は一時的なもので、長期の平和は維持されるでしょう。 新たに法律が定められたら国民に情報を周知し共有します。そのほか様々な情報も国民に知らせ物事を明らかにして行うようにします。すると国民の信頼を得ることができ、敵忍者は偽言を流すなどの工作活動ができなくなります。 国と民の間で情報を共有するのは国民にとって安心感につながります。知らないところで何をさ

          罪は正しく罰して遺恨を残さない。さらなる危険を回避するために【忍者の技と知恵 #195】

          国や将軍は忍術を学び、兵法を理解して防衛策を立てしっかりと実行すれば、敵忍者の侵入はほぼ不可能になります。侵入されたとしても被害は一時的なもので、長期の平和は維持されるでしょう。 犯罪を犯した者は正しく罰します。刑罰は罪の重さに応じて誰が見ても正当だと納得できるような罰を与えることが大事です。刑法はあらかじめ決めておき、周知させることが後々恨みを生まないことにつながります。恨みが無ければ敵忍者は容易に付け込めません。 罪(悪いと知っていて犯した犯罪行為)や咎(知らずに犯し

          組上井楼(くみあげせいろう)とにんじゃ🥷

          浮いた財源は部下に還元、お金と信頼を循環させる【忍者の技と知恵 #194】

          国や将軍は忍術を学び、兵法を理解して防衛策を立てしっかりと実行すれば、敵忍者の侵入はほぼ不可能になります。侵入されたとしても被害は一時的なもので、長期の平和は維持されるでしょう。 資金の無駄遣いを減らし、上手にやりくりすることで軍事費を含めた国の財源は十分に足ります。お金に余裕があるというのは精神の余裕も生み出します。浮いた資金で優秀な部下に褒賞を与えることもできるので、上司への信頼は厚くなり、敵忍者の付け入る隙は無くなります。 無駄遣いを減らし、財源を確保し、さらに余裕