客観とかさぶた

最近ふとした瞬間に客観が顔を出す。
一番最初に「客観だ」と思ったのは、たしか鏡に向かって眉の形を見ていたときだった。

眉の形を整えるためにせっせとカミソリを動かしていた時、突然、自分の顔に沿った眉の形が見えた。
何十年もカミソリを動かしていたはずだが、その時初めて自分の顔を一歩引いて眺めたような感覚が得られたのだ。
思わず眉のことは忘れて「これが客観か」と感じた。異様な感覚だった。

はたして自

もっとみる

【日記】食への苦手意識と強迫観念

おいしいとも食べたいとも思わずに無心でホットドッグとアイスクリームを食している自分を見て、馬鹿だなあと心の底から軽蔑した。今日の夜中の二時ごろの話である。

もうほとんど消え去っていたと思っていたが、やはり一度身に付いた悪癖は完全にはなくならないのかもしれない。
大した程度ではないものの、私には中学生ぐらいから夜中にドカ食いしてしまうことが度々あった。それも空腹や食欲によって引き起こされるのではな

もっとみる

自覚しているが、諦めている方へ

※上記の方以外の方も読むことは構いませんが、捉え方が異なる為、僕がお伝えしたい真意が伝わらない可能性がございます。それをご理解いただいた上で、ご一読下さいますようお願い致します。

諦めているということは一度は治そう、改善、軽減させようと思ったことがあるはずです。

あなたは誰も理解してくれない、とてつもない恐怖に対して考え、悩み、苦しみ、どうにかしてそれを対処しようとした。

この記事を読み進め

もっとみる
ありがとうございます。あなたのお陰で、これからも記事を書こうと思えます

下書き人生

notoの下書きが溜まってきたので、なんとかしてみようというお話。
どうにか、一掃しでみるつもりだ。

noteの下書き

記事のリストを眺めていたら、下書きが多いことに気がついた。
100本くらいある。

みなさんはどうですか?

公開できなかったワケ

一応完成しているが、公開していないもの。どこか気に入らなかったんだと思う。箇条書きがされたメモのようなもの。これは書きかけだ。

出だしはいい

もっとみる
ありがとうございます。良き一日を!
4

競争社会

もし私以外の全ての人が
その身を休めるというのならば、私も休みたいと思う

私だけ休むことは恐ろしくて
世の中というものに置き去りにされてしまう気がしている

世の中なんていう人はいないのに、一人一人の顔が見えない僕たちは
動き続ける何かに怯えてひたすらに働いている

誰もが広がりすぎた世界のたった一人でしかないことに
今日も得心できずに暮らしている、まるで一匹の蜂のように。

スキです!

スケジュール強迫観念からの脱却

今日は、いや今日もかな?、最近は。予定がない。
今から思えば10年以上Googleカレンダーにスケジュールをギッシリ埋め込み、空白を極力なくすことが、生きている証とでも言いたげなライフスタイルを貫いてきた。
平日なら少しでも時間があけば全国にある拠点に出張の予定を入れ、また夜は四六時中(安いところばかりであるが)飲みの予定を放り込み、休日は休日で若い頃からやってみたいと思っていかながら出来なかった

もっとみる
ありがとうございます、嬉しいです❗️
7

しんじゆう

踊らにゃ そんそん
夢見がち!

土佐の高知のゆめは
くちはてた

かねもち うんちく
もうあきた

すたれた すたれた
まちに
まつりで
バカ騒ぎ!

ほにや ほにやと
うんちくのべて
じゆうしゅぎ!

ほにや? ほにや?
何が ほにや?
わからない

コロナ コロナと
マスゴミ騒いで いい気分
自粛 自粛で
金持ち 優雅な生活
踊らにゃ そんそん!

飯食い場も自粛で
食い倒れ?
仕事辞めても

もっとみる
ありがとう

筋トレは自分のペースで、強迫観念にとらわれるな。

皆さんはトレーニングされてますか?

私はトレーニングをすると頭が良くなると聞いたことがあったので、1年前くらいから始めるようにしたのですが、最初は、頭が良くなるという意味で始めた筋トレがいつの間にかもっと筋肉を大きくしたいという気持ちに変わっていき、インターネットや本で様々な知識を得るようになっていきました。

これを読んでいる皆さんの中にもそういった方がいると思います。

そんな皆さんに言いた

もっとみる

すき間を埋めるクセ

かつての私は、トラウマを抱えていたので。

ほっこりした時間は、敵だった。

リラックスすると必ず、過去のイヤな記憶が、生々しく頭の中に再生されるから。

だから常に何か、意識を向けておく対象を持っておきたくて。

ワーカホリックの罠に、自らハマっていった。

でもそのうち、仕事の合間にできるわずかな時間さえ、うとましくなっていって。

脅迫的に、すき間を埋める何かを求めるようになった。

そんな

もっとみる

強迫観念か、心の豊かさか…

根源美容家、竹中三千代です。
今回のテーマは「強迫観念と心の豊かさ」

私、ずーっと前に茶道をひとかじりして即やめた経験がありまして…

なぜかと言うと当時の私は心が「恐怖」ベースだったため、茶道とは強迫観念だ!と感じて恐ろしくなってしまったのです。

お点前は完璧を目指さねば、間違えてはならない、角は直角に曲がらねばならない…いや、そこまでではありませんが、とにかく恐怖ベースで体験したため、何一

もっとみる
うれしいです。ありがとうございます!