自分のことが好きになることに罪悪感があったけどもうやめようと思う。

最近また心身の調子が悪い。

眠れない日が続き新しく始めた仕事でも小さなミスが増えてそれに落ち込み負の連鎖。

加えて体が辛くて辛い辛いと思ってたけど。

今日ふと思った。
そういえば、随分前にあった友人にあなたは自分のことをもっと好きになった方がいいと言われたなと。

昭和生まれの私。そういえばあまり褒められたこともなく育った私。
自分のことをよく思うのは悪とさえ思ってた。

けど自分を褒めたり

もっとみる
読んでくれてありがとうございます!
13

家族による #ゴミ屋敷 #多頭飼育崩壊 に苦しんでいませんか? 「ためこみ症者家族の会(HRAJ)」はじめます

私はゴミ屋敷で育ちました。

実家をゴミ屋敷にしたのは私の母です。母は極端な心配性でこだわりが強く、かつ、定期的な掃除や片づけ・整理整頓をする習慣がありませんでした。漫然とモノをためこみ、ためこんだモノが床にあふれてくると棚を買う。そのうち家の中は「棚地獄」となり、その棚からもモノがあふれ、床にはホコリやゴミがたまり……

幼い私にはいったい何が起きているのかわかりませんでした。戸惑っているうちに

もっとみる
ついでにシェアいただけたら泣いて喜びます!
15

「ためこみ」「ゴミ屋敷」も強迫症? 私の母の強迫症について #強迫症啓発週間

10月11~17日が強迫症啓発週間。私は長年、母の特異な言動に悩まされてきて、今もトラウマ治療中なのだが、最近になって母が重度の強迫症だったらしいことがわかった。私の母のケースについて少しまとめておきたい。

母の強迫症が判明するまで

私の母には長年おかしいところがあった。彼女の特異な言動にはだんだん誰も手がつけられなくなり、父と兄は家を逃げ出してしまう。逃げそこねた私はその後一人で彼女の世話を

もっとみる
ついでにシェアいただけたら泣いて喜びます!
29

心配性だとか強迫症だとか、

私は多分心配性だ
そして、一時期軽度の強迫症だったと思う
医者にかかった訳ではないので、確信はないけど

今でもストレスを感じている時は
露骨に強迫観念に駆られるのがわかる

病気っぽい症状に名前がつくと安心する
だから、精神的な病にも名前をつけて貰えば、
と言われるし自分でも思うけど
もし、万が一、何でもなく、
ただの思い過ごしだった場合、
私の気持ちはどうなってしまうのだろう
余計不安にならな

もっとみる
スキありがとうございます!
2

[原稿200]11 書きたいことがない

不安に苛まれて悩んでばかりいるので、毎日家に引きこもっている。夕方近くまでうだうだとして、ご飯をつくらねばとやっと立ち上がる。冷蔵庫には何もないので、近所のスーパーには出かける。それもほんの20分ほどの外出でしかないが、中には1回も外に出ずに終わってしまう1日もある。

ほとんど誰とも関わらず、家の中にずっといるのでネタになるようなことも起きない。外に出れば、誰かと話したりせずとも、自然の移り変わ

もっとみる
ありがとうございます、ジーザス

[原稿200]10 やめられない、とまらない

自分でもおかしいとわかっている。なのに、やめられないということが、誰しも1つや2つはあるかもしれない。私にもある。それは過去のことをほじくり返しては、逐一、ひとつひとつ不安になるということだ。病気である。

もともと心配性の気質ではあった。小さい頃から、不安を感じやすくて、いろんなことが心配で、内に内にと閉じこもっていた気がする。その気質のせい、なのかはわからないのだけれど、ここ最近、とくにひどい

もっとみる
ありがとうございます、そなたに幸あれ

[原稿200]9 かわいいものがすきな空き巣

まさか自分が人生で体験することになるとは…。2年前のゴールデンウィークに「空き巣」に入られたことがある。なかなかショッキングだったが、同じまちに姉が住んでいたので丁重にケアしてもらえて助かった。不幸中の幸いだったなと思う。

しばらくはそのまま、補助鍵などを併用しながら空き巣に入られた家に住んでいたのだが、やっぱり不安な気持ちがあるのか眠れない日々が続いた。

ふっと眠れても、起きたときの悪夢率の

もっとみる
ありがとうございます、そなたに幸あれ

学習理論備忘録(9) 弦も欲も張りすぎず

今回は臨床の話、行動療法の話にまでちょと踏み込む。(今回は「期待」という言葉を使っていいことにする)

仏教の言葉というのは、理解されづらい上に、誤解される。とくに「一切皆苦」と「中道」がそうだ。

前者は「この世は苦しみだらけだ」と理解されやすい。「苦」を表す"dukkha"という言葉が、日本語ではうまく訳せないのだろう。「期待から外れる」というような意味に訳すとよいのかと思っている。

苦には

もっとみる
証明終わり
3

認知行動療法おもしろいって話

放送大学の番組で『認知行動療法』を偶然みた。強迫症の治療が話題で、紹介されていたのはエクスポージャー(曝露療法)という方法だった。

そのなかで面白い実験をしていた。

以下はその内容と、一視聴者に過ぎない私が専門知識もなく気ままに思ったことである。

強迫症者の心理を体験することを目的にされた実験で、手や顔など肌の水分をふきとるときペーパータオルだけを使用する、という習慣を1ヶ月つづけてみると、

もっとみる
山本タカトの絵に魅了されてください
2

強迫症だった

私は強迫症だった。

気づいたのは7月半ばだった。自分が「完璧主義」だと思っていたものが、少しマイナーなタイプではあるが立派な強迫症状だと、ひょんなことから知った。

最初のきっかけは、カウンセラーに母のホーディング(ためこみ)や心気妄想のことを話したら、「それは実質的に強迫症そのものだと思う」と言われたことだった。このカウンセラーにかかるようになったのは、彼がEMDRなどのトラウマ治療ができるか

もっとみる
あなたを超ド級のハッピーが襲いますように!
34