今年は異常気象。今年も異常気象。

今年何回目だか…。水没。。

あまり #アスパラ に良くないんだよね〜〜。。
それで #病害虫 が増えんならいいが。。 #農家 はこの、 #自然災害 と毎年毎日戦わないかんのがツライっすね〜〜。。。 #新規就農者 は、よく考えて #就農 する事を推奨する。

もっとみる

いちじく苗木 避難

昨晩は予報通りの暴風雨となり、うちの外に置いているイチジクの苗木を屋根下に避難させた。

計11鉢を雨風の当たらない場所へ。その他レモンやライム、ベルガモット、みかんの柑橘は申し訳ないがそのまま耐え忍んでもらった。

暴風雨の中、外をうろちょろしているオヤジを不思議そうに見ている兄弟。

7月1日。雨 26℃ 少し肌寒い。今日は半夏生(夏至から十一日目。太陽暦では七月二日ごろ)。朝一に雨が止んでい

もっとみる

ハウス視察 〜イチジク〜

今日は梅雨の晴れ間で良い天気でした。そんな中、午前中は最高の圃場を探すべく「使ってねんじゃね??」的なハウスの視察に行ってきました。忙しく動いていたおばさまが親切に中を案内してくれたが、外から見ると(勝手ながら)放棄ハウスに見えたんだが、バリバリ現役で使用中でした。胡蝶蘭やトマト、青野菜が作られていた。

淡い期待も秒殺で消えてしまいました。まぁそんな簡単に進まないのは解っています。しかし胡蝶蘭立

もっとみる

今年のミッション

現在のところ、当方ではおそらく25〜30種ほどのイチジクの苗木が揃ってきた。今年は何しろ来夏に備え、挿し木によってこの苗木の数をいかに増やすかがミッションとなる。もちろん1年生、2年生の苗木が殆どなので実成りは殆ど期待していない。何しろ枝をがんがん伸ばしていけたらと思う。
さてさて、どうしたらいいんだろう? 勉強しなくては。

上の写真が昨日植え替えた苗。ようこそ。

そんで今日はこれが届く。

もっとみる

noteを始めたきっかけ。

【近況報告】
6月に入りました。
園地の作業はりんごの「摘果(てきか)」作業におわれています。
不要な実を落とすのが「摘果」作業。
春から夏にかけて、一番大変な作業です。

たくさんの情報発信ツールがあるけども。
twitterにinstagram、facebookにyoutubeに、ブログに。
情報発信のプラットフォームはあまた。
自分も仕事でつかっています。

これらは主に、お客様とのやりとり

もっとみる
いやー!ありがたや!
4

検索上位の情報に左右されない。

5月下旬になり、気持ちの良い気温の中、園地作業をしています。
暑くなりすぎる前のこの時期が、一番気持ちいいですね。

インターネットや書籍で農家、農業について調べると、
いろいろな情報が出てきます。
「稼ぐ農業」「儲かる農業」「6次産業化」、
最近は「IT農業」などの情報が出てきますね。

こういった情報は派手だし、魅力的に見えるし、
「最先端農業」を感じさせます。

自分もイチ生産者として、こう

もっとみる
日々の仕事の活力になります!
3

ミニトマト農家園芸家3

最近寝落ちが当たり前なくらいおつかれ気味です!

洗濯や掃除なんか…

子供寝かせてからやろうと思ってると…気づけば2時とか。

まだ小さい子供たち… お父さんはやりたいことあるんだぜ〜

自分は今から7年前に今の嫁さんと結構。
同じ職場恋愛でした。趣味好きなものが似ていて楽しかった😊今もそうですけどね💕 結婚してすぐ長男を授かり楽しみが増えるだろうと思っていたさなかに父が急死…孫の顔を見

もっとみる
ポチッと押して頂いてありがとうございます!
1

自己紹介(まずは前提条件を)

1979年青森県生まれ。
家族経営の農家の長男に生まれる。
国立大学を卒業し、関東でシステムエンジニアとして就職。
その後、宮城県の会社へ転職し、結婚。

2011年の東日本大震災を仙台で直撃。
その直後、長男が生まれる。

大震災、長男出産を経て、自分の価値観が変わった。
「サラリーマンとして会社勤めで今後大丈夫か?」
と、自問自答した結果、自分で仕事をする=自営→農業と、
家業の農業をすること

もっとみる
農業に興味をもっていただけたら幸いです!
22

就農する前に考えること。

今日の園地作業は、小雨も降り、少し肌寒い日でした。

これから農業をやりたい!という人は、
多分、なにかしらこだわりをもってやりたいという人が多いと思います。

・有機野菜をつくりたい
・無農薬で安心安全な食べ物をつくりたい
・地域を活性化したい
・農作業が好き
・自然の中で仕事がしたい
・自分でつくった作物を直接消費者に届けたい
・他にはない、美味しいものをつくりたい
など、ひとそれぞれに、なに

もっとみる
いやー!ありがたや!
7

病院8割で経営悪化 コロナで受診減響く(2020年5月19日日経朝刊より)

コロナ禍で薬局・病院は儲かっているであろうという浅はかなイメージをしっかり覆してくれるこちらの記事。

当たり前ながら不要不急の受診は控えられるし、病院側も極力入院患者を減らす体制になっている。

荒療治ではありますが、今までのムダな医療がなくなったという意味ではよいことです。

医療費の増加だけでなく、薬漬け医療は健康寿命を短くします。これが通院/入院のニューノーマルになればいいと思います。

もっとみる
ありがとうございます!記事の質をドンドンあげていきます!
6