天気の子感想

絶賛!新海誠『天気の子』を徹底レビューしたらこうなった!

絶賛!新海誠『天気の子』を徹底レビューしたらこうなった!

 相当今更ですが、新海誠監督の『天気の子』を初鑑賞しました。  新海監督は『雲の向こう』の頃から追いかけ始め、『秒速5センチメートル』の頃は相当入れ込んで、『星を追う子ども』の時は監督の講演会を企画・開催させて頂いたこともあるくらい、大好きな作家さんです。  その新海監督の最新作『天気の子』ですが、周りが落ち着いたら見ようと思ってそのまま一年が経ち、さすがに見なきゃアカンでしょうということで恐る恐る見てみたら…信じられないほどの良作だったんですね。  個人的な個別の作品

スキ
6
人はなぜ『天気の子』のストーリーについて細部を気にせず楽しめているのか。巧みなリアリティ調整のわざをみる

人はなぜ『天気の子』のストーリーについて細部を気にせず楽しめているのか。巧みなリアリティ調整のわざをみる

 こんにちは、こんばんは、おはようございます!  インターネット女子小学生の錐洲美雨奈です😆  今日もまたあたしの好きな作品である天気の子についてお話しようと思いますので、ぜひ皆さんお楽しみくださいませ!  改めて天気の子のストーリーについて冷静に考えてみると、帆高が警察署から逃げ出し線路を走っていたパートや、そして帆高が迎えに行ったことで何故陽菜さんが下の世界に帰れたのか?などと細かく考えると気になるような箇所がいくつもあったはずです。   しかしながら同時に、それでいて

スキ
6
『天気の子』とセカイ系、そしてその先へ

『天気の子』とセカイ系、そしてその先へ

 こんにちは、こんばんは、はじめまして!  あたしは錐洲美雨奈といいます!保田塾という同人サークルで文章を書いているインターネット女子小学生です。  この度はツイッターでさわりを貼ったツイートが好評だったので、ちょっと調子に乗ってnoteにしてみちゃいました!  読者の皆さんにおきましては「なんで女子小学生なのにゼロ年代やセカイ系に詳しいんだ?」と思われるかもしれないですが、それはインターネット女子小学生だからです!!(強引)  では、みなさまインターネット女子小学生の美雨

スキ
14
お久しぶりね、死にたがり

お久しぶりね、死にたがり

最近、そして特に今日! 死にたいが希死念慮と化す程 「死にたい、酒とODしたい、腕切りたい、赤い血を垂れ流したい」 という感情に包まれている。 『死んじゃダメだ』 『そんなことしちゃいけないよ』 分かってるんだよ。 頭では分かってるから、薬を多量摂取して過ごしている。 この希死念ちゃん、昨日辺りから再びやって来た、気がする。 抗うつ薬のレメロン?を、 【勝手に減らして飲んでどうなるのか】 という自己実験のせいか? どうすればいい? ねえ、どうすればいい? とり

スキ
15
未来へ生きていく。天気の子

未来へ生きていく。天気の子

今まで生活してきた日常がコロナでどんどん変わってしまい、ニュースでは「毎日感染者が○○人です」、「感染予防を!」「密を避けて行動して」とたくさんの情報が、毎日目にする日はないくらいありますよね。 1月3日に『天気の子』が地上波で初めて放送されました。その映画のメッセージで、毎日辛いな、苦しいなと思う人に届いて、ちょっと気持ちが軽くなればと思います。 『天気の子』の副題 「天気の子」の副題は知っていますか?この映画の副題は「Weathering With You」です。こ

スキ
6
天気が僕らに与える影響

天気が僕らに与える影響

あけましておめでとうございます! 本日は、1月3日に地上波初放送された「天気の子」を観て思ったことを書いていこうと思います! 「天気の子」と「僕」 僕にとって「天気の子」は、上京前の自分を思い出すことの出来るものです。     この映画を視聴すると、高校3年生の上京前の自分を思い出すことが出来ます。 「東京ってこんなに建物高いんか!」  「あそこで来年生活するのか。。。」 なんて感じで、ワクワクしていたのを覚えています。今回テレビで視聴した際にも、このような感じで高校3

スキ
8
「天気の子」と社会が守るべき子供たちについて

「天気の子」と社会が守るべき子供たちについて

「天気の子」、地上波で放映されましたね。多くの人が初めて触れたこと、コロナウイルスという猛威が現実で巻き起こっていること、いろんなことがきっかけになって沢山の人が話題にせずにはいられないという様子でした。 その中で改めて認識したのが、天気の子が問いかけているのは「社会(≒大人)と子供の関係」だということ。そしてそこの感覚が作り手の価値観と異なっている人は受け入れられないのではないかと思った次第です。 受け入れられないことが悪とか変とかそういう話ではないのは明記しときます。

スキ
3
天気の子 感想

天気の子 感想

 昨日、テレビで天気の子を見たので感想を書いていこうと思います。  ネタバレ全開です。気をつけてください。  物語が始まると、村上春樹ファンの私には主人公が「海辺のカフカ」の主人公に重なる。  そして主人公はキャッチャー・イン・ザ・ライの単行本を持っている。あの装丁は村上春樹翻訳のものだろう。  さらに主人公はピストルを手にする。「物語の中で道具として登場するピストルは発砲されなければいけない」的な事を村上春樹は書いていたような事を思い出す。なので主人公が銃を構えた時「まぁ

スキ
1
天気の子の感想

天気の子の感想

2019/8/13のふせったー 天気の子を観た。数多のネタバレを回避してようやく、コミケ参加後に観た。 個人的に、コミケのようなオタクの祭典に身を浸した後は(準備期間=原稿期間が今回長かった…)、社会性を摂取しなくては盆明けの日常に帰れる気がしない。傍から見てあからさまにオタクであろうと、多少のバランスはとりたいと思っているので…そういう大人になってしまっているので。 というわけで、全然オタクじゃない知人と観たわけ。 終わって第一声はこれ。 オタク「劇場で観た方が絶対い

スキ
3
天気の子考察。なんで神様はあんなに無慈悲なのか(ネタバレ有)

天気の子考察。なんで神様はあんなに無慈悲なのか(ネタバレ有)

天気の子地上波初放送を記念して、公開当時からずっと思っている考察を書き留めておこうかなと筆を取りました。 先に申し上げますと、私自身は他の方の考察を読んだりしておらず、公式インタビューとかもあまり漁っていないので、既出情報もあるかもしれません。予めご了承ください。     ***     天気の子を鑑賞後、初見だとどうしても心のどこか後味の悪さが残ってしまうと思います。ゆっくり考えて、意味を見出して今ではきちんと納得できるのですが。 どうしてきれいなハッピーエ