【国内ドラマ】ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん(2017)

仕事一筋だった父親が突然退職。
幼いころは一緒に遊んでいたが、父と遊ぶ機会も減り、父が何を考えているのかわからなくなってしまった主人公は、
退職した理由と父の考えを知るため、昔一緒に遊んだファイナルファンタジーをプレイすることを思いつく。

ファイナルファンタジーをゲーム機ですることを父親に進め、主人公は自室で密かにPCでプレイします。
主人公は、自分が息子だと明かさずに、父親のキャラクターを仲間

もっとみる

映画をたくさん観たおじさんの話

普段映画をあまり観るほうじゃない。(観ろよ)
だいたい途中で眠くなってしまう。
生身の人間が演じる演劇の方が見慣れているせいなのだろうか。

一日中雨が降っていた。

だからというわけじゃないが、娘が登校した後で、朝からAmazonプライムをなんとなく眺め出したのをきっかけに、一日で映画4本とテレビドラマ2本観て過ごしたので、簡単にまとめてみます。

『モダン・タイムス』

言わずと知れたチャップ

もっとみる
( ˙灬˙ ) アリガトウゴゼーヤス
5

interview 映画『おかあさんの被爆ピアノ』の調律師・矢川光則さんと五藤利弘監督

広島には「被爆〇〇」がたくさん残っている。
しかも、それが「現役」として街に存在する。

被爆電車も走っているし、福屋というデパートは被爆建物を店舗として使っている。被爆樹木も青々と葉を茂らせ、風にそよいでいる。

被爆ピアノも、広島の大切な宝物。
あの日の熱線を受けているにもかかわらず、力強い旋律を奏でる。
7月から公開される映画「おかあさんの被爆ピアノ」では、その音色が主人公ともいえる。

もっとみる
ありがとうございます!
9

■「人生に遠回りなんてない。一生下積みでもいい」  大杉漣さんに学んだ激動コロナ禍を生きる知恵

僕たちは、人生で経験したことのない
戦禍、大恐慌に通じるコロナ禍時代を
どう生き働けばよいのだろうか。

もはや、自分の人生経験で得た知恵だけでは
太刀打ちできない。

歴史に学び、賢人の人生に学ぶべし。
雑誌編集長時代にインタビューし、感銘を受けた
賢人のメッセージシリーズ。

お二人目でご紹介するのは、
ご存じ、故・大杉漣さん。

**************************

・僕は

もっとみる
スキ有難うございます!
1

私が出町座に行った日 Tadashi Kaneyama @grasspanda さん

出町座に初めて行ったのは、2018年の12月4日。京都に引っ越して1ヶ月ほどたった頃でした。大杉連さんの遺作となってしまった『教誨師』を観ました。大杉さんの人柄そのままのような役でもっと演技観たかったなと思ったことを思い出しました。 #はじめての出町座

もっとみる

キネ坊主の映画人生を紐解く24

関西の映画シーンを伝えるサイト「キネ坊主」を運営しているぐっちょんです。

本日、Save our local cinemasのTシャツが届きました。予想外の規模になりましたが、無事に届いて良かったです。さぁ、関西の映画館が再開したら、これ着て取材に行くぜ!

さて、今回は、2002年末に梅田ガーデンシネマで観た『刑務所の中』について書きますね。

[知られざる刑務所の中の、意外に快適な暮らしの様

もっとみる
スキありがとうございます!どんな映画がスキですか?
1

【こんな時こそ!映画を見よう!シネマズライフ】『シン・ゴジラ』

『シン・ゴジラ』 2016年 日 本
BS[WOWOW] 
5月2日(金)13:45 10日(日)16:40 他
https://www.wowow.co.jp/detail/110670?m=01
出演 庵野秀明 長谷川博己 石原さとみ高橋一生竹野内豊。次々と変化を遂げる《ゴジラ》が妙に魅力的!

ある日東京湾アクアラインでトンネル崩落事故が発生する。内閣官房副長官・矢口は破壊の様子から、巨大生

もっとみる
きっと、いい事ありますように ❤!
2

『冬に映画を見ていると魚になったような気分になる』

今日、スーパーに出かけただけで汗ばみました。近くの桜の木が緑になっていました。
 もう春なんですね。
 今回は冬に見た映画を簡単に羅列させていただければと思います。

「夜空はいつでも最高密度の青色だ」

 池松壮亮が非モテの屈折した劣等感を抱えた青年を演じていて、最高でした。
「まだ愛している」と言われる女性と、「愛していた」と言われた男性の話でもあります。
 この辺の対比もよくて、全編通して現

もっとみる
本当に? ありがとう!
8

知らない者を教えさとす教誨師

『教誨師』とは…
 
受刑者の道徳心の育成や
心の救済につとめ、
 
彼らが会心できるよう
導く人のことをいいます。
 
大杉漣さんの最後の主演映画と
なった「教誨師」では、
 
主人公の教誨師が
6人の孤独な死刑囚たちと対話して、
 
苦悩し葛藤する姿を描いています。
 
狭い部屋の中でくり広げられる
6人の死刑囚を通して、
 
人間が持っている
 
*承認欲求
 
*責任転嫁
 
*アダルトチ

もっとみる
スキありがとうございます!
2
ありがとうございます!映画マガジンのご購入をよろしくお願い致します!