ドント・ウォーリー。

富山県出身、大学時に上京、東京で社会人5年目。好きな映画も自由に語りたい。毎日一記事を目標としています。声に出して読みたい台詞がある映画が、好きです。

夢の国を食わず嫌いするひと、まるで俺たちを見ているよう。「ウォルト・ディズニーの…

「プロフェッショナル “夢の国”スペシャル 知られざる、魔法の秘密」を見た。 意見は色々…

テラさんの声にならないつぶやき。それが「トキワ荘の青春」

皆様は、先週放送された「プロフェショナル 仕事の流儀」本木雅弘の回を ご覧になっただろう…

不幸の撲滅に命を賭ける医師の一分。黒澤明の「酔いどれ天使」「静かなる決闘」「赤ひ…

黒澤明は、不思議なことに? 医者を主人公にした映画を三本撮っている。 「酔いどれ天使」「…

自分を守るということは。「流れる星は生きている」(藤原てい・著)

自分の命は、自分で守る。 書くのは簡単だが、しかしそのやり方は、だれもおしえてくれないの…

不倖せの予感に身震いできた。演出家・久世光彦が語る戦前、「モロッコ」の時代。(「…

世の中が落ち窪んでいく この世の終わりが近づいている という予感。 1931年2月25日、マレ…

なんでこんないいやつが、死ななきゃいけなかったんだ。「ビリー・ザ・キッド 21歳の…

無念、という言葉が、この世には存在する。 なぜ、命を奪われた。 なぜ、命を奪った。 とい…