5年後活躍できるビジネスパーソンとは?

column vol.299

AMPの【5年後の雇用予測、世界経済フォーラム「The Future of Jobs」レポートから読み取る。生き残るビジネスパーソンの鍵はスキルの再構築】という記事が面白かったので共有させていただきます。

〈AMP / 2021年5月5日〉

「スキルの再構築」については、自社だけでしか通用しないスキルを汎用性の聞く「ポータブルスキル」に変えていくという話は、何度

もっとみる
スキありがとうございます。今後もぜひご覧いただけると嬉しいです!
95

「オチをつける」の落とし穴

column vol.298

「会話にオチをつける」のは、もはや日本の常識になっていますが、どうやらオチ偏重型になり過ぎることによる落とし穴もあるそうです。

〈新R25 / 2021年5月8日〉

そう説くのは、『嵐にしやがれ』『しゃべくり007』など人気番組のディレクターとして活躍してきた本橋亜土さん。『ありふれた言葉が武器になる 伝え方の法則』の著者としても有名な方です。

その意味とは一

もっとみる
スキありがとうございます。今後もぜひご覧いただけると嬉しいです!
83

大型商業施設が堺に!

こんにちは。

大山です。

ららぽーとが堺にできるというニュースをみて、これからは梅田、なんば、堺なんて言われる日も出てくるのかと楽しみです。

もっとみる

見習いたい「タモリ学」

column vol.297

タモリという男は不思議だ。日本全国のほとんどが彼の存在を知っている。しかし「タモリがどんな人か」をつかめている人は少ないだろう。

東洋経済オンラインのこの言葉に一気に興味が惹かれます。

〈東洋経済オンライン / 2021年5月9日〉

例えば、彼は小学3年生のころに、けがをして右目を失明している。この重大な事実はあまり知られていない。

…実は私も知りませんでし

もっとみる
スキありがとうございます。今後もぜひご覧いただけると嬉しいです!
98

マチだって時にはスッピンでいたい

  〇〇さんって、真面目だよな。〇〇さんってよく笑う人だよね。そんな風に決めつけられたら、みなさんはどう思うだろうか。嬉しい時もあれば、わかってないな、そう思うこともあるだろう。きっとマチだって一緒だ。

 自由が丘は、スイーツの街。おしゃれな街。みんなが抱いているイメージ。モンブランにダロワイヨ、モンサンクレール。確かにスイーツの宝庫である。しかし、実は映画の街だった頃もあるみたいだし、昔ながら

もっとみる
スキありがとうございます!
2
00:00 | 00:30

第18回「自由が丘デパート&自由が丘ひかり街」#018

後半戦の今回は、自由が丘で生き続ける「ガラパゴスな空気」をお届けしていきます。ガラパゴスとは、製品やサービスが独自の方向で進化し、その結果国際標準からかけ離れたものとなっている状態のこと。でもかけ離れていてもそれを求める人がいる限り活躍してくれます。古いだけじゃない貴重な空間の楽しみ方を提案します。

「ハコ語り、マチ語り。」は現役百貨店マ

もっとみる
スキありがとうございます!

「遊び心」の市場化戦略

column vol.296

タミヤの「ワイルドワン」が大人が実際乗れる車として来年復活するそうです…(驚)!

〈Forbes JAPAN / 2021年5月9日〉

我々40代世代には思入れのあるラジコンが、ほとんどフルサイズの8/10に。「ワイルドワン・マックス」という名前で発売されます。

1985年発売の人気ラジコンがリアルな車に!手がけるのは英国のリトル・カー・カンパニー。

同車は

もっとみる
スキありがとうございます。今後もぜひご覧いただけると嬉しいです!
79

「聞く」より大事な雑談力

column vol.295

『超一流の雑談力』の著者で有名な安田正さんの記事を読んでいたら、ドキッとさせられた一言に出会いました。

自分を気に入ってくれるのは会社ではなく“人”だ

〈PRESIDENT Online / 2021年5月5日〉

確かにおっしゃる通りです。コロナとの戦いで新規開拓が求められている方も多いとは思いますので、安田さんの知恵に私なりの経験談を絡めながら、「雑談力」に

もっとみる
スキありがとうございます。今後もぜひご覧いただけると嬉しいです!
106

note仲間がとてもありがたい件

column vol.294

今日、奇跡のような一日が起きました。

なんと、今日一日だけで、3名のnoterさんに私の記事をご紹介していただけたのです!!

あまりに嬉しかったので、コラム記事にしてしまいました(個人的な投稿すぎてすみません…汗)

ご紹介いただいたnoterさんのことも含めてお話しさせていただきます。

まず、溝口翔太さんです。

溝口さんには【ワーケーション関連の記事157

もっとみる
スキありがとうございます。今後もぜひご覧いただけると嬉しいです!
99

「家族」から考えるSDGs

column vol.293

江戸時代から明治にかけて、78回も結婚した女性がいたそうです…(驚)!?

〈PRESIDENT Online / 2021年5月6日〉

一年に一度結婚しても78年かかります…。一体全体どういうことなのでしょうか…?

江戸時代は夫婦別姓が当たり前だったプレジデントオンラインの記事を読んで驚いたのですが、江戸時代まで夫婦別姓は当たり前だったようです。

そもそも江

もっとみる
スキありがとうございます。今後もぜひご覧いただけると嬉しいです!
123