家訓ワークショップ 原体験

家訓ワークショップを深めるきっかけとなった原体験がある。

8年前、妻が長女を出産する時、血圧が190を超え、血小板が急激に減少する病気になり、母子ともに危険な状態となった。

仕事や友人中心の生活であった自分にとって、家族は代わりの効かないかけがえのない大切な存在であることを目の当たりにした。

心の余裕もなく、何をよりどころにするか不安な中、当時6歳だった長男がよく協力してくれて、本当に助けら

もっとみる
スキありがとうございます!うれしいです。
3

私の原点はここにあった。原体験ジャーニーと通して見つけた大切なこと

原体験の中にこそ私たちを
突き動かす何かが眠っていて
私たちの心に情熱を注ぎ続け
壁さえも突き抜ける原動力の源が存在している。

でも、普段の生活の中で原体験を
思い出すこともないし、
思い出す必要すらないから、
多くの人は、原体験を振り返る機会もないかもしれない。

だけど、自分の原体験を見直すことで、
きっと自分の使命だったり、
達成したいこと、
叶えたいこと、
そんなことが見えてくる。

もっとみる

年を経るにつれ、原体験に戻っていく

あなたの原体験はなんですか?

原体験とは「その人の思想が固まる前の経験で、以後の思想形成に大きな影響を与えたもの」。検索するとそのように出てきます。

子供の頃にあった強烈な体験や出来事、ずっと記憶にとどまり、その後の人生に影響を与えている何か、と言えます。

私の原体験は、子供の頃の母の実家のあるところの自然。
山の麓の昔ながらの農家で、池や井戸、ぼっとんトイレ、竹やぶ、土間、茅葺き屋根、蔵が

もっとみる
スキありがとうございます!
6

人生青コーナーでいいじゃないか!?常にチャレンジャーでいることが大切な3つの理由

強制的に環境を変えるために場所を変える

人生100年時代に入ってからというもののキャリアについて真剣に考える人が増えています。

キャリアといっても幅が広く、いろいろな人がいろいろな持論をいっているため、非常にわかりにくくなっています。

経営者の皆さんとお話をさせて頂くと毎回気づくことがあります。

いろいろなことに対してアンテナを張り巡らせていること。

アンテナがある人は自分たちでいろいろ

もっとみる
スキ!m(_ _)m
3

早期教育はかわいそう!

「早期教育」はかわいそうだ!
・赤ちゃんから教育だなんて!
・赤ちゃんは自由にさせよう!
・赤ちゃんから詰め込んで何がいいの?
・それって親の押し付けでしょ?

そう思っている方、
早期教育ってどんなことをすると思います?

============================
▶︎日本語と英語で話しかける
 (バイリンガル教育)
▶︎体操教室に通わせる
 (体のバランス強化)
▶︎音楽教室に

もっとみる
おっ!いいことがありそう♡
1

【三つの宝】KY・トンチンカン・マヌケ【前編】

あくまでポジティブな記事ですので予めご了承ください。

 まあタイトル通りです。KYでトンチンカンでマヌケな遊時の自分語りです。

 タイトルに関しては自虐じゃないです、客観的事実です。生きづらいったらありゃしない。

 でも創作をするきっかけになったのも、この三つの宝からくる生きづらさによるところが大きいかな、と。

 

 小学5年生で初めて小説らしきものを書き、中学時代に同人活動の一端に触れ

もっとみる
ありがとうございます! フォローもどうぞお気軽に!
3

原体験、持ってますか?なんか原体験談集めたいなっていう話

今の自分の価値観に大きく影響した原体験(出来事・記憶)ってありますか?

「これがあったから今の自分がいる」と言える、原体験持ってますか?

どれくらいの人がはっきりとした原体験を持ってるんだろうか

今の時代、強烈な原体験が不足してるんじゃないだろうか

冒頭から原体験って書きすぎなんじゃないだろうか。。。

要するに強烈な原体験って長期的に人生を豊かにするんじゃないかなと思っていて、どんな形で

もっとみる
ありがとうございます!嬉しいです!
1

CDを買って音楽を聴く原体験は、SMAPだった

君は今すぐ 飛び立てるのさ
傷んだ愛を 迎えに来たんだ

今を今すぐ 見つめて欲しい
その瞬間を 待っているのさ

そう歌った後に、スーツに身を包んだ5人が順番にビルの屋上から、両手を広げてまさに「飛び立つ」。
中学生の時にみたミュージックビデオは、そのカッコよさに一気に引き込まれた。今も最後の部分を、鮮明に覚えている。

自分が初めて買ったCDは、『BIRDMAN ~SMAP013』だ。

『B

もっとみる

覆いをとった”ほんとの気持ち”〈言葉の企画2020 第三回 前編〉

「ほんとに ”しっと、したい。” のかな?」

誰かの一言に、こんなにドキッとしたのは久しぶりだ。全身の汗腺が一気にひらき、冷や汗を放出する。

図星、だった。

まるで、嘘がバレた子どものようにバツが悪い。
表面的に、好きな表現にしただけだということを見抜かれていた。

「表現」の前に「本質」。
わたしは、向き合いきっていなかった。

「言葉の企画」に参画した理由にタイトルをつける、という今回の

もっとみる
う、うれしい…!あなたのnoteも読みます!
28