北海道のここがえーぞ

四季が明瞭な北海道の冬ならでは。夕張郡栗山町、創業明治11年「小林酒造」の中庭。甘酒を飲みながら過ごす心温まるひととき🍶🍁❄️

四季が明瞭な北海道、ここにしかない冬のワイナリーもまた格別なロケーション❄️

北海道のソウルフード「やきそば弁当」

過去に九州のソウルフード「ミルクック」と「ブラックモンブラン」についての記事を書きました。

しかし、そもそも札幌出身の私が、肝心の北海道のソウルフードを紹介していない!ということに気付きました(^_^;

そこで今回は北海道のソウルフードをご紹介したいと思います。

それがこれ!

そう!マルちゃんでお馴染み東洋水産のやきそば弁当です!

私は子供の頃からやきそば弁当のことを「東洋水産が生み出し

もっとみる
またお読み頂けたら幸いです。
26

続・北海道のおもしろかった場所 〜彼らは誰か、どこからきたのか、どこへ行ったのか〜

突然ですが、あなたは学校で歴史を勉強した時、縄文文化の次は何だって習いました?

「弥生文化」
このあたりから稲作が入ってきたと。たぶんテストならそれが正解でしょう。

でも北海道では違うんです。

北海道に弥生文化はありません。弥生式土器も出ません。古墳もほとんど無い(あることはあるけどね)。言ってしまえば飛鳥も奈良も平安も無い。

そんなこと、北海道の歴史年表を見るまで全然知らなかったよ!

もっとみる
ありがとう \(^o^)/
7
ありがとうございます!
38
ありがとうございます!
39
ありがとうございます!
36

北海道のために何ができる?

北海道の魅力を伝える「北海道再開拓プロジェクト」を始動します。

北海道を俯瞰する

一体北海道のために何ができるのか? 北海道を3年半前に離れ東京で暮らしている自分が何をできるのか?

編集者であり、PRパーソンである自分ができることは、メディアコンテンツを通して北海道の魅力を伝えることではないかと考えました。

北海道の魅力から、基幹産業である農林水産業、観光業をサポートできるようなコンテン

もっとみる

【北海道の写真】祝津パノラマ展望台

僕が大好きな北海道の場所の1つ、祝津パノラマ展望台。

小樽の祝津は大抵の人にとって「おたる水族館」を見る場所。
水族館だけパッと見て帰ってしまう人がいますが、それはちょっともったいないと僕は思います。
水族館を出て坂を登っていった先に、この展望台があります。
晴れた日には石狩・留萌へ続いていく海岸線が見えてとてもきれいです。
僕は、水族館には寄らないけどこの展望台に行く、という時もありました。

もっとみる
他のノートもぜひ読んでみてください♪
30

空は 高ければいい
海は 青ければいい
雲と雪は 白ければいい
風は 透明ならばいい
そこに生きるわたしは
わたしであればいいし
あなたも あなたであればいい

いやぁ、しあわせだなぁ……💕
1